おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ライブは最悪・・・あらら

土曜日は朝から久々の雨模様だった。
7時に起きて来た息子が、
てきぱきと顔など洗い、朝ごはんを食べるぞ~という動きをしていた。

「夕べは眠れた?」
「うん。」

うん?
ずいぶん久しぶりの答えだ。

2時からの初舞台に午前10時からのリハーサル。
なのに、8時30分にはメンバーの家に集まるらしく、
夕べもあれこれと連絡をとりあっていた。

「修学旅行の前日の気分だった?」
「いや・・もっと楽しみやし。」

トースト2枚。目玉焼き。ホットミルク。夕べの鍋の残りもたいらげた。信じられない食欲は、「やる気」の表れだろう。

お昼のサンドイッチを持たせて送っていき、大きな荷物を抱えてメンバーのうちへ歩く息子を見送ると、中学校へ送っていってた時に感じた「自分の役目」の扉口にいるような気持ちがした。

ここまで。あとは自分で・・行って来い。




夕方、戻ってきた息子に父が大きな声で「お帰り!」と言った。
浮かれてハイにもなっていないし、もちろん鬼面相で怒ってなんかはいない。そう・・中学校じゃないんだから。
やけに、落ち着いていた。

「ご飯は?」
「食ってきた。(vocal)のお母さんがご馳走してくれた。」
「大成功だって?」
「いや、しくった。聞かんで。」
「あらら」

お風呂から上がると、ちょびちょび話し始める。
「他のバンドの奴らがすげえ上手くなっちょるって、tatuyaが言うっちゃ!俺らはトリやったけん、前のを聞いてるうちに、なんかヤッベーよ・・っていう感じになってきたつよ。全部聞いてるうちに、疲れてしまって、俺らの番には、いまいちホントのノリにならんかったて・・」
「そうや。反省会、したと?」

「そら、そうよ。みんな、しくった。でも俺のは聞く人が聞けばすぐわかるやろう・・ハア最悪や。まだまだ練習が足りんかったなあ。」
へこんでるようで、前向きな言い方をしている。
メンバーの胸を借りて、結構恵まれたとこからスタートした息子は、同級生からは「うまいうまい」と言われても、上には上がいる事を、速攻で知ることになる。

どんな世界でも、興味を持った入り口は光り輝き、すべてが新しく魅力的だけれど、
とどまり続けると必ず、深く地味な努力が源になっていると気が付く場所へ行き着く。
才能やチャンスも、努力無しでいい気分にさせてくれるが、やっぱり努力とか頑張った事が最後には財産になって残るものだと思う。

母は、それが出来なかったから、よく分かる。
何でもやってみたがりで、何でもやってのけたが、
てっぺんまで行こうとした事が無い。
そこそこ出来たら満足して、興味が冷めていく。
簡単に手に入れた物は、簡単にすてちゃうもんだ。

残念だけれど、どうも息子はそんな私によく似ている。

だからこそ、今からのガンバリをどう励ましていいのかまるで分からない現実がある。
息子の初めてのライブは、満足ではなかったらしい。
最も、満足なんてするのもおかしい。失敗は当然な初心者だ。
行かなくて良かった。見てしまったら下手な事言って、息子を怒らせるか、落としてしまいそうだ。


朝、起きて、顔を洗い、しっかり朝ごはんを食べ、一日の活動に備える。
成し遂げようとするイメージを描き、息子を当たり前の生活に動かしたのは、誰でもない、「音楽」だ。
「音楽」ってすごいなあ。

「何でも人が一生懸命に打ち込んでる姿は美しい。君も、そんなものをきっと見つけてね。」と言ってくれたカウンセラーの言葉を思い出した。
  1. 2006/11/12(日) 09:06:04|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<流れ、降り注ぐ、○○の束 | ホーム | 携帯から>>

コメント

mogaさんへ

早くから、自立しているかのように手がかからなかった息子は
「甘やかした」という感覚は無かったけれど、私(親)のそばにいて、親のすること、言う事を見ていなかった分、常識をしらなすぎて今更に、唖然とします。
例えば、電話代はかけた方から支払われている事、など中二まで知らなかった。あえて、教えもせずにいましたが・・。
回りにすごく気を使う割には、気が利かないので、タイミングをはずす、挨拶や、お礼など。
心配で、手を出し口を出す母。
甘えたいなら甘えさせてあげよう・・と思ったり(危険?)・・・そうするとポーンと見えない所へ行って、何してるか考えてるか、解からなかったり・・・
幼児期に親離れを始める時と、大人になって離れる時と、似ているって何かの本にあった事、思い出します。
mogaさんは、とても聡明な方だと、感じています。
きっと、いろいろ考えて、自分のスタイルをもって、生きていらっしゃって、文章を読むのがとても楽しみです。
  1. 2006/11/17(金) 09:19:28 |
  2. URL |
  3. mogaさんへ #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

