おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

思春期外来・・魔法の言葉

もし病名を書くとすれば「睡眠障害」と記録します。

ですが、息子さんは病気ではありません。

大丈夫だよ。君はしたい事が見つかれば自分で歩ける子だから。

最初は大変だよね。きっと苦しいよ・・・だって身体はリズムをかえるんだからね。

でも、お母さん。この方は、強いものを持っています。

少数派。

これは個性ですから問題ありません。

いろんな事があって、彼なりの生きる時間のリズムをそうやって作り出したんですよ。

家族のいる時間だけ、起きていたかったんです。


夜、働く仕事だってたくさんありますよ。

君は、自信を持って昼間、外に出ていいんだよ。何も悪い事はしていない。何も・・ね。自信を持って堂々としていなよ。

同年齢の子達より少し早く大人になって、みんなの話より先が見えちゃうんだな。

傷ついた子達が、君の事を好きになるでしょう、きっと。
君も、深く傷を負いやすい人なんだね。

だからこそ人の痛みがわかるんだなぁ・・君には。
それが、動けなくしてるかもしれない。


君は、一つのことに徹底的に突き進んじゃうから
配分しながら、やっていくんだよ。
そうすれば、大丈夫。君は、すごい事ができるタイプだ。

薬がなくたって、

あっという間に、昼夜逆転なんてもとに戻せる。

始めは少しだけ辛いかもしれないけれど。

そして、それでも

なにか話したかったら、またいつでもここに来なさい。


そんな痛みをずっと抱えながら、

「学校にもう一度行こう」という気持ちに、自分を動かしましたね。

それが、君なんだよね。

昼間は起きなくちゃあと思って、

何とかしようと思って

今ここにやって来たのだよね。

だから

君はもう大丈夫です。



  1. 2007/01/23(火) 15:38:41|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:13
<<個性の問題 | ホーム | 飴ニモ負ケズ(ダイエットバージョン)>>

コメント

ムスカリさんへ

カウンセラーや医師の言葉は
心に傷がある人のとっては、怖いものがあります。
だから、こんな出会いがあったことは本当に嬉しかった。

もう一度いく、とはいいませんが
いつかまたお世話になる日が来れば、安心して会いにいけると思います。
  1. 2007/01/31(水) 22:14:02 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

やはり自覚こそ・・

息子さんが自分から病院に行きたい、と言ったんですよね。
その自覚が全ての鍵になるのでは?と思います。

この先生の言葉は、本当に心に染みますね。
同じような悩みを持つ、子供にも、親にも、深く考えさせられる内容だと思いました。
やっぱり、泣けてきますね・・
  1. 2007/01/29(月) 08:52:11 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

ハナミズキさんへ

普通じゃない・・ってことは
特別な大切な存在だと認めてもらえることなのかもしれませんね。
みんなと同じでありたい事と
人とは違っていたい事、って私にもあるし
息子はまんざらでもなさそうです。
その「個性」は本人が一生つきあっていくものでしょうね。
親は、ただただ認めてあげるのみ・・です。
心配は尽きませんが。
  1. 2007/01/28(日) 08:03:29 |
  2. URL |
  3. ハナミズキさんへ #-
  4. [ 編集]

少数派

とっても、いい先生にめぐり合えてよかったですね。
「少数派」を認めてもらえて、息子さん、安心したのですねe-343

娘も、未来鑑定を受けた時、先生に
「この子は、普通じゃないよ。
 学校なんて、行かなくていいじゃない。そのかわり、勉強はしなさいね。
 あなたは、勉強しかないからね。」って言われました。
家に帰って、「私、やっぱり、普通じゃないんだってe-420」って
うれしそうにしてたのを思い出しました。

  1. 2007/01/27(土) 23:49:12 |
  2. URL |
  3. ハナミズキ #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

「少数派」(マイノリティ)という言葉は息子にとってはいい励ましになったようです。
・・って事は、う~ん・・・障害という言葉を使われなかったけれど、この先の生き方について少し覚悟しました。

学習能力に弊害がなかったので、いや、理数は群を抜いていたのですが、こだわりの強さはいろいろ思い出せます。

そうであれば、理解して付き合っていこうと思います。
先生が、君には付き合ってくれる家族がいる、といいました。
息子はニヤリとしました。

夜、姉にむかって
「悪ぃねー俺って少数派。いやあ、皆さんと違って、悪ぃv-222
・・・・能天気なやつめ!!って思いました。
  1. 2007/01/27(土) 20:06:28 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

