おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

親の夢

夕食の準備をしていると

息子が突然に

「おれ、お父さんを○す夢を見た。」

もうびっくり!!

手を休めず・・・考えた。

そういえば私も、母親が死んでしまった夢で泣きながら目を覚ました昔を思い出した。
高校生の頃だったけれど
慌てて母の寝室へ行き、夢を見たことを話すと

「ありがとうね~おおきん(おおきに)」と言ってくれたことで
何かしら安心した。


「親が死ぬ夢は、良い夢・・よね。」という息子に
「そうよ。」と言いながら

(でもさ、自分がコロスって、どうよ)とよぎる。

しかも、お父さん。
しかもそうとうリアルに真っ赤な血が
流れたらしい。

どうなんだろ、・・・恐怖かしらん。

父親の解釈によると

今回の交通事故では
かなりお父さんに迷惑かけてしまって
そうとう凹んでいる。
しかし、自分は無力、アンド無職。
父がいっそのことガンガン叱り飛ばせば良いのだろうけれど
父は優しい。
一切、言葉で責めない。(注・母も同じ)

申し訳ないと言う気持ち。
迷惑かけて・・・きっとお父さんがどんどんでっかい存在になってるんだろうな。

ちょっと、負い目?あるかな?

このままでいちゃダメなんだって
焦ってるのかな?



「あいつは、きっとなんかしてくれる子だから、大丈夫。」

※この場合、なんか「しでかす」というよりは、なんか「成し遂げる」という意味だとおもうけど、夢の話を聞いたときちょっと話しちゃって)



父はそう言って、気にしない。

親の心・子知らず・・・

でも言わないと伝わらない気持ちが、あるんだけどな。



  1. 2010/10/06(水) 16:44:41|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5
<<受験黄砂 | ホーム | さて、そろそろ>>

コメント

私はブログを持っていないのでコメントのみですみません。
娘、確かにすごい決意なのかもしれません。
ただ、誰も知っている人がいない所に行きたかったのかな・・・とも思います。
先日初めてのスクーリングに行ってきました。
あれだけいつも起きない子が私よりも早く起きてました。考えてみれば、部活をやっている時は大会、朝練で自分で早く起きて友達からもモーニングコールを頼まれていたりして・・・そんな事を思い出しました。
東京に1人で行く事を不安には思っていたみたいで帰って開口一番「1人で行ってこれたよ!」って・・
ぺいんとままさんの、この子はみんなと歩幅が違うって事、すごくよくわかります!
私もすごくいらいらしながら子供の行動を見ていたのですが、ある日ぺいんとままさんのブログにそういう事を書いてあって、そうなんだ!って受け入れる事ができたんですよ。
金髪に近い髪にして、2つバイトの面接受けて駄目で、どうせ受からないしってブルーになってレポートも手を付けずだらだらすごし(本人は必死だったのでしょうが)時間ばかりたって・・そんな時に少し憧れていたケーキ屋さんのバイトを見つけて髪の色を暗くして面接を受けたら合格したんです。
バイトが決まった途端レポートもやって、この子は色々な事を並行してできないんだろうなって思いました。
子供の状況で一喜一憂し、まだまだどーんと構えていられない私。
娘もこんなで卒業できるのかと不安はまだまだいっぱいですが親としては見守るしかないですね・・・



こんな調子で卒業までいけるのだろうか
  1. 2010/10/26(火) 10:56:01 |
  2. URL |
  3. おすぎ #9l3cp6BM
  4. [ 編集]

おすぎさんへ

3時間ですか!?
すごい決意じゃないですか。えらいなぁ。
うちの息子は
高校なんかどうでも良い・・という考えでしたから
「母のため」でもいいから卒業証書をもらってきて欲しいという願いのために
それこそ、親掛かりで
送迎しました。
最初の1年は、カリキュラムも単位のとり方もわからず、親も慣れてないし
(内心、本当にめんどくさかったんです)
時間割を把握し、登校時間を把握し、車で40分くらいの距離を、行ったり来たり。
「こうやって3年も続けて卒業させて何になるんだろう。」と自問自答でした。
かといって就職できるほど大人になっていない。
そんな息子も全日制の同級生が卒業し、進路を定める頃
すこしづつ大人になって、自分を自分で動かせるようになっていったと思うんです。

この子は、きっと歩幅がちがうんだから、そりゃあ仕方ない・・って、諦めていくしかなかった。
諦める、というか、受け入れる、もっと真実に近い言い方をすれば
「我慢する」
これは私の問題で、息子の問題ではない事でした。

親も人間ですよ。
頭に血がのぼって、感情さらけ出して、後悔して、「親業」の道に戻って・・・
繰り返しですね。
  1. 2010/10/07(木) 19:46:07 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

最近、うちもバンドがなかなかうまくいかないようですよ。
夢をみてるのか現実的なのか・・・・
近場の工場で、規則正しく働くのがいいなぁ・・といってみたり
バンバンとライブ活動している知り合いの様子を見に行ったり
コンテストのドラマーの実力を査定してみたり・・

こっちが夢をみんとこ

そう言い聞かせております。
子供はホント、親にいろいろな将来を描かせてくれるんで
疲れますよね・・・わかるわぁ。
  1. 2010/10/07(木) 19:32:40 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
怒るか何もいわずに見守るか、悩みます。
言わない方がいいと言われてもつい口に出してしまい言わなきゃよかった・・と落ち込み、かと思えば言えばよかったと悩み・・子育てに正解はないのかな・・・
つくづく自分の未熟さにあきれる毎日です。
3時間かけて東京の通信制高校に通う事に決めて、もうすぐ初登校!本人が決めた道、見守るしかないと思いながらも朝起きられない娘を横目で見ながら葛藤しています。
子供の気持ちをくみ取るのは難しい。
見守るのも難しいですね。
ぺいんとままさんご夫婦を尊敬します(^0^)
  1. 2010/10/07(木) 16:27:24 |
  2. URL |
  3. おすぎ #9l3cp6BM
  4. [ 編集]

私の母が、普通の子と違う道を行った孫を 思いっきり買い被って「奇跡の子(いろいろな目にあったのに、何とか大学生をやっている)」なんておだてるので 夢を見ちゃった長男。

「めっさ良い曲ができたもんで、これで勝負をかけようと思う」なんぞと。
但し、バンドの他のメンバーは大学をやめても高卒資格はあるが、長男だけは中卒になっちまうという事実を踏まえて 趣味の領域にとめておくべきか悩んでいる。
メンバー四人で、積極的なのが二人。
長男とキーボードの女の子は、いまいち勇気がでない。

大学だけは卒業するという前提で いろいろ自由にさせてきたつもりの父の表情は 当然面白くないと語っている。
「馬鹿か、こいつは」と、あきれてもいる(…が本人には言わない)。
母は、少々あきれながら「勝負をかけるなら、恋愛や家庭や子どもを持つことをあきらめろ」と消極的に認めちゃった…のかも。

もう、二十歳なんだから 放っておくしかない。
失敗した時、親は支えてはやれない。
息子がホームレスになる覚悟も ひそかにしている馬鹿親でした。


…できれば、夢にとどめておいて欲しい。
実力的にいえば、…思いっきり無理だよ。_/ ̄l○
  1. 2010/10/07(木) 07:45:48 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。