おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

成人式でリセット

いつごろからだったか息子は

「成人式には行かない。」と言っていた。

中学時代の友人と高校時代には縁も切れ、

悪い評判やうわさから遠くはなれて暮らすようになって

落ち着き始めた頃だったろうか。



その年の成人式の様子がニュースで流れるたびに

「オレは行かんし。」と繰り返した。


今年ついに、成人式の日はドラムの仲間といつものように過ごし

帰宅後、

地元の仲間の成人式の様子を、録画していた母に教えられて、観た。


カメラの前でインタビューを受けた青年も

その後ろでⅤサインする袴姿の兄ちゃん達も

そのまた背景を彩る、盛り盛りヘアの、華やかなお嬢さんたちも

息子は名前を言い当てた。

「みんな(男)太ってる・・・。」

少年では無くなってる同級生は

線の細さも消え、すっかり大人の姿に見えたのかもしれない。


「でも、あいつらは変わってないな」・・・とつぶやいた。


息子にとっての成人式

「行かない」と決めたこと
「友人たちに会わない」ということ
「誰のことも過ぎ去った事」「まるで価値がない昔」にする事が

そういう意思をみんなに表明することが、これまでの自分をリセットする
儀式のようなモノだったのかもしれない。





いままでどんなアルバイトにも心動かさず

「接客はイヤ。」「音楽活動と時間が重なる。」

そういって、世間に出ることを恐れ、なかなか動かないでいた。


都会に出ようと言うバンド仲間の誘いにさえも息子は耳を貸さず

「新聞配達」で黙々と自尊心を保ち続けていただろう息子は

きっと誰よりも

このままでいけないなぁという焦り・・・感じていたのだと思う。


仕事の話が動きはじめてからあっという間に、

制服姿で出かける姿に、嬉しいような・・面食らった感じ。


「おかえりなさい」と迎えてあげられる日々が

また始まる。



初出勤の日。

次男は受験日。

息子たちのおおきなお弁当を、張り切って作った。

「完璧な一日」を願いながら。
ポチっと

  1. 2011/02/02(水) 14:41:58|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
<<タイトル浮かばず | ホーム | 新燃岳の噴火>>

コメント

おすぎさんへ・・・その2

そうだったんですか。
あの嵐の中にいた頃、私もいろんなブログ友の語る
コトバに救われた気がします。
解答が欲しいんじゃなくて「痛みと愛情」を
バランス良くコントロールできなくて
自分が冷静なのか誰かに確かめていたような。

そして同じお母さんが沢山いて、助けられました。
  1. 2011/02/05(土) 16:27:50 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

『俺は元気でやっている。お前より楽しい』
>
> そんな気持ちわかりますよね。
> 息子も同じ気持ち
> 『俺はお前たちとは違う世界で、生きていく』みたいに思いきって、さりげなく切り捨てて見せた・・
> 当人に言ったら認めてましたから、そうなんでしょうね。
> 「成人式に行かないという決意」も
> 「行って元気一杯に振舞う」ことも
> それぞれの成人儀式なんでしょうね。
  1. 2011/02/05(土) 16:19:43 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

私はぺいんとままさんのブログに助けられた部分がたくさんあったので・・・その頃はコメントしていなかったのですが・・だから他人事とは思えず、息子さんのがんばりがとてもうれしいのです(^0^)
普通に学校へ行っていたら感じなかった小さな事がとてもうれしいですよね。うちは朝早く起きてくれた事とか、リポートをやっている姿を見られた事とか。そんな当たり前の事が小さな幸せ。もちろん食卓をみんなで囲む事も!
私もこれから進学しても毎日学校行けるかな、就職して続くかな、結婚して相手の嫌なところがみえたらどうするんだろう、ほんとに心配は尽きません。
でも、どこへ行っても親子は親子。いつでもおかえりなさいって迎えてあげられるといいですよね。まだまだうるうるの私。どんとこいお母さんに私はなれるのか、まだまだ修行中の私です。
うちの娘の成人式は3年後ですが、きっと盛り盛り戦闘態勢で行くに違いない・・・(笑)

  1. 2011/02/05(土) 12:37:42 |
  2. URL |
  3. おすぎ #-
  4. [ 編集]

おかえりなさいの場所を作ることが、やっぱお母さんの大切な職務なんでしょうね。

うちの長男も、家族の絆を糸ではなく 丈夫なゴム紐だと思っていて、その強度を思いっきり試してくる。
先日も、帰宅が遅いなぁと思っていると 次男が「お兄ちゃん、飛騨で牛肉食ってる。ずるいッ」とミクシー情報をもたらした。知らないうちに旅行中とは。
次の日、遅く帰ってきた長男は ちょっと小遣いが足りなくなったからコンタクトのお金をカンパしてと、いけしゃーしゃーと言ってきた。

こんちくしょぅ。
惚れた弱みなのか 何なのか。
文句を言いながら、財布の口は緩む。 クソーッ
きっと、それでも帰ってくる。
明日も『おかえりなさい』って迎えてやれる。
そう信じられるから 今は ちょっと幸せなんだろうな。

長男は『闘いの装束』のような成人式のスタイルでした。加害生徒と同席することが分かっていて あえて『俺は元気でやっている。お前より楽しい』ということを目一杯主張してきたようでした。
  1. 2011/02/04(金) 23:02:29 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

おすぎさんへ

v-408ありがとう。
ほんとにありがとうございます。

朝起きて、がっつり食べて
夕方帰ってくる・・疲れて眠りにつき
また今朝も張り切って起きてくる・・・ようになって、今夜で4日目の朝です。

家族4人で夕食を囲む、という懐かしい生活が
なんだか夢のように戻ってきました。
こんな形が夢だったわけでは無くて
こんな当たり前のリズムが
人を健康にしてくれるような、そんな予感のような「しばしの幸福」です。
・・・がこれから何がおきても、動揺しない体力が私にあるだろうか、取り越し苦労はつきません。

家族がみんな成人して同じ丈の高さになっても
自分が一番小さくなっても
(いや体重はトップ?)
おかえりなさいの場所にいるんでしょうかねぇ。
  1. 2011/02/04(金) 15:56:27 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

成人式か・・息子さん、本当はお友達と笑顔で同じ場所にいたかったんだろうな・・ほんとにリセットする儀式みたいなものですね。
うちの娘は知り合いのいない東京の通信制高校に転校する事でリセットしたのかな。
気持ちの切り替えって難しいですよね。
でも息子さん、ほんとによかった(T_T)
よかったよかった。。。
お弁当、作り甲斐がありますね!
次男君も頑張りすぎずに頑張ってほしいな。
長男君、次男君、応援しています
  1. 2011/02/03(木) 11:57:45 |
  2. URL |
  3. おすぎ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。