おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あれから一年

高校に合格して、一ヶ月を過ぎた頃
この大型連休が来た。

やっと登校してるのは分かっていたので
ストレスリセットのちょうどいい時間だと思った。

息子はたぶん、
私のため、家族の為、自分の事を分かろうとする誰かの為に
また、頑張ってみたのだろう。

連休明けには「頭髪検査」が待っている。
短髪にするのは、まだ無理な気がした。

中学での事情を担任にも話しておけば良かったかもしれない。
「ボーズ」がきっかけで不登校になった事。
身体に強制をうけることに、強い拒否反応があること。
そのこだわりは、幼児の頃からだったこと。

でも、その頃の母は「先生不信」で一杯で
どの先生に、どう心を開いてどう力を込めて話していいかもわからなかった。

入試前に、結構思い切って切った髪も、すっかり襟につき、揉み上げも伸びていた。
20070502092736.jpg




この程度の上級生はたくさんいたけれど
今年の一年生から少し厳しく指導するらしい・・というウワサを息子は聞いてきて
「たぶん、検査で不合格。」と覚悟していた。

校則違反で、ひょうひょうと、あっけらかんと立ち回れる息子なら
どんなに生きていくのが楽か・・とも思うけれど
「根は真面目」
違反や、遅刻や、忘れ物をとことん嫌う性格だからこそ
このこだわりに、誰も手を出せない。

一回目・・・不合格。再検査には一週間も猶予がある。納得できる扱いだと思った。その間は、注意をされない。違う先生が口出しすると言う事も無いようだ。(少し、高校を見直したうる
二回目・・・「う~ん。もうちょっと・・・だな。」厳しく、でもなく努力を促した程度。今度は3日の猶予。
そして、いつもの美容室が休みの為に、初めて行く新しい美容室で、初めての男性美容師にカットしてもらった。

自分の思うより、短かったせいか無口になり・・・それでも登校して行った。
この日が最後の登校日となった。

「どうやった?合格した?」
「見せに行かんかった・・・」
「どうして?せっかく頑張って切ったのに。絶対合格間違いなしよ。」

次の日の朝・・・起きてこなかった。

短髪にしての手触りが、また思い出してしまったのだろう。
息子は、部屋から出なくなり、ドラムばかりを叩いて過ごした。
自分を気にする母の顔色を気にするのも、嫌。
気にする自分も嫌。
母も腹をくくって、自分の時間を楽しむことを意識し始めた。

それから、通信制に通うと決めるまでの三ヶ月は
学校から解かれて、髪を伸ばし続けた息子は良く笑うようになった。

あれから一年が経って
何事も無かったように、友達も来るし、新しい出会いもあった。
こだわりが強くて、飛び込むのにためらいは大きいが
ひとつひとつ「大丈夫」を経験しながら進むしかない息子なんだろう。

自分の等身大がしっかり見える頃、笑い話になってるといいな。
髪にこだわった事。

息子と植えた時期はずれの紫陽花が
すっかり枯れたように枝を落としていたのに
みるみる葉をつけて
もうすぐ花を咲かせようとしている。
  1. 2007/05/02(水) 10:19:28|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<<次男の願いかなえて | ホーム | ついに免許取得>>

コメント

のんきははさんへ

これは一年前の、最後の学生服姿。
カットに行く前の記録だったんです。

長髪にすっかり見慣れてしまっていた母としては、どうしてこの位ダメなんかねぇv-390と、内心思ってましたが・・・
(不届きな考え
と一喝されるお母さんもいるかとも思います。)
髪型自由運動、したらいいのに、誰か。(誰か・・ってハハハv-407
少子化で生徒の奪い合いになったら、絶対そうなると、
v-391私は思ってる!

それにしても、
「仕事は家に持ち込まない主義」の先生。
夜回り先生とは対照的で・・・v-322
それを公言してしまうほど、決意させる何か経験をされたんでしょうかね。そうかもしれない。
中三の先生は、いつでも電話okの熱血先生だったけれど、電話かけると「居酒屋」?「カラオケ」?・・・っていうBGMがたびたびあって、こちらの気持ちも引いてしまって、だんだん報告作業だけになりました。
いろんな父兄に人気のある、元気はつらつの先生でした。
卒業式の日に
「何も力になれなくて、悪かったなぁ。」といってくださったけれど、息子はこの先生で良かった、と言っています。
人の出会いは、タイミングですよね。
ある父兄には、人気がなく
ある父兄には感謝されることがある。
ガッコの先生は、「資格」「免許証」を持っていますが、専門職ではなく時間刻みのサラリーマンだと、割り切っていくことにした方がいいのか・・・な?
どうだろう・・・。
本当にお互い、忘れられない一年ですね。
  1. 2007/05/04(金) 11:33:35 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

