おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耳をすませば

ドラムすこ


ひっくりかえった毎日の中で、息子がドラムを習い始めて、やがて2年になろうとする。
制服でレッスンに行く事なんてほとんどなかった。
学校行ってくたくたになって、帰宅後にドラムに行くことは考えられなかった。
一日に一つの予定をこなすのがやっと。今の私と同じだ。こんな貴重な瞬間を携帯に残していたんだなあ(本人許可済)
髪も一時、黒く戻していた頃だった。

初めは、レッスンから帰ると枕をスティックでたたいていた。
考えながら刻んでいる感じだった。
やがて、足の練習が始まるまでには、先生が新しいドラムを買うというので今までのものを格安で譲ってくれた。
(写真は先生のお宅でのドラムレッスン中)。

我家の階下にいると、ヘッドフォンをしているとはいえ、ドンドンとペダルを踏む音が聞こえる。
静かに独り、部屋にいて、何時間もどうして過ごしているのかわからずにいた頃、この音が聞こえると私は安心した。
息子が今、打ち込めるものがあるのなら、結果的に3日ボーズになっても構わないと思っていた。




学年が変わる頃あたりから、息子の客が、息子のドラムを聞きにやってくるようになった。
もとからの友人が、クラスの女の子や、部活の友達や、彼女を連れて、放課後やってくると、2階から音楽が流れ始める。

やってるやってる

皆が帰ると、バツ悪そうに(演奏して見せた事)降りてくる息子に
「結構、聞かせられるようになってるじゃん。お母さんも耳が肥えたみたいね。あんたのと友達の叩き方の違いがわかるもん。」と励ます。

私も、思春期になって見失いかけていた「息子の実像」を取り戻していった。それは息子の為に足を運んでくる息子の客のおかげって思っている。
息子の性格は、私だけが知ってるんじゃないんだ。
息子の長所も、短所も、そう弱さもきっと、小学校時代から一緒に過ごしてきた子供達だって知ってる。

突然、学校来なくなった息子に、子供達は心配していろんなウワサが飛び交ったらしい。
夕方、学校に向かって私服で出掛け、下校中の友達と立ち話していたら、担任の女先生に「連行」されて帰ったことがあった。
大勢の見てるところでの逮捕模様に「あんなのはおかしい」と子供達が親に訴えたんだそうだ。せっかく顔をみせてくれたのに・・と親御さんから聞いた。
連行理由:学校を休んでいるのに外出するのはルール違反。
   (自由に振舞って、影響を誰かが受けたら、大変・・とか、かも。)
友達と遊びたいなら、登校しなさいと我家の玄関でヒステリーな声をあげた。

非行化した息子には、そして誰にも会いたくないはずのボーズ頭には、ほとんどわざわざ会いに来る子はいなかった。初めて同じクラスになった女子等は「怖い」といってたらしい・・そりゃそうだろう、そう見せたくてやってんだし。でもそのうち、リスのような(親バカ笑)心の持ち主だと気がつくだろうさ。

今日、耳をすませば
いつものイケメンの(180cmのサッカーboy)友人と、すっかり変声期で変わってしまった低音で、歌う声が2階から聞こえてくる。ちと、はずれた音程・・奇声と笑い声。
あの、洋風えびぞう張りのルックスも母は気に入っているが、息子が不登校になる前も、なってからも、
たまに登校する息子と、何も変わらずに接してくれた彼に心から感謝している。

  1. 2006/10/10(火) 14:37:55|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<子供の数だけ「お産」がある・・長女編 | ホーム | 初めの一歩>>

コメント

グッチさんへ

それでも絶対いいとおもいます。
息子のバンドのリードギターの子は、ギター独学らしいです。
譜面も読めなくて、ミミコピーで楽曲をマスターするらしいですが、「うまい」という話です。
基本的なこと知ってれば、一人でするのも悪くないと思います。

どんな曲弾いてるのかなあ。教えてください。
  1. 2006/10/12(木) 10:57:14 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

ムスカリさんへ

まったく誰も来ない時期に
「オレって実は友達はだれもおらんっちゃ。」
と言ってた頃がありました。
そうなんだ・・だから行きたくないのか・・とも考えたりしたし、その孤独感は家族が埋められるモンなんだろうかと悩んだりもしました。
親友なんてそう誰でも持ってないし、理想の友人はやってくる者じゃなく、自分がなるものよ・・なんて理想論も、きっともう少し大人になれば「臭いせりふ」として蘇ってくるはず。
今の友人が、また去って、別の新しい友人が現われて、そうやって他人との距離を測っていけるようになるんでしょうか。
子供が、うまく社会の中に、自信をもって入れるようになる事が、子育ての目標なのかもしれません。
  1. 2006/10/12(木) 10:49:23 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

