おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

息子の「時差」と母の「ボケ」

息子は、昼ごろ起きてきて
洗い立ての真っ白い(青白い?)顔で、現われた。
新聞配達に出て行くときにお風呂に入ろうとしていたから、寝たのは今朝4時過ぎのはず。
睡眠時間としては約8時間未満だ。

それなのに、しくじった顔をしている。
朝は、気の毒そうに現われるか、または開き直ったかのようにふてくされて威張って“メシ!”を要求するか。
いまだ、どっかに昼まで寝ている事をイケナイとか思うんだろうか。
母がうちに居ると、なんだかそういう気持ちになるのか。
自分でも、疲れる性格だろうなあ。

息子の部屋は風光明媚、日当り抜群の東向き。
そして、当然、暑い。
午前中だって、しんから眠れないだろう。
8時間で起きてくれば上等だと声をかけた。
まだ本当は眠りたいが、頑張ったんだと言う。

レポートもすべてやり終えて、書道の作品もすったもんだで書き終えて、提出日に無事投函。
この調子・・・って自分でも思ってるのか、“チョイ無理”位ならやろうとしてるのかもしれない。

この頃、深夜こっそりビールも飲まなくなって、牛乳を飲んで居るようだ。日光浴と称して庭で犬と遊んだり。眠れる方法を、一人で模索しているみたいだ。
どうしたいか言ってくるまで、黙って牛乳を常時用意するだけでいようと思っていたが、どうなんだろうか・・
ここは、医者に相談するいい時期かもしれない。
(思案中です)




夕方、誘いがあったらしく
「ちょっと、サッカーしに行って来る。KとかTとかがやってるみたい。」と出て行った。

7時には夕食食べるか連絡を入れる約束だが音沙汰無し。
9時に「もうかたづけるよ」とメールを送ると「ダメ。いる。」と返信。

何故か、昔のような胸騒ぎがしない自分が不思議だが、きっと息子の様子が信用できる様になったからだろう。自暴自棄の頃は、どんな事をしでかすか分からずに、悩みも心配も通り越して「恐怖」だった。
いま、母が平静なのはどこでなにをしていても、笑っているような気がするからだろう。

母は今、のぼせや不快症状とつきあっており、ひとつの事だけのんびりとこなすようにしている。なんであれ、笑えることは心配せずにひとまず笑おうと思って、そのほかは、ぼおおおっとしている。

そんな気を抜きすぎた母の爆睡中に、息子は帰り、一人で夕食をすませて、入浴して寝たようだ。
昔ならばここで“誰か女を連れ込んでいる”いや“入り込んでいる(笑)”恐怖があったが、姉と息子の話し合いがあってから、なんだかもう大丈夫な気でいる。

さて、そんな息子が、今起きてきて???あれ、早いんじゃない。
11時は早いんですよね、うちでは。

「今日はドラムやから」とボソと言った。

面食らっている(メンくらっている)私の後ろで、麺、喰っている(メン、くらっている、しかも2人前)

やっぱり、運動はリフレッシュするんだろうな。
今日は次男の参観日。

そろそろ私もスイッチON!!


  1. 2006/10/18(水) 11:15:23|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<まだまだ生傷 | ホーム | 息子たちとカレーパン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/49-6208900f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。