おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

徘徊のきざし

今日は、爺ちゃんの定期健診で
ちょうど休みの旦那と私がついていき、婆ちゃんの介護認定の第一歩である、医師の診察をしてもらった。

もうすでに定期的にはかかっていない義母が、診察に抵抗するかと心配したけど、そこは看護士さんのプロの技でした。

身体的な診察の後、爺ちゃんも自分の診察に行ってる間に
婆ちゃんは、認知症の問診をしたと思われる。
その後、待合室で「私のことは、なんていいよった?」としきりに爺ちゃんに、聞いてくる。
実際、誰も何も聞いていないのだけど、きっと自分の状態(回答)に自分で不安に思ってるんだろう。

トイレから戻ってきた私の顔を、他人行儀にじっとみて
「元気にしちょったですか?」と頭を下げた。


帰りの車のなかでは口をへの字に結んで( ̄へ ̄*) 口をきかない。


夕方、久しぶりに娘が夕食に来た。(18時半)
玄関先に婆ちゃんが椅子に座っていたが、誰かわかってないようだったという。

和室で娘、長男、次男でワイワイ語っていると、突然、「外で物音がする」と娘が言うので
確認してみようとサッシを開けるとと、婆ちゃんが四つん這いでかがんでベランダにいる。(21時45分)

「お母さん。なんか探してると?」とっさにそんな変な質問。

「いいと!!なんでんいいと!!!いいちゃが!!」と返事。

主人に話すと、今は気が済むようにさせるしかない・・・というけど外は寒い。
爺ちゃんは当然、補聴器はずして寝ているんだろう。病院は疲れたはず。
ハンテンを主人に持たせて婆ちゃんに着させる・・・ちょうど22時45分。

月夜の晩で、明るいが、婆ちゃんの行動にどんな目的があるのか、わからないまま・・・
玄関の電灯を消せもせず。
帰る娘を見送るときに、あえて家族で玄関にでたらそこ(玄関先の車庫)に座って、靴下のまま私を見て会釈笑いをした。

足が悪くなければ(幼少から股関節脱臼のまま成長していて変形している)きっと徘徊しているんだろう。
その場合、気が済むまで付き合うしかない、と聞くので、この場合も同じなんだろうか。

どっちにしても私と主人の言うことを、聞かせるのは難しい。
私も、主人も眠れないまま・・・・・夜が更ける。


主人が爺ちゃんを起こす時間まで。


  1. 2010/04/27(火) 23:45:42|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

奇妙な行動

婆ちゃんがリビングの片隅の

立てかけた掃除機の向こう側に

体育館すわりで

隠れている



そこは私たちの生活スペースなのだが

つまり

こちら側に、自分で取り付けた鍵をあけて入ってきて


その扉の前に

叱られた子供のように小さくなって座っていたんだ。


リビングには主人も

私も居たのだけれど

気づかないようにそっと入ってきて・・・


ちいさくうずくまって息を殺している。


私は

キッチンにたって、何か動いてるのに気づき

顔をうずめて丸くなっている姑を見つけて

なんか

ゾッ・・としてしまった。


ケアマネージャの知り合いが教えてくれたこと。

奇妙な行動でも必ず、理由がある・・・と。

何だろう。



次の朝

明るく明るく・・爺ちゃんに

「夕べお義母さん、そこところに隠れてたみたいだけど・・・どうしてだろうね。」

というと

「うん。どこいっちょっちゃろかと心配したら、そこにおったらしい(笑)。隠れたっちゃねえがぁ・・」という。


この家族は母を、根っからの善人だと解釈する。
動機を、全部、良いほうへと理解する。


それも
ある意味・・・狂気の沙汰。


それとも

私が冷ややかなんだろうか。

  1. 2010/04/25(日) 02:35:59|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

昭和57年頃・・・「取り合い」

主人には
2歳うえの姉がいて、20歳で嫁いだ。
同時に、主人は大学でうちを離れて(18歳)卒業後、数ヶ月戻っただけで、
再び、就職でうちを離れた。

両親は、それからずっと
同居する2年前まで(平成20年)二人だけの暮らしだった。
子供たちとの親密な生活記憶は、そこで途切れている。
(これが今の問題行動にでてるのかなぁ)

我が家の息子(長男)の歳だ。この歳で手離したのだ。

父は、公務員を退職してから、車の免許を取り
職に就かずに、家事を手伝うほど、こまめに気がつく人で
小さい頃から家事をさせられていた、という。

母の方は、足が悪く、美容院を営んでいたので
70歳まで仕事を持っていた。(過疎化の田舎ですから・・それなり)

結婚して、暮れや夏休みに帰るととても歓迎してくれて
帰りは、車いっぱいのお土産を持たせてくれた。
時々、会うだけの
お互いに「いい顔だけできる距離感」と遠慮はとうてい埋められなかったが

