おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

出会いと別れの桜

3月30日は学校の先生方の離任式だった。
仕事から帰ると、珍しく息子の自転車と靴がない。
誰かが来て、連れ出したか友達のうちにでも行ったのか・・・

近所に大きな空き家があり、我家と同じ班になるので
どんな方が来られるのかなぁと思っていたのだが
長女が
「職場に新人さんが入ってきて、どうもこのあたりに引っ越してくるみたい。」
と言っていた。
息子も
「高校の(一ヶ月だけ行った)同級生の女の子が近所に引っ越してくる。」と友達から連絡があったという。

私も、今年は子供会の役員の順番が回ってきて、私の受け持つ班にも近じか小学生が転校して来るので、次男の登校班になるという連絡を受けていた。

この団地は、この春、ずいぶんな引越しがあるんだなあと思っていたら、この情報は「ひとつの家族」の事だと知り、我家の夕食時にはこの家族の話で花が咲いていた。

その引越しがあった日に、息子は珍しくの外出で夕食時にも連絡がなかったので、いろいろと考え推論して、想像は膨らみ、まったく我ながらひさびさにMAXの心配指数にあがっていった。

原因はこれ。

桜並木。


去年の今日。
見知らぬ女が、息子の部屋から出てきた朝とその後の一連の事。
高校の入学が決まって、やっと光が見えたと思った矢先の衝撃的な事件だった。
「出会い系」で知り合ったという子との「別れ」を私は息子に話して、団地の桜並木を、夜、2人で歩き続けた。
息子の涙は、私の真摯な願いを心から分かってくれた涙だったとおもう。
3月31日・・・息子はもう忘れたいから、二度と聞きたくない話だと言い、この記憶は封印された。

一年後の今日、暗くなって帰ってきた息子が、夕食をかき込みながら
「俺、今日、ノリで中学校にいったっちゃが。H(中三担任)が居なくなるらしいよ。生徒指導(大嫌いな)のMも。なんか俺に、がんばっちょるか~?お母さん達は元気か~?」
って聞いたわ。」
「ミュージシャンみたいじゃが。」
「女の子が来てると思った。」
そんな事、先生達に言われたんだという。昔なら全部の言葉に、超ムカついて、鬼面顔だったはずだ。いまは、まんま、受け取れるようになったんだ。

「K先生は?(部活顧問)」と尋ねると

「遠くから見てるの分かったけど、別に話す事ないし・・・」

それから、態度を少し変えて
「母さん。もう忘れたい事やから、Kの事は気にせんで。どうでもいいて。」

そうか。すごいね。中学校へ行こうと思ったんだ。
大人になったじゃん
会いにいくのは、お別れを言おうと思ったわけだ。
ノリだというけど、誘ってくれたK君の気持ちも母は、分かる気がした。

息子が不登校時代に、クラスで、また担任が、息子の為にいろいろ考えてくれた事や、裏ネタ話をK君はしてくれて、この一年間、それを聞きながら息子の気持ちの中でほぐれた糸もあったんだろう。
おんぷおんぷ

いくつかのバンドから誘いがあり
迷いに迷い、悩みに悩み、
まだ高校生バンドでいたいらしかった息子だったが
ドラムの先生の励ましで、
新たなメンバーと組むことに、「決めたから」と報告してきた。
コレまでは2歳年上ばかりの高校生。
これからは3歳以上は年上の働く若者達。
息子の世界は少しずつ、見えなくなっていく。
  1. 2007/04/01(日) 10:12:57|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<つかえる男に・・? | ホーム | 『YELL~エール』>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/04/21(土) 10:05:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

確かに子供の言葉に、二の句が出ない事ありますね。
「あんたにいわれんでもよろしい・・」って思うのもありますけど
以前ほど、ビシッと親風を吹かせられないのは
いつまでも子ども扱いできない年代に入ってきたからなんでしょうね・・・
子供の言う事にも一理あることがあり、
ただし、子供は「親業」をやったことないので
理想論や空論、そして正論。

私もグサッときてます。v-404
  1. 2007/04/05(木) 13:38:58 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

息子の行く道

『縁』『出会い』って本当に不思議なものですねv-298
でも、最近では新しい出会いに勝手に期待を込めては、思うような結果にならないことに傷ついたりしています。昔は『出会い』という言葉がとてつもない可能性を秘めている様で大好きだったのに。

高卒認定試験を受験するためと称し、今月からバイトの時間を半分にした長男。受験勉強に充てると言っていたその時間に遊びまくりというのは如何なもんかと・・・
今日も彼女とデート。夕方からは友人と…といったまま帰宅せず、電話もつながらない。
後から連絡するなんて言葉を聞いちゃったばかりに 眠ることもできないバカッ母v-390
まいったなぁ。
放っておかなきゃいけないのかなと思う。
息子の行く道だから 見えなくても仕方ない。
そう思いながら このていたらく。

次男が長男の友人たちに腹を立てて言う言葉に「親だったらこいつら何とかしようと考えんのか!!」というのがあります。その言葉、母の胸にもグサッと来てるんですけど・・・v-395
  1. 2007/04/04(水) 01:42:20 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/91-1452ab33
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。