おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

呼び名

新婚時代は、苗字にさんづけで呼んでいた名前も

子供が生まれたらいつの間にか「お父さん」へと変わる。

子供の目線でお互いに

「お父さん」「お母さん」とよびながら


そうやって何十年も過ごして来ると

私はいつのまにか夫の母親役になっている。


初めて夫が私を「お母さ~ん!!」と言った日は


娘をお風呂から上げるときだったかな・・・・


若く、元気で、人生の荒波もまだ遠かった頃。


このままではそのうち

お互いを

「じいちゃん」「ばあちゃん」と呼ぶようになるのかな・・・なんて。


今更だけど名前でよぼうか、と提案すると


聞いていた次男がニヤリと笑う


学生時代から私の呼び名は「姓の呼び捨て」で体育会系。


ためしに夫を名前で○○さんと呼んだら


「ハイハイ・・○○子さん。」と返事した。





せめて、さっちゃんとか、えっちゃんとか、じゅんちゃんとか、ならいいんだけどなぁ





  1. 2012/10/05(金) 04:56:02|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<忙殺の年 | ホーム | 本日は満月なり>>

コメント

のんきははさんへ

そうやってお二人で、自然の中に囲まれて
自然の成り行きでも
それが自然だったんでしょうね。

そちらのほうに台風が行ったようでしたが
被害はありませんでしたか?

畑を持つ方々は、自宅もさることながら
そちらの心配があるでしょうね。

ご主人との歴史、チビチビと小出しで
また聞かせてください。(笑)
  1. 2012/10/06(土) 15:10:58 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

我が夫婦はいまどき珍しいケース。
お見合いして3回目に本家へ行くと、よく知らんうちに結婚が決まっていた。
式場を決めて来いと追い出されて…
「どうするんだ」「あの雰囲気で嫌と言う勇気ある?」「俺は無理」
で、よく知らない者同士が夫婦になりました。
呼び名は、隣家の小学一年生の子の呼び方を参考にしたので 「おいちゃん」「おばちゃん」
なんとも、新婚らしからぬスタートでした。
今は、おとうにおっかあ。
なんとも、昭和くさい夫婦です。
早いところジジババになるのも悪くないけれど、こればっかりはね。


○○子さんだなんて、うらやましいぐらいだわ。
  1. 2012/10/05(金) 20:04:38 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。