うちも 一年です

うちも長男が完全不登校となって間もなく一年です。
新学期早々、懇談会前で担任の顔も知らないうちに 校内暴力が激化し、まずい状況になっていきました。
一年の時の担任から 何かあったら自宅へ連絡するようにと言われていました。仕事が終わってから学校へ電話をかけてもうまく新担任と連絡がつかなかったので、意を決して、前担任の自宅へ電話をし、新しい担任の自宅の電話番号を教えてもらいました。どの先生も自宅へ連絡していいのだと思い込んでいました。
校内暴力の話がしたかったのですが、なんせファーストコンタクトが自宅への電話だったので、不信感をもたれてしまいました。「僕は自宅へ仕事を持ち込まない主義で、電話番号も教えていないはず。」が第一声で・・・
一応、校内暴力があるという話はしましたが、電話番号を誰から聞いたかを問い詰められた(ように感じた)ため、前担任の顔をつぶすわけにもいかず、謝ってばかりで電話をきりました。
しばらく遅刻や欠席の連絡をするだけの日が続きました。担任にとって不登校はクラスに一人や二人はいる『よくある話』になっているのかもしれませんね。ましてや事件に巻き込まれ(=自ら関わった)、警察でもとりあげられなかった(=仲間うちのごたごた)、いわゆる不良のひとりと認識されてしまったら、その期待?に応えるように生気を失っていったと・・・やっぱり被害者意識強すぎですかね。
はやく笑い話にして 思いっきり笑い飛ばしてやりたい。

でもやっぱり息子君 いい男v-344ですね。うらやましい!?


  1. 2007/05/04(金) 05:42:12 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

mogaさんへ

>抱きしめるだけで問題解決できる頃は、まだ良かった。mogaさんの弁
抱きしめ方が足りなかったはずはない・・けれど普通以上に、必要だったのか。
スキンシップは、わりとはやく嫌がるようになったし(恥ずかしい?)親から早く離れて行動してた。
でも、寂しがりで、ひとりで留守番は大嫌い。

こだわりは、“アスペルガー”の軽いあらわれ?ではないか・・って思ったりしました。
でも、病名つけても仕方ない事で、人間皆んな病人みたいなものだと開き直り、です。
目先だけですけど、今を確実に前進してるのを見届けるしかないですね。

  1. 2007/05/03(木) 16:31:29 |
  2. URL |
  3. mogaさんへ #-
  4. [ 編集]

こんにちはv-22
ブログ、統一なさったんですね~これからも、こちらにお邪魔させていただきますね。

paintmamaさんは、本当によく息子さんのことを「観て」らっしゃるなぁといつも感心してます。

校則違反で、ひょうひょうと、あっけらかんと立ち回れる息子なら
どんなに生きていくのが楽か・・とも思うけれど
「根は真面目」
違反や、遅刻や、忘れ物をとことん嫌う性格だからこそ
このこだわりに、誰も手を出せない。


うんうん、周りから見ると、反抗的とか意固地とか誤解されやすいけれど、究極にマジメなんですよね・・・・なぜこの髪形、長さが違反なのか、納得できない。たかが髪、と思えずに全人格を否定されたような気になってしまう。自分をごまかすことが出来ないのね・・・・

我が家の長男も「一つ一つの大丈夫を確認しながら」進む道のり、時間がかかるけれど、必ず「笑い話」に出来る日が来ると信じて、「看て」いこうと思います。

  1. 2007/05/03(木) 09:31:20 |
  2. URL |
  3. moga #M5f.rndE
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

子供のこだわりを、鼻であしらっても強い子に育つとは限らない。
どこまで認めてあげるかはもう、一人一人との向き合いでしかないです。
「痛い」と泣く子に「そんなはずは無い」とは言えず、笑ってくれたときには「これでいいんだ。」とほっとする。
母親はきっと死ぬまでこうなんでしょうね。
私も体育系ではないので・・。
  1. 2007/05/02(水) 20:02:21 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

そんなこともあったのですね

自分自身に、自分なりのこだわりを持つ。
決して悪い事ではないのですよね。
それを、無理に型にはめ込む事が、その子にとって本当に意味のあることか、どうか。

考えていると、いろんな思いが浮かびますが、
何より忘れてはいけないのは、
その子の笑顔を奪ってまでも、
必要な事なのか、と言う事ですね。
  1. 2007/05/02(水) 11:54:19 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/97-bad500df
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。