おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子供の数だけ「お産」がある・・次男編

長女中2、長男5歳の時、次男が産まれた。

はっきりいって私たちの予定にはなかったが、嬉しいタイミングだった。こんなにひとりひとり年が離れては大変かなあ・・とは思ったが。

まあ、このビックニュースをどのように発表するかを夫婦で楽しんた。
「え?ウソ?ウソやろ?えええええウソや!!ほんと!」
「やったあ
期待通りの反応で、男か女かで姉弟がよくもめたものだった。

38歳の母は、仕事や役員や家事で毎日忙しくて、特に妊娠を意識しないまま時が流れた。3人目、4人目はこうなるのだろうか。勝手に育っていくお腹に、ホントに産まれるんだわ~と他人事みたいだった。





ところが妊娠後期に妊娠中毒症になってしまった。
安静を言い渡されて、自宅でおとなしく過ごしながら、新年に産まれる予定の息子を待っていた。
エコーで不覚にも「おちんちん」が見えてしまい、母も勘がいいもんで、しっかり確信。臨月に入ると、血圧が高く、蛋白尿もあり2週間も早く入院出産することになった。

いよいよ身体がきつくなり、ついに促進剤で年末に出産。
病院で管理されたので,不安もなく、順調なお産だったが、一人身になっても血圧が200から下がらずに、分娩台に数時間、点滴を受けながら、安静で寝かされていた。

身体全体が心臓のように激しく動悸を打ち、頭がガンガンした。
時折、自動血圧計が腕を締め付けるたびに、その数値を薄目を開けてみた。足も手も動かす気力もなかった。
このまま、次男を抱かずに死んでしまうかもしれない・・と思ったら、“不憫”と言う気持ちってこんなものかと思い、涙が止まらなかった。

やがて、一般病棟へ移動し、許可が出ると“私の赤ちゃん”に会いに行く。高血圧の中で成長した赤ちゃんは「保育器」にいた。
手を入れて、腕をなでながら、「ごめんね」といった。


いつまでもすやすやと寝る息子は、一番穏やかな性格に育っていった。
ホントにマイペースで、一人遊びが好きで、お留守番も平気。
おしゃべりも、自分の順番まで待てる子供だった。

産まれかたがそれぞれに違い、なんとなくその子らしくておもしろい。

積み木を、高く高く堅実に積み上げては、いつまでも満足げに眺めて見上げていた長女。とんでもない事はしでかさない慎重さ。

積み上げた積み木を一気に壊して、ガラガラと崩れる事が目的の長男。嬉しい事は身をよじらせて表現し、奇想天外のコラボで回りを振り回す。

積み木遊びは兄が主役になるので、あきらめの次男は縫いぐるみや、フィギィアで想像の世界に浸っていた。
誰とでもこだわらずに遊べるのも、優しい次男。
だが、いつまでも赤ちゃん扱いする母が、口出ししてしまって、この頃発言が強気だ。


そして、10年。
母は3人目の産後、ダイエット食で管理され、妊娠前の体重に戻って、めでたく退院であったが、
「あと、5kgは痩せなさいね。」
という先生の言葉も空しく・・・
それからまた5kg増えて、今日ここにいます。

いい経験でした。
もう、気をつけましょうね。
  1. 2006/10/12(木) 15:04:42|
  2. 痩せる;考|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<学校に行かないという選択 | ホーム | 子供の数だけ「お産」がある・・長男編>>

コメント

グッチさんへ

確かに、母体さえもてば2人目からは大方、楽なお産ですよね。
医師が、いたのと居ないのでは料金が違うんだそうですね。
あと、処置に医師が手をだしたかどうか。
それはあちらの問題で、こっちはそれどころじゃなかったけど・・。
グッチさんの細そうな足?が、猫ちゃんと写ってました。
うらやましいです。
  1. 2006/10/15(日) 15:55:26 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

いや~~、ぺいんとままさんすごい記憶力!!
やっぱ、お産ってのは女性の大仕事なんですよね。
なんたって体を張っているし。

しかし、面白いですね~
妊娠中からお産まで、3人3様なんですね。
ウチも、あと一人産んでいたらそういう体験できたかな・・・
二人だとそこまでの違いはわかっても確信はないですねぇ。
あー、でも私も長男のときは貧血がひどかったり出血が多くて
後産も産後も大変でしたが、
次男は結構順調で医師が間に合わず助産婦さんが焦ってたくらい
スポッと生まれたなぁ。
この実感って、母親だけのものですよね。
父親にはわからんもんなぁ(わかったら怖いかも・笑)
  1. 2006/10/14(土) 20:04:10 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

ハナミズキさんへ

考えてみるとお産の記憶なんていうのは、
母だけの「宝」だと思います。
本人は覚えもなく、夫も自分じゃない身体ですし。
母が忘れたら、または話さずにいたら知る事は出来ないことですよね。
話してわかる年齢になって、無事話しました。はははv-408
  1. 2006/10/14(土) 17:11:36 |
  2. URL |
  3. ハナミズキさんへ #-
  4. [ 編集]

うちも3人3様でした。

私も、3人とも、全く違うお産でした。
長女は、切迫早産で1ヶ月早く産まれ、次女は、予定日通りに産まれ、
そして、長男は、早期胎盤剥離で、緊急手術の上、超未熟児で産まれました。

生まれたときは、元気であれば、それでいいって、思っていたのに、
学校に行かなくなると、「お願いだから、普通にして~」なんて、思ってしまって、
また、今、初心に返ることができたかなぁ。

長男くんのドラム姿、かっこいいですねe-267
我が家の長男も、大きくなったら、こんな風にかっこよくなるのかしら?
  1. 2006/10/13(金) 20:11:45 |
  2. URL |
  3. ハナミズキ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/45-06c798bc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。