おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いつか、ふたたび笑えるように

夫が体調を崩してから

もう何ヶ月も立ったような気がするけれど

カレンダーをみると2週間


長い長い2週間だな


夫と並んで待っていた、病院の待合室に

義母の重篤の知らせが届いた

もうステージ4で余命宣告されていたけれど

まだもう少しの覚悟が出来てはいなかった気がする


義母の臨終のベットにたどり着いて

夫は声を上げて泣いていた

そして、発作が起きた


自分の痛みと

心の痛みと

不安で

押しつぶされそうな夫を思うとき

私も眠れないまま、夜が明けた

いつか

再び笑えるようにきっとなれる

希望は捨てないで

         
      お父さんの横顔

      次男(当時4歳)作:お父さん

  1. 2012/09/29(土) 05:27:14|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<本日は満月なり | ホーム | 携帯小説家?>>

コメント

のんきははさんへ

書いたばかりの日記でしたからビックリです。
いつもありがとうございます。

8月で仕事の契約期間が切れて
9月から、3km歩くと決意し、自分の生活がうまく回転しかけて2週間でしたが・・・

のんきははさんも、新たなハードルですね。

自分の描く「しあわせ図」ってなんだろうかと時々思います。それは自分の頭の仲にあって、他の人には見えない。
夫も、望む人生を描くには足りない材料を探して、自分を責めるタイプの人なのかも知れません。

そうさせた私もあるかもしれません。

でも、自分を責めるのはそこまで、で。
もしかしたら、「今」で良かったのかも知れないから。

のんきははさん、いいハンドルネームですね。

のんきな母、そこが私も目指すところです。
  1. 2012/09/30(日) 09:34:10 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

せっかくの中秋の名月なのに、今年は台風模様。
そして、せっかくの誕生日の頃なのにぺいんとままさんの日常も大型台風到来ですね。
お義母様のご冥福を心からお祈りします。
そして旦那様の発病。切ないです。
そして、ぺいんとままさんの体調もとても心配です。

長男のいじめの最初のきっかけが私の病気だったという事実にさいなまれてきました。
後悔して、もっと早く医者に掛っていたら…と思ったけれど、早く掛っていたらきっと次男は生まれていなかったのだから、それはそれで意味があったのかもしれないと考え直しながら、運命を受け入れてきました。
嵐はいつか吹き止むものだと思います。

長男は、高校時代の嵐を「あれはあれで意味があった」と受け止めています。今の自分があるのは、あの苦しかった日々があったお陰だと…

幸せは乗り越えた人のところに訪れるのでしょう。

それにしても、どうしてこうも立て続けに嵐は来るのでしょうね。
実は我が家の長男のもとにも久しぶりにやってきました。しかも今度は加害者側として…!?
朝日を浴びて出勤する姿を見てきた幸せな日々が、もしかすると 風前のともしび!?です。
それに、いままでは被害者側だったから心の奥底の痛みはなかったけれど、今度は慙愧の念で冷や汗もかきっぱなし。
私は親として、どこで道を間違っちゃったんでしょうね。
未成年だったら、ちょっと調子に乗りすぎとお小言ですむだろうし、成人でも多分、立件まではされないと思われる事案だけど、もしかするとと考えると…もうみじめで不安で情けなくて 眠れない日々が続いています。
今まで、被害者という言葉を気楽に自慢げに使ってきた罰があたっています。

こんなみじめな母ですが、戦友と呼んでいただけますか?
いろいろな嵐が吹き荒れる秋ですが、この嵐も何とか乗り越えましょうよ。

  1. 2012/09/29(土) 18:36:24 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。