おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まだまだ生傷

次男の参観日に行ったら
また、息子の事を尋ねられた。
「うちで、元気にしてますか?」と。

きっと母が元気はつらつに見えて、もう乗り越えたか
悟りを開いたか、解決でもしたと思えたのだろう。

さして息子同士も親しくはなく、親の交流もほとんどない方だが
たった2クラスで6年間もつきあえば、誰が離婚したとか、誰が別居中だとか、嫌でも耳には入ってくる。
まして、息子の不登校とその後の事件は案外、親しい方より、チョット距離のある言いたい放題の他人の中で、脱疽のように広がるもんだろう。

通信制に行き始めた事。
ドラムに熱中している事。・・・知っていても驚かないが、
「あの頃」を分析して、きっと励まそうとして、そう善意で、言われた言葉は、生傷にふれる。

「よっぽど、たまっていたものがあったんだねえ。」
「爆発させるとこがなかったから、そこで一気に爆発したんでしょ。」

返事のしようもない。

「熱中できるものが見つかってよかったですね。」

どうして、そそくさと立ち去らなかったのか。

「息子さんが登校してきても、子供達が誰一人、依然と変わらないように接したのが、私はすごいなあ・・って思ってたんですよ。」

そこに着目して、感謝しろ?と言う事か。
回りの暖かい友情があって、息子の今がある、と言いたいのか。

被害妄想か、自己憐憫かわからないが
まだまだかさぶたのない生傷で、
ちょっと触れられても、痛い。

「なにがあっても、私が痩せないってことがはっきり分かりました。」

といって、笑いながら離れていく時に
私も、まだまだ未熟者だなあと思いながら車に向かった。




  1. 2006/10/19(木) 09:56:06|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<息子の世界 | ホーム | 息子の「時差」と母の「ボケ」>>

コメント

グッチさんへ

ちょっと距離のある方が声をかけてくるのは、
「勇気のいる事」で「善意」で「励まし」で・・と考え、笑いながら対話するお人好しなくせに、
分析する時には相当な悪意で解釈してるんです。
考えと感情とが違う・・・支離滅裂ですな。でもそういうものかも。
それでもこの歳になると、自分の中の乗り越え方を知っていて、自分を笑える所を捜しちゃいますね。
悲惨であればある程、笑い話を組み立てていく作業をするんです。
心の中で、誰かに話しかけながら、なんなのかな、これって。
(さんまさんが、離婚会見で額に×印で現われた、あの感じすごくわかる。)
将来、心の平和が戻ってきても「皆さんのお陰」なんて絶対言わないぞォォ!!誰も助けてくれない、助けられるわけがない。
私の息子が頑張ってんだから。

  1. 2006/10/22(日) 00:12:23 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

私も生

学校って場所に行くと
どっかに息子のことを知っている人がいて
無神経に尋ねてくるんですよね・・・・。
ぺいんとままさんの言うとおり、まだまだ生傷はいえないのに
ようやくかさぶたになりかけているのに
無理やりはがされるような気持ちになりますね・・・・。

でも今日、ぺいんとままさんのブログで気がつきました!
息子のこと聞いてくる人って
相手が今どうかってことよりも
自分の中で納得すりゃいいんですね。
一応どうしているのか聞いてみて、
あとは自己完結できりゃそれでいいんだなぁ。
そこに”心配している自分”もなんとなく参加させて
この件はこれでヨシ!なのかも・・・。

私はぺいんとままさんが未熟だなんて思いません。
軽く捨て台詞かまして離れることができるだけでも、いいやん。
正面きって相手する必要ないし、
こっちの心情を読み取られなかっただけでもグーと思います。
きっと、たぶん、いや絶対に
こちらの気持ちは理解できないだろうと思いますもん。

上のコメント欄に自分のHNを見つけて
ちょっとテレながら嬉しく思いました♪
  1. 2006/10/20(金) 16:48:46 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

haruさんへ

かきこみありがとうございます。
グッチさん所で、よくお見かけ(?)していました。
ブログ読ませて頂きましたが、文章が自然で、心に沁みます。
実家のお庭の花をみて、うちの、土だけのプランターを並べた、何の希望の種もない庭に“はっ”としました。
ご両親が味方でいてくれるなんて、いいですね。
うちは、お正月までにどう話そうかと思案中です。

そらちゃんは、息子のひとつ下。とっても優しい、親思いの娘さんだと思いました。
私もブログに遊びに行かせてください。
リンク、大歓迎です。私も貼らせて頂きますね。
宜しくお願いします。
  1. 2006/10/20(金) 09:38:27 |
  2. URL |
  3. haruさんへ #-
  4. [ 編集]

はじめまして
ぐっちさんのところから、リンクをたどって
時々訪問させていただいていました。
haruといいます。

タイトルが素敵ですねv-344

いい人ぶって、近づいてくる知り合いってやっかいですよね。
私も痛い目をみたばかり・・・
信用して余計なことしゃべったら
足元すくわれるんだなぁって思いました。

いじめの件、本当に同感です。
カレーパンもおいしそうですv-411

まだブログ初心者なのと、
なかなかパソコンにむかう時間がないのですが
また読みにきます

リンクさせていただいていいでしょうか。
  1. 2006/10/19(木) 15:33:21 |
  2. URL |
  3. haru #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/10/19(木) 11:17:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/50-18795f4e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。