どこかまで行ったら、冷めてくる日が来るかも知れないと心の隅に思っています。(私の性格の問題かな?)
でも、たぶん他の何かを見つけて・・の事でしょう。
(この先回りして心配する私を、何とかしたいですね。)
その過程で、人間関係とか、世間のものさしとか、身についていくのなら、それでいい、んでしょうに。
団体生活、集団行動の苦手な子ですが、私もそうだったから、でも結構生きていけますしね。
失敗とか成功とかどうでもいい・・・その通りなんです。
そういう視点に親として立ってることが、今、プチ満足。
  1. 2006/11/17(金) 09:00:17 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

ハナミズキさんへ

やっぱり、最終的に愛情を伝える事、伝わっているかを確認する事が大切だなあ・・・って思います。
世話をすることだけじゃ無くて、この時代は、親の背中をみて気がつかせるなんて、ありえないですね。
応援する事は、信じる事で、見えない所で、笑っている事を信じていようと思っています。
ハナミズキさんの娘さんの手紙のように、気持ちのパイプが通っていることを、時々確認できたら、ホントに嬉しいです。
  1. 2006/11/17(金) 08:47:34 |
  2. URL |
  3. ハナミズキさんへ #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

姫ちゃん、部活頑張ってるんですね。
偉いなあ。
毎日嫌なニュースが続き憂鬱ですが、その中で前向きに明るく乗り越えて行ってる子供達に、「がんばって」と心から、言ってあげたいですよね。
  1. 2006/11/17(金) 08:38:46 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

なかなか言えない・・・

>ここまで。あとは自分で・・行って来い。
心の中でだけでもこう言えたら・・・と思います。
もう、こういわなきゃいけないんだ、と分かっているけれど
いままで散々甘やかしてきたので、ポン!と送り出すことに
母子共々、不安のほうが先にたつ。もう、年齢的にはいい大人なのに
お恥ずかしい限りですわ・・・^^;
少々、後ろ向きの歌を一つ。安らぎとすでにならぬか我が胸は 吾子は帰らず空を抱く日々
  1. 2006/11/15(水) 11:10:04 |
  2. URL |
  3. moga #kHmSEWWs
  4. [ 編集]

ライブだったんですね、息子くん。
始めてから大成功・・・なんてことは簡単ではないんだと
それだけでも、いい経験になったみたいですね。
それでも、反省しつつ前向きな言葉が出たり
素直に家族に報告できたりと、
応援して見守ってもらえていることをちゃんとわかっているんだな。
すごいなぁ。
一生懸命に打ち込めるものがあるって、すごいなぁ。
そういうものに出会えて、それだけでも息子くんはすごいと思います。

>何でもやってみたがりで、何でもやってのけたが、
てっぺんまで行こうとした事が無い。
そこそこ出来たら満足して、興味が冷めていく。

あ、それって私も同じかもです。
息子も、かな。
でも親ってズウズウしいなぁと思うのは、
自分にできなかったことを息子にはやって欲しいと思っちゃうことです。
そんな言葉で励ましていいかもわからないけど、
ぺいんとままさんの

>努力とか頑張った事が最後には財産になって残るものだと思う。

っていう、そういうことを感じてもらえれば
失敗に終わろうが成功しようが結果はどうでもいいかな、と思いました。

  1. 2006/11/13(月) 22:42:24 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

息子さん、まぶしいです♪

息子さん、夢に向かって、地に足をつけて歩いている様子で
まぶしいですe-420
失敗しても、なげやりにならず、ちゃんと反省しているところ、
大人ですよね。
やっぱり、自分のしたいことがあると、生活も自然にちゃんとするものなのですね。

生活リズムをちゃんとするのが、親の役目だと思って、
「早く寝て、早く起きなさい。」って言ってた自分は間違ってたなぁって
最近思います。
何よりも、その子がその子の輝けるものを見つける手助けをすることが親の役目なんだなって。見つけるのは、子供自身だから、やっぱり親は応援するしかないんですよね。
  1. 2006/11/13(月) 19:57:48 |
  2. URL |
  3. ハナミズキ #-
  4. [ 編集]

えらいなぁ!

息子さんのライブ。
思うような演奏ができなかった事を、ぺいんとままさんに、素直に話している様子に、
絆を感じます。
はじめてのチャレンジで、上手くいく人の方が、少ないはずですものね。
それを、前向きな感じでとらえている息子さんに、エールを送りたいですv-314
私も、途中で投げ出しやさんだから、苦しい事を乗り越えて、先を目指した事が、正直ないのです。
だから、部活に頑張っている姫の事が、まぶしく見えます。
息子さんは、頑張っています。
今度、練習に出かける時に、息子さんの好物をたくさん作ってあげたらいいですね。
それで、息子さんは、わかってくれますよ。母が、応援していること。
息子さんの世界一のファンは、ぺいんとままさんのはずですもの。
  1. 2006/11/13(月) 08:01:21 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/61-26ff5ab3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。