おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

解散ライブ

やっと息子が許可をくれたライブを見に行く事にした。
ほんとはあまり気乗りはしなかった。
この世界は、もう「あの子にまかせる世界」として私は外でいいと、思っている。
春分の日。
昼まで、だらだら過ごしていたが、お父さんと、タミフルを飲み終えて回復の著しい次男とで重い腰をあげて出掛けた。
バンドのメンバーの一人が、県外に就職するので「解散」という。
残る3人で続ける気はあるようだが、ひとまずは解散らしい。


4つ目のバンドが演奏している頃、ライブハウスに入っていった。
初めての経験に、5年生の次男は緊張しているようだった・・・がその騒音と、熱気。
光に浮き出されるよどんだ煙に「気分が悪い。」といい、外に出た。

「やっぱり、体がきついなら帰ろうか。」というと
「ちょっとだけ、お兄ちゃんを見る。」という。

ラスト(息子達)のバンド演奏が始まる頃、急にお客さんが増え始めて、騒がしくなり、同級生の応援者が集まってきてることを知った。

激しい演奏と、息子のドラムの速いリズムに、心臓の鼓動がコントロールされているように感じて、日常ではうっとうしいあの長い、赤い髪が違和感なく、ライトに溶け込んでいた。
MCが「今日は、ちょっと風邪気味で、(息子)君の弟のインフルエンザをもらったかもしれない。」といったので、次男は嬉しそうに、ニンマリと笑った。
ステージのお兄ちゃんは、次男の目にどう映ったのかしらん。
ムービーで、記録を撮った。長女にも見せるため。

私に、涙や、ものすごい感動が無い事が我ながら不思議な気がする。
順調に見えてるときには、エネルギーは使いたくないって事かな。

応援したり、励ましたりはしたいけれどもう、期待をかけたり、部活の時のように、先走って夢を語ったりはしない。

やるのも自由。でも、やめるのだって自由に。
16歳に出来る事を、たっぷり楽しんで欲しい。急ぐ事は無い。



「超カッケー」・・・・“とてもかっこよい”の意味
とメールを入れて、帰った。
「ありがとう。バンメシよろしく。」と返事があった。

帰宅は深夜12時15分前。
12時門限で、長女と毎晩言い争った数年前を思い出した。
あの頃の、譲らない鉄壁の母親は、今はいない。

子供をとりまく世界や仲間を知っていると言う事は、
安心も不安もあるが、人を信用するという事が、こんなにも楽になれることかと、最近思う。
あとで傷つかないように、バリヤーを張り
騙されまいとして、眼を光らせていると

幸せそうに笑うことができない。
賢そうに笑うしかない。



私が楽にしていると、息子も楽にしている。
まるで鏡見たいに、互いを映している。

ありがとう・・・と

息子をバンドに誘ってくれたこの子達に、
何度も心で繰り返していた解散ライブだった。

  1. 2007/03/22(木) 19:57:33|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<『YELL~エール』 | ホーム | 華麗なる一族>>

コメント

のんきははさんへ

息子の一挙手に、訳や、意味を考えているとふと
「母親にとって息子は恋人。父親と娘のように・・・」と聞いた事のあるフレーズを思い出します。
姑がかつて、
「結婚した時、息子をとられたって思った。」といった事があります。(それがいえる関係になったので話してくれたんでしょう。)
その息子が自分の夫の場合、そんな母親はおぞましく思えるけれど、今度は、自分の息子が年頃になると、ううううう。
かっこいい姿の息子は、自分の分身?自分で育てた恋人?きゃあ!!きも!!
そういいながら、晴れ姿をみて
「よし!決まってる!!」とか・・・まったく親ばか。

>>>「わぁっとるわ。うっせぇな」
そんないっぱしのセリフでも、可愛かったりするのは、血肉なんですよねぇ。
  1. 2007/03/30(金) 22:57:32 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

ムスカリさんへ

同じ父母の子供でも、同じに育ててないのは、親の経験のちがいだけじゃない、って思います。
子供が親に求めてる事が、一人一人ちがい、与えられるものにまた、過不足があり・・
でもやっぱり愛情は伝わるはずだと信じて、否、生きてる間に伝わらなくても与え続けなきゃ自分が落ち着かないかもしれず・・・。
そんな風に変わった自分と向き合うと
今度は、自分の母を想います。母の愛情の形。
ムスカリさんも幼児期の体験を通して、愛情深い、考え深い母としていらっしゃる事、文章から感じます。
たいした人間でもないのに偉そうに、ただ親だからという権限で叱った事、あったかも知れず、体が同じ丈の高さになって、子供の一言に目からウロコが落ちる事・・・あります。
  1. 2007/03/30(金) 22:44:40 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

