おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日は満月なり

台風はそれていき

満月がみごとに空にかかっています。

携帯をウォーキングアプリに変えて

いざ

3kmの夜の旅に。



携帯電話でおしゃべりしていた友は、今はいなく

彼女の代わりを探すことも

きっと無いなぁ


家を出るときに

お義父さんがリビングにきて

一緒にTVを見ようと、腰掛けた


寂しいんだよね


冷たいシャキシャキの梨を剥いて

すこし気分のよさそうな夫と、父の前に置き


私は、そっと台所を離れ、外に出た。



♪なんでもないよーーーなことがぁ・・・・

しあわせだったぁとおもーうぅ♪

何でもない夜のぉこぉとぉ

二度とは戻れないぃぃ夜ぅう~


父と息子は、きっと何も話さないんだろうな

話さないけど

一緒に居たいんだろうな


なんでもないような静かな夜に

もっと何にもなかった昔のこと辿っていてもしかたない










  1. 2012/09/30(日) 21:01:55|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<呼び名 | ホーム | いつか、ふたたび笑えるように>>

コメント

のんきははさんへ

日々、冷静でありたいと願いながら
新しいことを見聞きするたびに
動揺する自分が嫌になってしまいます。

どうしてこんなに感情が揺れ動くのか・・・
ああ涼しい風が吹き始めたのだな。

感傷的にならないように、とこれは私の永年の課題。
気持ちを、文字に変えることで
PCをはなれるときには、
晴れ晴れしい気持ちになれますように・・と。

被災地への旅。いいかもしれませんね。

私も愛知万博に単身でかけ
うちを離れて救われた気がしたことがありました。
  1. 2012/10/05(金) 04:31:06 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

90歳のひいばぁちゃんとその長男である70歳のじいちゃんが、共に腰を痛めて立てなくなった時、いつも同じ部屋で並んでテレビを見ていたのを想い出します。
ひいばぁちゃんが妙にうれしそうに、じいちゃんの世話を焼いていたっけ。
穏やかで幸せな親子の姿だったんだな。
今は二人ともお月さんに住んでいるらしいけれど、今夜の月模様からすると きっと笑っている気がします。

長男の一件は、何とか納まったとバイト仲間からも連絡があったみたいですが、あまりにあっさり喜んでいる息子の姿に情けなくなっています。
こいつを育てた親の責任をどうするべぇと考えて、ボランティアセンター主催の今月末出発0泊3日弾丸バスツアーin宮城に申し込みました。
我が家からの参加は…もちろん私ひとり。

母の背中で何か語れたら幸いです。
語れなくても、一度は被災地に直接触れてみたいと思っていたので、良いきっかけになりました。
きっと、もっと幸せになって帰って来れると思います。

試行錯誤しながらの母の道。
頑張ります。
  1. 2012/10/02(火) 19:15:37 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。