おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

修学旅行の送迎

まだ薄暗い中学校の校庭に次男を降ろして
自宅に戻ると、なんか淋しい感じで日曜日が始まった。

修学旅行に出発するため、 川崎市営バス  川崎市営バス  川崎市営バス
父と母と息子が送っていってから

どこの家庭でも同じだろうが
今頃、飛行機 飛行機の中
今頃は食事・・・    お弁当
嬉々としてみんなと歩いているだろうこどもの顔を想像して、
思い出をたくさん作って欲しいな、と話した。       かめら

月曜日に、息子が
「今日、帰ってくるかね?」と聞くので

「昨日行ったばっかりよ、と答え
明日、ユー、エス、ジェー?ユー、エフ?ジェー?で
思い切って遊んでからそのまま帰ってくるから・・。」

歳をとると、こういうアルファベットの短縮形の覚えが
いまいちになるよなぁ。
苦笑い

次男が小学校の時(小6)
修学旅行の、お迎えに行ったら、すでに解散したあとで
慌てて自宅に戻ると、次男が
  jumee☆henoheno5 信じられん・・という顔で待っていた。

重い荷物をもって
疲れた身体で、歩いて帰ってきたというので
平謝りだった。


orz


次男が、その「残念な」思い出を話すたびに

今度は息子が

「オレの時は、体験学習の出発の時、集合時間に大幅に遅れて、全員待たせた。(小5)
 母さんが、時間間違えちょって、あの遅刻はオレのトラウマじゃ・・。」

「そうそう、あんたは宿泊先からの絵はがきに、文句書いてきたもんね。」

おかあさん。
僕は集合時間に遅れました。
それから、山登りは次の日といったけど、その日でした。


ほんとに、アバウトで申し訳ない。
このハガキを見て、笑ってしまったのを思い出す。

「お母さんはあてにはならんし。」と息子が肝に銘じただろう。

火曜日の7時50分が
学校到着時間。
「迎えに、来て、くれるよね。」と確認して出発した次男の不安な顔を思い・・

もう絶対に、とちってはいけない。

夕食の支度を済ませて、7時10分には
準備万端。

無事、間に合って
お役目を果たすことが出来た。





  1. 2009/11/18(水) 13:36:12|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<しまい忘れの12月 | ホーム | 動機・・・・うごくきっかけ>>

コメント

しっかり者の長男さん。
うちもそうなってくれればありがたいのですが
いやいや・・・
することなすこと世間知らずで
はらはらです。

失敗を親のせいにしても仕方ない、と
自覚してくれてこその成長でしょうか。

ちゃんと責任取れる大人に育って欲しいものです・・・。
  1. 2009/12/04(金) 16:42:55 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

ぺいんとままさん

こんにちわ。
楽しい修学旅行から無事に帰ってきてよかったね。
今の世の中、何があるかわかりませんもの。
まさか、海外の射撃場には行かないと思うけれど、
あの被害者のご両親だって、
楽しい旅行にでたはずの息子が、
あんな場所であんな形で命を落とすなんて、
想像もしなかったことでしょうから、
本当に、元気な顔を見ることができてよかったよかった!

そういう失敗なら私も負けませんよ。
長男が6年生の時、
観劇の日がありました。
忘れもしない「王様の耳はロバの耳」
たしか帝国劇場だったと思います。
・・・お弁当が必要だったんですね。
すっかり忘れていたんですね、私ってば。
で、どうしたかというと、
気の弱い母と息子は、
お弁当を持たずに参加することなんて絶対無理で、
その日は・・・欠席しちゃった・・・。

コンビニでおにぎりを買うとか、
先生に事情を話すとかね、
そんなことも思いつかず、おたおたと。

そのせいか長男は、超がつくくらいしっかり者になりました。
父親がいなかったせいか、
弟達の面倒もよくみてくれて、
学校でも「お父さん」と呼ばれていたそうな。

ね、何があっても大丈夫。
笑い話になったり、それが糧になったりね
・・・ちょっと言いすぎね、私が悪かった・・・。

子どもはちゃんと育っていくものです。
息子くんも、次男くんが帰ってきて、
嬉しかったでしょうね。
めでたし、めでたし・・・。
  1. 2009/11/24(火) 15:49:06 |
  2. URL |
  3. april #-
  4. [ 編集]

なんだか、うちと
というか私と、のんきははさんって似てますよね。
勘で行動して・・・って本と、そのとおり。
意外と、ところが自分の人生では、そんなに失敗もなくやってこれたのよね。
たぶん、失敗を失敗とも思わず
さらりと過ごせたのかもしれないんだけど・・・

息子たちは、被害者。
親も判断力が鈍ってくる、ってもんさ。
  1. 2009/11/20(金) 13:03:37 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

我が家の息子らも母の"被害"に たびたび遭遇しています。
キャンプへ参加した時も、乗るはずの列車がホームに止まらずに通過していくのを見送った経験あり。停車駅を確認せず、勘で行動して失敗してしまう。
あわてて連絡して、次の電車に乗せて、スタッフが待ってくれている到着駅まで、二人きりで 心細くて テンション劇落ちで 列車に揺られていったとさ。今では、立派な笑い話さv-356

幼稚園の担任の先生の結婚式では、集合場所を間違えて、花嫁姿の先生が黒塗りのタクシーに乗り込む寸前、お花を渡して大慌ての記念撮影。ホントご迷惑かけました。

こんな母のお陰なのか、長男は少しのことでは動じない鈍感男に、次男はやたら人の行動にケチをつけるチェック魔になりました。
これも、何かのご縁ということで…チャンチャンv-421
  1. 2009/11/19(木) 12:39:01 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。