おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

父の寂しさ

老人施設に入所した日、
父、義姉、夫と私、揃って車椅子の母と一緒に施設内を歩いた。

父は肺の調子も悪く、はぁはぁと息切れる。

一通りの事務手続きのあと、部屋にもどると、
殺風景なベッドに腰掛けてた母が
無表情でみんなを見た。

悲しみも
怒りも
不安も
悟りも

なにも見えない

しばらく父と二人きりにしようと
廊下で待っていたが
夫もまた無言
私も無言

出てきた父が
「今日は泊まらんで、帰るわ。」という母に
「今日は泊まって、また明日、来るが。」と答えた、という。

車に乗り込んで
施設を出ようとするときに
父が
窓に顔をむけて、涙を隠すように、拭いた。

「あっこにいる方が、幸せじゃき。」とポツン。



その後、ちょくちょく面会にいっていた父が
3週間を過ぎると
「俺のことがもう、わからんみたいで、『兄貴』じゃて何度も言うわ。」

寂しそうに話した。

息子の面会は名前を呼んで、手を振ったのに
「ご飯は食べた?」と心配して
「仕事の帰りか」と何度も尋ねるのに

一番みじかな大切な人が
最初に消されていくのだろうか

一番心配な人は
忘れないんだって

夫じゃなく、息子か

誰かが「男性は奥さんのことは、最後までわかるらしい」と言った。

女性は、旦那さんより息子・・・

それもまたわかるような気がした。




  1. 2012/02/14(火) 14:03:24|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<まさか、あんたが | ホーム | 親切の陰にビジネス>>

コメント

のんきははさんへ

私の年齢は
“老い”が目の前に置かれていて
どっちをみて生きていくかの境目みたいですね。

老いを恐れても仕方ない。
若作りにも限界がある。

せいぜい5歳若く見ててありがたいってところで
40台って言われたら、下心を疑うわ。爆

心のどっかで、警戒しながらアンチエイジングしていくしかないかな。
自分の故障、弱点が出てきているのが、信号です。

記憶はメモメモで、メモに頼って・・
メモを見ながら、何を書いたかも忘れる始末。
  1. 2012/02/18(土) 17:06:46 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

お義母様はきっと、ご主人に頼り切って生活してきたんでしょうね。
それで、幼い頃に自分を一番わかってくれて頼っていたお兄さんと間違えていらっしゃるのでしょうか。

私の叔母は、義父母の介護を嫁として20年以上経験してきました。
最後に義父が何もわからなくなって、それこそ息子のことも忘れてしまったのに、嫁である叔母を「母ちゃん」と呼んで慕っていたといいます。
名前は忘れても、自分にとってどんな存在の人なのかは忘れないものかもしれません。

50歳を過ぎてから、やばいぐらいに記憶があやふやで、特に大人になってから覚えた言葉の数々が…藪の中で迷子になってしまう。
冷静になれば思い出せるのに…_/ ̄│○

新しい記憶からあやふやになっていくとしたら、私もいつか息子らのことを忘れる日がくるかもしれない。
やっぱ、覚えているうちに しっかり関わっていってやろうっと。
  1. 2012/02/16(木) 12:52:31 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。