おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

母の入院

妹のうちに、身を寄せていた母が
貧血が激しいと言うので

県病院で検査をした。

多発性骨髄腫・・・と診断を受けた。

妹からのメールで
しかも母も告知を受けたと聞き
その心情を想い、
いろんな感情が浮かんでは、消える・・・
余命1年。


4月1日入院

2日に仕事が休みで駆けつけたが、一回り小さくなった母が
痛みのせいか

額に二本のたてじわをつくり
言葉も少なく

わたしの日常に気を使う

うちはいいのか
仕事はいいのか
子供はいいのか

お金はあるか

ご飯はたべたか


老化と死を前にした私たちは
本当に無力で

冷静に対処し演じてはいるが、
娘として、
今は何が最善かと、問いかける


孫たちが優しい言葉をかけてくれるといって
ポロポロと
涙を流す母が

この先闘っていく痛みを想像すると
胸がつまる思いがした


3週間の抗がん治療の後
果たして

日常に戻るのだろうか

別の病院を探し、一層衰えていくのか・・・


そんなこと考えながら高速を100km飛ばして

今日の職場へ帰った。

  1. 2013/04/05(金) 01:37:15|
  2. 介護|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<時間つぶし | ホーム | 目撃>>

コメント

のんきははさんへ

いつも、メッセージありがとうございます。

優しい的をついた言葉にほんとに励まされています。
楽しいこと、笑えたこと、そういうこともたくさんあるのですが
なんだか
事件だけUPするようになってしまいました。

お元気でしたか?


  1. 2013/04/19(金) 14:23:03 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

本当に次から次へと…
言葉もありません。

これ以上、どう頑張れというのでしょうね。

誰もが通る道ではあります。
子を失う事を思えば、順番通りならば仕方がないとあきらめをつけないといけないと解りすぎるほど解っていますが…

父がいつ最期を迎えるか分からない危険な状態だと言われて 超がつくほど忙しかった会社を辞めて転職しました。
それから七年半経ちましたが、父は介護認定1のまま 椅子に座ってテレビの番をしながら一日ずつを相変わらずぼちぼちと過ごしています。
桜を見に連れだそうと思っていた週末を待たず、春の嵐がやってきて 花びらをまき散らしてしまったので、できればもう一年…と願っていますが、そろそろいろんな数値がさらなる危険を表してきています。
母も、心臓に爆弾をかかえつつ老々介護の日々です。

今は どうか、安らかな終末期を迎えられますようにと祈っています。

抗がん剤も以前と比べると格段に進歩していると聞きました。

お母様もどうか少しでも穏やかな日々を送られますようにと、お祈りします。

そして、ぺいんとままさん くれぐれもお身体気をつけて。
いつも応援しています。



  1. 2013/04/08(月) 21:16:31 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。