いい先生にめぐり合われたんですね。
息子の通っていたカウンセラーのことや
その当時のことを思い出して、ふと涙腺が緩みました。
息子くんの、その前向きな気持ちの後押しになる、いい言葉ですね。
子どもが安心すると、親もほっとしますよね。
  1. 2007/01/26(金) 23:44:50 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

mogaさんへ

先生は「アスペルガー症候群」を念頭におかれて
質問を進めていたのがわかりました。
私、妹の子供が自閉症ですから、意識はしていましたし、むしろ次男にその傾向は現われてるんですが。
息子への質問から気がつきましたが・・・(50歳にして)私もそうなんじゃないか?って思うくらい・・・・はあ。
でも、すごいエネルギーを頂きました。
私は、こんな風に人を癒す、前向きにさせる、言葉を身につけたいなあ・・って思いました。
  1. 2007/01/25(木) 23:41:52 |
  2. URL |
  3. mogaさんへ #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

いろんな時期にいろんなカウンセラーの方と話しました。
最初にうけたカウンセラーは、長女の同級生のお母さんで、男女共同参画センターでDVの相談を受けていた方。
二度目は隣の中学校に来られるスクールカウンセラー。
とっても聞き上手でした。
その次は、個人でフリースクールを開設されている、精神科医師のご夫婦。すばらしい施設だったけれど、高額でした。
病名を知るためではなく、考え方の角度を変えるきっかけが欲しかったんですね、あの頃は。
病気かもしれないから・・と自分の異常さに気がついて自発的に診察したのは初めてで、しかも私まで力をもらいました。
  1. 2007/01/25(木) 23:31:31 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

診察室で対面する息子と先生の横にいて
静かに質問する言葉にポツポツ答える息子と
時々、不安げに私に助けを求める時に
出来れば自分の言葉で言って欲しいと思い、グーっとこらえて
うなずいてばかりでしたが
改めて、息子の苦しみを言葉で聞きました。
最後に話された先生の言葉が
私に降り注いで、一字一句忘れたくなくて
取り敢えずまだ記憶にあるうちに・・・と思い
UPしたんです。
人間ってすごいですね。
こんなに人を立て起こす言葉を贈る事ができる。
行ってホントに良かった、と思いました。
  1. 2007/01/25(木) 23:13:36 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

いつかの日か…

押し開く 力つぼみに 秘められて
    v-252万の桜は ふるえつつ咲く

誰の歌だったかな…

今はちっぽけで 寒風から身を守るしかない つぼみたちだけど
いつか 力いっぱい 扉を押し開いて
空に向かい 光の中へと 両手を広げることでしょう。
楽しみに待ちましょう。
  1. 2007/01/25(木) 19:29:21 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

これは、先生がおっしゃってくださった言葉ですか?
ほんと、泣けてくるくらいありがたいなぁ・・・ちゃんと彼の気持ちを分かって
受け入れた上で、今の彼の状態を本人が確認できるようにちゃんと言葉にして
あげて。そして、励ましている。単なる、上辺だけの激励とか、無責任な同情とかじゃなく、
しかも、専門家としての言葉だから、本物、って感じがします。

じゃ、私からも、プレゼント^^;

<朝(アシタ)には 『自己新生』の予感して 胎児のごとく吾子は眠れり>
<吾子と我 第二の陣痛の内に在り 苦しくもいざ産まれ出よ「自己」>

う~~ん、うちの長男は、まだもう少しかかりそうだけど><
  1. 2007/01/25(木) 11:44:08 |
  2. URL |
  3. moga #M5f.rndE
  4. [ 編集]

すてきッ

あ~ なんだか 泣けてきちゃいます。
息子にも こう言って欲しかったんです。
こう 伝えてやりたかったんです。
大丈夫って 信じてやりたいんです。

もう 心の中にストライクです。
こんな出会いが うちの息子にも きっと 待っている と願っています。
  1. 2007/01/24(水) 17:32:12 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

最高の言葉でしょ!

病院にいらしたのですか?
よかった。
そう、そうですよv-237
私も、学校に行けない長男や姫に、こう言ってやりたいのです。
魔法の言葉。
ぺいんとままさんの息子さんが、この言葉を、どのようにとられたのか?
もし、斜に構えて聞いていたとしても、心のどこかで、ほっとしていたと思うな。
その思春期外来の先生に、姫も会わせたいです。
  1. 2007/01/24(水) 10:37:12 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/79-ff64db86
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。