それはそれで、仕方の無いこと。

「うちに5回、帰ってきたら、実家に3回よ。」と、

それが最初に言われた、ショックな言葉だった。
もともと私はほとんど実家に帰らない娘で
何の連絡もしない、つめたい娘だったけれど(つまり制限されても困らない)
・・実家に帰るのを嫌がる姑の感情を、知って・・むしろ驚いた。

それはそれで、仕方の無いこと。
私も息子が嫁をもらったときに、解かることもあるんだろう・・って思って。
すこし、世間の常識感を知った。

「養子にやったわけじゃない。」と、

何を心配してか、しょっちゅうそう言った。
優しい息子が、嫁のいうままに動くことが
ほほえましいとか、あきれたとか、そういう気持ちじゃなくて、「とられた。」と思っていたらしい。
息子が自分の言うことより、私に「どうする?」と聞いてくることが
大変気に障っているようだった。

後に、私が最初の出産後、主人の里で過ごしているときに、そう話してくれた。
「○子さん(私)と、取り合いじゃ。」と1回目。

「取り合い」・・・と52歳の今日までに3回、聞いたかな。
私はいつも、笑って「まぁた~お義母さんわ~」と本気にしてない風に流した。


私は、産後、退院してからは実家で一ヶ月は過ごそうと思っていたが
毎日の姑の電話で、母が(私の)参ってしまい・・たった一週間。

「悪いけど、あちらのうちに行って欲しい。」という母の悲痛な願いがあった。

私が実家にいると、主人が家族に会いにやってきて(当然)
和気あいあいの風景を、きっと想像(妄想)して
居てもたってもいられない・・・そんな状況だった。


※私たちのアパートと、主人の田舎とは車で4時間の距離。その中間地点に私の実家があった。


主人の里では、私は至れり尽くせり。
三食食べて、母乳やってゴロゴロ過ごしていた。
先に姉が2人の子供をもうけていたので、たぶんそうやって過ごしただろうと思う。

孫の沐浴、哺乳瓶消毒、室内温度調節(高千穂は寒い)世話は全部、義父がかいがいしくしてくれた。

もちろん洗濯物も、全部、してもらった。
私は、妊娠中毒であまり動けなかったので、堂々と甘えた。
だって実家で一ヶ月寝る予定だったのだから・・・
同じことしてもらうつもりで腹をくくった。

一ヶ月我慢我慢・・・そうすれば遠く離れて、二人のアパートで
また、自由に楽しくやっていける。

そのころ、なんとなく姑の過干渉、妄想癖
気がついていた気がする。

週末,はるばる会いに来た息子を、嬉々として世話したのは母で
まるで私たち母子は・・・え、餌?みたいな。
玄関でチャイムが鳴ると
姑は、誰より先に迎えに出て行き、お風呂に着替えを運ぶ。(もちろん背中流しは、ないですから!!)


義父はそれを「異常な心配性」と言った。愛情、ゆえに。
どちらかというと放任で育った私には
子供への愛情とともに、「異常な自己愛」にも思えた。

晴れて、アパートに帰る日が来て
赤ん坊の長女を抱いて、お礼の言葉を述べた。

いつものように車のドアも閉められないほどの・・お土産、家電、野菜、魚、肉、冷凍食品、果物、お金。
そして、自分の古着をたくさん持たせた。
あげるものを断る人を、義母はとても嫌った。
裕福な育ちで、タクシーで学校に通ったという義母は、足が悪かったというハンディを負い
昔のことだから、好奇の目にさらされて流した涙もあることだったろう。
他人に、物をあげること、豊かさを誇示するところがあった。

そうだ・・・・車に乗り込む私に
「すぐ、次の子供が出来んように。」と言ったんだった。
なんか、いやだったなぁ。あれ。


あれから30年たって、アルツハイマーの義母が
扉をソーーーーッと開けて

またはベランダのサッシに張り付くように
こちらをうかがい続けるのは

私じゃなくて、息子を見たいのじゃないか・・・と最近、思う。



  1. 2010/04/02(金) 21:59:04|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

花に罪はなし

去年の母の日に義姉が贈ったという紫陽花が、
植え替えられた鉢の中で見事な大輪の花を咲かせた。

爺ちゃんが世話をいてたのだろうな。
婆ちゃんの指定席からよく見える一等いい場所に置かれている。

園芸の大好きらしい義父に、「庭は自由に使って」といったものの
義父は、当然、義母の世話にいそがしく
庭にまではなかなか手が回らない、と話していた。

雑草が生えないところをみると、きっとまめに草引きはしてくれているようだった。
それだけでも、感謝だ。
そのうち私も、安い苗を見つけるとムズムスと買いたくなって
殺風景な花壇にちょこちょこ、手を出してしまっていた。

庭で土など触っていると、さっそく婆ちゃんが
私を発見してしまい
この前のように何やらトラブルになるので

プランターを使って、私たちの玄関先だけ・・・ささやかにガーデニングを始めた。
ほんの、3,4個。
玄関のドアを開けたら、私の好きな紫や白い花。
ラベンダーやスノーポールでじゅうぶん元気がもらえる。

