おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花に罪はなし

去年の母の日に義姉が贈ったという紫陽花が、
植え替えられた鉢の中で見事な大輪の花を咲かせた。

爺ちゃんが世話をいてたのだろうな。
婆ちゃんの指定席からよく見える一等いい場所に置かれている。

園芸の大好きらしい義父に、「庭は自由に使って」といったものの
義父は、当然、義母の世話にいそがしく
庭にまではなかなか手が回らない、と話していた。

雑草が生えないところをみると、きっとまめに草引きはしてくれているようだった。
それだけでも、感謝だ。
そのうち私も、安い苗を見つけるとムズムスと買いたくなって
殺風景な花壇にちょこちょこ、手を出してしまっていた。

庭で土など触っていると、さっそく婆ちゃんが
私を発見してしまい
この前のように何やらトラブルになるので

プランターを使って、私たちの玄関先だけ・・・ささやかにガーデニングを始めた。
ほんの、3,4個。
玄関のドアを開けたら、私の好きな紫や白い花。
ラベンダーやスノーポールでじゅうぶん元気がもらえる。

庭は爺ちゃんに、おまかせだ・・と。


ところが、最近、急に庭が華やぎ始めた。

花の種類は・・・・
赤いサルビアと虫除けにもなるという、オレンジのなんだっけ?
昔、住んでた借家の庭に群生していた、
・・・ああ・・思い出せない。(キンセンカみたいな・・・)

その2種類が一株交代に植えられていた。最初は。

本当なら、地中に眠っているはずのユリの球根が、あのあたりに・・・・と
未練たらたらの気持ちを振り切って、
婆ちゃんが一日中眺める庭に
爺ちゃんが妻の好みの(知っている)花を買ってきて、植えて、一日を過ごすのだから
それでいいんじゃない。

そう、それが一番いい。


ある日、気が付いたら
なんだか、ね。

爺ちゃんの花壇の花の種類がどんどん増えていた。

なんとなく、私のプランターの花が増えるたび
増えていくような気がするの・・・・気のせい?


負けず嫌いやからね…お義母さん

いや、気のせい、気のせい。
作業するのは爺ちゃんのはずやし、もしかして、もしか・・・・

「あの私の手紙のことで、爺ちゃん気にして
庭を飾ってくれてるのかなぁ・・・」


花に罪なし。


♪この中で、誰が、一番だなんて、争うこともしないでぇ~シャンと胸を張っているぅ~








  1. 2009/05/25(月) 21:57:26|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<破棄 | ホーム | SOSの信号>>

コメント

のんきははさん側の体験も貴重なお話だなぁ・・・って思いました。
うちの母は嫁いだとき、高学歴の父の妹2人がいて、一人は同じ年。しかも生涯独身。
母は自分の帰る親元はなく、その妹の商売を一従業員として手伝っていた。
兄に障害がなく、もし嫁をもらっていれば
老後の母の寂しさは無かったのか・・・と考えることがありますが、母の性格からは同居は無理だったと思う。
そして、娘たちはまた別の問題をいつも聞かされていたかもしれない。
自分を、娘の立場、嫁の立場、いろんな場面に置き換えて考えることができるのは、とても生きていくのに大切な事ですよね。
ねたむこと?はきっと自分の幸せを削っていくと思います。
ところで、名古屋なんですか?
ちょうでぁね・・・って普通打ち込めないわ~
スゴイ!!!笑った!!
  1. 2009/05/27(水) 08:15:25 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

ふと、思い出した。
兄嫁(だった人)のこと。
二十歳で結婚して、同居。
私と同級生だったのがまずかったのかもしれない。
仕事から帰ると、"娘"の私は当然のように自分の部屋で夕食まで読書三昧。
"嫁"である彼女は、夕食の支度やら掃除(分担は夫婦の部屋のみでしたが)やら 家事にとりかからなくてはならない。義母や小姑にいじめられる可哀想なシンデレラになった。
その内に私が何かを買うと、同じような靴が玄関に並んでいたり、同じようなセーターを夫婦がペアで着ているシーンを目撃したり、時計が、ネックレスが・・・と続くようになったっけ。
もう少し家計を考えてと兄から指摘され、ついに悲劇のヒロインの出来上がり。夜中にシンデレラは枕をひとつ抱えて(枕が替わると眠れなかった)実家に帰っていったのでした。
すったもんだの末、私と母は嫁いびりとのレッテルを貼られて、兄は親と同居するのをあきらめ夫婦で部屋を借りました。
今度は、兄が妻を虐待するひどい夫と呼ばれるようになった。
20年後、下の子が中学を卒業するのを待って、悲劇のヒロインは・・・結局、可哀想な自分を救うために離婚したのでした。
(ひとつだけ計算外だったのは、芸能人の離婚話のように 一億円の慰謝料がもらえると勘違いしていたことでしたが・・・)
幸せをとことん追求した彼女は、今 幸せなのかな・・・。

『幸せは 手に入れるかどうかじゃなくて、そこにあることに気がつけるかどうかにかかっている』
私が彼女から教えてもらったこと。

いろいろあったけれど、息子らがいてくれて 私はとても幸せ・・・なんだと思うv-344

気がついたら どえりゃぁ長文になっとりましたぁ。許したってちょうでゃぁね。v-436
  1. 2009/05/26(火) 21:09:56 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。