おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

入学式

夫の運転で、片道1時間30分の道程
またまた高校の制服をひっぱりだした息子の
「入学式」に出席いたしました。

駐車場に着いたのは、一番。
クラス名簿を見たのは二番。どうでもいいんですが。

息子と同期に通信制に入学したのは59名。
77歳の男性と66歳の女性がいました。

後期に入学する子たちはほとんどが一度は高校に行った子達ばかり。
なんとなく返事の声も小さく、寂しそうに見えた。
子供達のLHRの間、保護者説明会がある。
「保護者会会長」がご自分の体験談(現在進行中)も話してくださり、後部座席からはお母さん方のすすり泣く声がずっと聞こえた。
かくいう私も、不登校の子と母、父親の気持ち・・など身につまされて涙が出た。

「この学校に来て本当に良かった。先生方にサポートしていただいた。」
「お母さん方、もう大丈夫です。」
「いろんな葛藤や悩みや、心配を抱えてこられた事でしょう。」

その方の言葉から、経験者しかわからない深い気使いを感じた。
良い出会いがあり、お子さんが前向きになっていかれて本当に嬉しそうでしたし、そんな経験を話してくださった事、とってもありがたいと思った。
でも、まだ、どこかで、
先生は信じない、先生という職業を疑う、すでに一歩引いている私がいるのも本当です。

スクーリングも午後から受けられるというのに
息子は
「今日のところは帰りたい。」と言って車に乗り込んできた。
「疲れた。」を連発する。
「せっかく来たのに・・」という親の気持ちと空気がきっと伝わっていた。私の顔にも出たかもしれない。

昼食をとるために、あれこれ話していると、またいつものように
「オレは車で待つから、2人で行ってきて。」と水をさす。
先回の面接の時とは、言い方がちと違うと気づく。
今回は父もいる。ちょっと強気で
「じゃ、そうさせてもらおうかな。お父さんと食べるわ。」と言うと
小さく
「親と飯なんか食えるか・・・恥ずかしい。」と言うのがきこえた。ぬぬぬっ!
夫には聞こえなかったようで、幸い。

しばらく走ってから、息子の大好きな店に決めた。
楽しそうに嬉しそうに車を降り、ドアに向かって歩き出すと
にやにや笑いながら、着いてくる息子がドアに映る。
(空腹には弱い奴め)


いらついたり、疲れたりすると、そうやって
ちょっと八つ当たりする?
親を刺激してみたりする?もしかして仕返しか?
私が「のこったのこった!」と四つに組んじゃったら
また、気まずい一日になってたんだ。

お腹一杯になったら、息子は帰り道、
大好きなエルレガーデンのCDから、私の好きな曲を選曲し、
首でリズムを刻む。


新しい学校生活のはじまりに
私は、後部座席から
[before] [after]な2人の頭(髪型)をながめながら

めでたしめでたし

と自宅までしばし、居眠り。

怒りを征服した事で今日は花丸な入学式だった。






  1. 2006/10/01(日) 22:05:59|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<一雨に傘一本 | ホーム | 溢れ出した水>>

コメント

ムスカリさんへ

そうなんですか。
外で美味しいものより、うちでカップラーメン派ですよ。
最近は服も、オークションです。
支払方法だけは、しっかり「お願い」されます。
あ、そうそう。
髪だけは母と一緒に美容室に行きますね。
これだけ、は。
  1. 2006/10/07(土) 09:23:23 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

新たな気持ちで・・

息子さん、入学おめでとうございました。
新たな気持ちで高校に気持ちが向うといいですね。

親とご飯を食べたがらない・・
ウチもそうです。絶対、イヤだ!!って言います。
知ってる子に見られたら、恥かしすぎるみたいで・・

外食も温泉も家族旅行も拒否の息子です・・

子供の八つ当たりとも思える行動も、
そうね、そうね、って受け流していけると、親も余裕が出るのかもしれないですよね・・

親のストレスを違うことで発散しつつ、親業は気長に行くのもいいですよね。
キツイ・・こともありますけどねぇ・・
  1. 2006/10/06(金) 21:18:37 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

入学式から2日経ってから、レポートに着手したようです。
しかも深夜。
中学の教科書はどうした?と枕元にたって聞くので
すてたわ・・と答えました。
やっぱり捨てたらまずいみたいですね。
とにかくまず一歩ふみだしました。
  1. 2006/10/04(水) 18:39:37 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

おめでとうございます

ご入学、おめでとうございますv-308

様々な事を抱え、乗り越え、また、新たな一歩を踏み出す。
何も起きずに、何となく踏み出した一歩より、きっと、力強い一歩に違いありません。
息子さんが、親御さんの力を全く必要としなくなるまで、一緒に前を向いていて上げて下さい。v-352

それにしても、
息子君の好きなお店を選ぶ辺り、さすがぺいんとままさんですねv-424
  1. 2006/10/03(火) 15:49:09 |
  2. URL |
  3. パンダまま #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

たしかに父兄の顔は、入学式のはればれした雰囲気じゃなくて
なんかしら、乗り越えようとして・・または一心に見守ってきて・・という感じでした。
後期に入学する子たちはほとんどが、一度高校に行った事のある子です、と説明されました。確かにそうかもしれないです。
息子は、出来たら、入学式のある本校には行きたくないらしいです。
校舎という建物が嫌いだと言いました。「学校全体」がイメージ悪いんでしょうね。

やはり、母親は“食"を握っているといいですね。
これはしみじみ感じています。無言の武器・・ふふv-391
  1. 2006/10/03(火) 08:49:17 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

れいんぼーままさんへ

コメントありがとうございます。

夕べ、日曜ごとのスクーリングの予定を見ながら、自分のとる教科の時間割を作っていました。
なかなか大変な作業でしたが、息子の言葉の端々に「やる気」がみえました。これも、たぶん最初だけかもしれません。
全日制の時もそうでしたから、私も過度に期待しない習慣が身についてしまいました。
「お母さ~ん。長い目で見てくんね。」(みてちょうだいの意味)
といって手を振り、自分の部屋に戻りましたが、前向きな時は一緒に前向いててあげようと思います。
  1. 2006/10/03(火) 08:46:57 |
  2. URL |
  3. れいんぼーままさんへ #-
  4. [ 編集]

ご入学おめでとうございます。

うちの息子が通う高校に併設されている通信制で、先月の28日に後期の卒業式があったそうです(校長のブログに書いてありました)。
在籍者7名中、卒業できたのは4名とのこと。
卒業までこぎつけるのは大変なことなのでしょうね・・・。
保護者の方の挨拶に「全日制(他校)を退学し、この学校に入学いたしました。それまでは子供がこの先どうなるのかと彷徨っている日々が続きました。このたび卒業することができ、本当にこの学校へ入学できてよかったと思っております」というようなことが書いてありました。
ぺいんとままさんのお子さんも「卒業」という日が迎えられますように・・・。
  1. 2006/10/02(月) 23:55:28 |
  2. URL |
  3. れいんぼーまま #-
  4. [ 編集]

入学式だったんですね。
いろんなことを乗り越えてきた親子が
そういう人同士でなければわかりあえない言葉で歓迎されるなんて
いい式だったんですね。
息子くんの、
>疲れた
>オレは車で待つから
っていう言葉、ウチも同じだなー・・・。
けど、大好きなお店につくとニヤニヤしながら車をおりてくるところも
なんだか似てる(笑)
素直じゃないですね、でも疲れているのは本当なんでしょうね。
  1. 2006/10/02(月) 19:24:09 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/37-e3e28129
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。