庭は爺ちゃんに、おまかせだ・・と。


ところが、最近、急に庭が華やぎ始めた。

花の種類は・・・・
赤いサルビアと虫除けにもなるという、オレンジのなんだっけ?
昔、住んでた借家の庭に群生していた、
・・・ああ・・思い出せない。(キンセンカみたいな・・・)

その2種類が一株交代に植えられていた。最初は。

本当なら、地中に眠っているはずのユリの球根が、あのあたりに・・・・と
未練たらたらの気持ちを振り切って、
婆ちゃんが一日中眺める庭に
爺ちゃんが妻の好みの(知っている)花を買ってきて、植えて、一日を過ごすのだから
それでいいんじゃない。

そう、それが一番いい。


ある日、気が付いたら
なんだか、ね。

爺ちゃんの花壇の花の種類がどんどん増えていた。

なんとなく、私のプランターの花が増えるたび
増えていくような気がするの・・・・気のせい?


負けず嫌いやからね…お義母さん

いや、気のせい、気のせい。
作業するのは爺ちゃんのはずやし、もしかして、もしか・・・・

「あの私の手紙のことで、爺ちゃん気にして
庭を飾ってくれてるのかなぁ・・・」


花に罪なし。


♪この中で、誰が、一番だなんて、争うこともしないでぇ~シャンと胸を張っているぅ~








  1. 2009/05/25(月) 21:57:26|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

SOSの信号

爺ちゃんが、息子家族に求めているのは
ただ、老いていく妻に声をかけて欲しい、関心を払って欲しい・・という
当たり前の、普通のことで
そう難しく捕らえるものではない・・・・・と分かる。

ヒロピ(娘婿)が、結婚の案内状を持ってきたときに
婆ちゃんが、娘の顔をみて「誰け?」と言い
爺ちゃんが説明する姿を見て、その献身ぶりに感動したのだそうだ。
毎日、みているので少し慣れてしまっている私たちは
もっと本気で爺ちゃんを動かさなければならないんじゃないか。

文面から読み取れることは
本音の部分では、かなり、爺ちゃんも大変な、ぎりぎりなところなんじゃないか、という事だった。
恐れも不安も、きっとあるはずだ。

私の父は、末期で激痛の中でも医師が「大丈夫ですか?」ときくと
「なんともありません。」と笑って見せた。
眉間の深いしわは「鬼面相」で痛さを我慢している証拠です・・・と医師は言われた。
「オレは、死ぬときに絶対バタ狂いはせんから。」と
特攻隊崩れ・・と言われ、生き残ったことを恥とした父のプライドだったかもしれない。
私たち家族はモルヒネを使うことに承諾し、
父は「この頃、良くなってるから、治りよっとじゃろか?」と言いながら
短い時間を楽に、平穏に暮らせたんだった。

爺ちゃんは、父より4歳下だが、父の年齢をひとつ越えた。

自分の限界を、どうしたら認めてくれるだろうか。

7枚にわたる手紙を書いて、夫の手から渡してもらった。
「私たちは、進行性のアルツハイマーだと、医師から聞いて知っていること」
「お姉さんにも、私が話していること」
「今後、どのようになり、どんな対応することになるか、みんなは覚悟している」
「辛い選択が待っているかもしれないが、自然のこと」

「お義母さんが、私の世話になることに今は抵抗するだろうし、今後も変わらないだろうこと。」
「息子は、同居してからストレス性の心筋梗塞で2回発作を起こしてること」
「今後、息子がお父さんの代役をすることは不可能」

「医師に、気が付かない振りをして、安心させてあげてくれと言われ、私が覗かれるままに無視してきた理由」
「私への疑い、被害妄想は、性格の問題で認知やアルツの症状ではない・・・」と言うことまで

書きました。

介護認定をどうして取り消したのか・・・触れません。
私たちではなく、デイケアに一日でも出かければ、十分な刺激はあるはず・・・なのに
長年、地元の福祉課で勤め
老人ホームの園長まで経験した爺ちゃんは
多くの事例をみてきたことで

「介護の裏事情、知っての上での取り下げでしょうね」と福祉課の方が言われた。

立派な町長だったという評判の父親の、長男であり
不在ばかりの父の代わりの家長を務め上げ
自分が結婚するまで、弟たちの世話・・・
反対されて結婚した後は、父親の早死に。
残された母親と、評判を守り・・・
この苗字で、精神科の受診など、考えられなかったのか。

父の「死を恐れない、生命をまっとうして、堂々と死んでやる」というプライドと
義父の「オレが死ぬまで世話をする」という覚悟。

家族の、誰が、代わりの決断を下すのが最善でしょうか。



  1. 2009/05/17(日) 11:16:18|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
←前のページ | ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。