ドラムが上手ってだけでも充分友だちを引きつけられるんだろうけれど、
きっと息子くんには、大人にはわからないイケテル魅力があるんでしょうね!
外見や態度や環境で区切ることなく
どんなときでも付き合えて、受け入れられる友達ってのは
いいもんですね。

それにしても、ドラムたたいている息子くん、かっこいいなぁぁ
背筋を伸ばして前傾姿勢で
ドラムをたたくことに集中している様子が伺えます。
これじゃぺいんとままさんもメロメロになるよなぁ・・・・なんて思っちゃった。

ウチの息子はギター教室はやめてしまったけれど
今でも毎日ギターを弾いていて
やっぱり好きなものがあるっていいなぁと思います。
これからは自分でギターのこと覚えていくんだろうなと思います。
それもいいんんじゃないかと考えてます。
  1. 2006/10/12(木) 09:02:29 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

友の存在

人は別に友人がいなくても生きていける、と思うけど、
思春期は、その友人と何を話すでもなく、悩みを相談するでもなく、だけど、誰かをいることが必要な時期なのかもしれないですね。

その友人が悪い事ばかり教えたとしても、その時期、それが魅力的に思えることがあるのかも・・・
正しい道、悪い道、そういう常識が通用しない時期もあるのかも。

ただただ、何をしてるのか、分からないように見えても、思春期という大切な時期に一緒にいる存在があって、やっぱり友人のいる子供は幸せなのだろう、と思います。

友人が多いことだけがスゴイとは思わないけど、ウチの息子を見ても、よくはずされないで、遊ぶ相手がいるなぁ~と感心してますね。
男だからかな、アッサリしてるんだか・・
やっぱり、友人と笑ってる声はすごくいいもんですね。
  1. 2006/10/12(木) 08:56:58 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

この子は息子にとって本当の友だっていうのは、私には分かってないかもしれません。
何故なら、“えびぞう君”もまた、いろんな悩みからうちにきて過ごす時間が増えてるんだろうし、息子はほとんど自宅待機してるし。ただ、私が気に入ってるv-8だけかも知れません。
息子がつっぱらずに、ありのままで(ぐしゃぐしゃ頭の破れたTシャツの電源OFF状態)迎えられる友達っていうのは、母も安心です。
どうぞ、リンクお願いします。
ありがとうございます。
  1. 2006/10/11(水) 10:44:39 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

”打ち込めるもの”と”本当の友”

“打ち込めるもの”と“本当の友”を持っているのですね、息子さん。
なんだか、うらやましいなぁv-354
打ち込むものを持つことや、本当に信頼できる友を持てるって事は、簡単なようで、なかなか出来なかったりするもの。
自分の生徒を家まで連行し、学校休んだら、外出するな!なんて、へんてこりんな意見を、大声で叫んじゃう女先生よりも、
そういったものを、しっかり持っている息子さんのほうが、よっぽどすばらしいと、私は思うなぁv-392

もっと前に、聞こうと思っていたのですけど、ぺいんとままさんのブログ、
私のところでも、リンクさせていただいて、いいですか?
  1. 2006/10/11(水) 09:38:42 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

かづきさんへ

友達って大切なんですよね。
だから親が否定してリ、悪口をいうと、イヤですよね。
私はそれ、やってましたから、息子も自分を否定されたみたいに怒ったんでしょうね。あの頃。
うちで、問題起こされちゃあたまんないって思いましたから、いつか息子とも話せる時は来ると思っています。

大人が嫌いな頃があってもいいんです。
そんな大人にならない、と努力する事も悪くない。

でも、大人の責任もきっと分かる日はくるから、その時わかればいいかな。
今はパンクロックで感情を表現してるみたいです。
  1. 2006/10/10(火) 22:39:51 |
  2. URL |
  3. かづきさんへ #-
  4. [ 編集]

友達って本当に大事ですよね。
かづきも友達がいてくれたお陰で随分救われてきました。変わらないで接してくれてた子とは、今でも仲良くしてもらってます^^
(というか、迷惑かけっぱなし・笑)
あと、やっぱり月並みだけど趣味って大事なんだなあと最近実感しています。
かづきは長続きしないタチなので、なんでもすぐ放り投げちゃいますけど・・・^^;;
2年も頑張ってる息子さんが羨ましい♪
早く何か打ち込める事見つけたいなあ。
  1. 2006/10/10(火) 19:58:44 |
  2. URL |
  3. かづき #YY/nQ.wY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/42-45891e65
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。