私たちは、いつか、これで良かったんだと思える日がくるのかなあ。ずっとずっと、心配と反省が付きまとい、つまりは、現実の出来事が問題じゃなくて、心の持ちようなのかな・・・とか。
最近は、ホント、更年期なのかナーバスで、ちょっと刺激されるとヒステリーになってこだわって突き詰めてます。
いけないね。
パンダままさん。長男くんと姫ちゃんのこと、ホントに暖かくみつめてて・・すごいですよね。
睡眠時間を整えること・・・はぁ・・私なんかあきらめちゃて、もう問題意識もありません。
髪も伸び放題・・・おしゃれというより雑草の如し!!
  1. 2007/03/30(金) 22:23:41 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

ステージ以外でみる息子は
浮浪者のようですから、太陽の似合わない不健康なイデタチなんです。
心から喜んであげられる姿じゃないから、う~ん・・複雑な気持ち。
「この子の人生」って割り切ることが本当に難しい。
舞台で生き生きしてる息子を見て、父は、
「うらやましい若さ」だと言っていました。
自分とは違う人生も当然あるのに、狭量なのは私ですよね。
  1. 2007/03/30(金) 22:12:57 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

欲張りかあさん

おめでとうございます。
またひとつ 7階段をのぼったのでしょう。ある意味卒業と同じ意味合いのある儀式を終えられたようなイメージがあります。

家も一進一退とでもいうのか、10ヶ月ほど前お日様がでている時間のほとんどを布団の中で過ごしていたことを思えば何も言うことは無いのかもしれません。
バイトも出来るようになったし、危険を感じていた"友人"と(いろんな事件を超えてですが・・・)距離を置けるようになり、振り回されることがなくなりました。バレンタインにはバイト先の可愛いお客様から『やさしいおにいちゃんへ』の熱烈なるラブレターとともにチョコを贈られました。
ただ、時々睡眠障害が顔をだしてくるのは避けられません。
そのたび母のほうがフィードバックしてしまい、情緒不安定に・・・結局私のほうが欲張りでせっかちなんですね。
反省するのですが・・・実は今もまさにその状況で、今日バイト9時半からなのに まだ家にいますv-390。声をかけると「わぁっとるわ。うっせぇな」v-409
うっかりすると泣けてきそうな感情を必死で抑えています。
起きてしまってスイッチが入れば 案外なほどあっさりと 出かけて行くとは判っていますが それまでの時間が辛いです・・・が今ドライヤーの音がしはじめたので、一時間送れで何とかなったかな。

  1. 2007/03/25(日) 10:22:47 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

親子は鏡・・・
本当に、そうかもしれないです。

何かに夢中になれて、仲間がいて、自分を持ち・・
人生を生きるって、そういうことかなって思います。
息子さん、素敵ですね~。
いろいろな道があるのだろうけど、なぜ生きるの?と言われて、明確な答えを出すのは、難しい・・

親だから、子供を導き、責任あるから、躾をして言い聞かせる・・
必要なこともあるのでしょうけど、自分は、たいした親じゃなし、偉そうに子供に厳しくしてたのは、なんだったのだろう・・と唖然とする私です。
息子に教えられて、息子が下の娘と同じ年齢の時は、かなり厳しくやってたけど、今は娘に全く違う対応をしています・・


  1. 2007/03/24(土) 08:19:50 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

超カッケーよ!

息子さんの、ドラムを叩く『超カッケー』姿が、目に浮かびました。
一心不乱に打ち込む事が出来る世界を持っていること。
すばらしいことだと思います。
とってもいい人生を、息子さんは歩いていると、すごく思います。
うらやましいな。
息子さんの姿を見ることが出来た、ぺいんとままさんの思いも、なんとなくわかります。
涙やものすごい感動がない・・・・この感じ、なんとなくわかります。
私も長男の卒業式が、感動とか、なんとかが、心や頭に盛り上がってくるのかなと思ったけど、
実際は、嬉しいけれど、ほっとする方が大きくて、感動の涙は無かった。
それだけ、いろんなことを乗り越えてきたって事なのかなぁ。

みんなで、楽に生きましょうね。
超カッケー息子達のためにも・・・・(うちの長男も混ぜてくださいね、超カッケー息子にv-435



  1. 2007/03/23(金) 09:53:50 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

ああ、よかったですね~♪
そんな穏やかな気持ちで息子さんの晴れ姿(?)を見られたって事
いいなぁと思いました!
ステージにいる姿は、普段とはちがってそこの空気に溶け込んでいるんだろうなー。
そういう姿の中に、今までのことを走馬灯のように思い出すでもなく
将来への期待を勝手に膨らますこともなく
今目の前の息子さんの”ここ一番”を堪能できて
ぺいんとままさんの暖かい気持ちを垣間見ることが出来たように思います♪♪

弟くんも、お兄ちゃんのかっこいい姿見て
嬉しかったんでしょうね。
息子くんも、弟にそういう姿を見てもらって
自信がついたでしょうね。

>私が楽にしていると、息子も楽にしている
ホント・・・
私も今、そういう気持ちをジワジワ感じています。

  1. 2007/03/23(金) 09:22:19 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/89-a8f3f93b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。