おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新学期2日目

昨日、新しい学年でのクラス編成が知らされた。
近所の同級生に
同じクラスがいないのだといっていた。

いつもいつも不安症の次男はちょっと心配している。
誰に電話して、今後聞くようにしようか・・・と。

苦手な気の強い女の子が
別のクラスで

先生は1年の持ち上がり。

それだけでも変化がなくて助かる。

夕べは8時前から、寝るといって自室に入り
母が寝る頃に起こして欲しいというので
11時に起こした。

母は2時まで起きていたのだけれど
12時過ぎには部屋に来て

「お母さん。準備終わったから、寝るね。」といって休んだようだった。

・・・・・

今朝、6時に「腹が痛い。」といって顔をしかめてきた。

下痢もなし。嘔吐はしてないが気分が悪い。

暖かいココアを飲ますと、
「おいしいけど・・・腹は痛い。」と押さえ込んでいる。

熱は無い。

母の心をよぎる、変な不安。

「病院にいってから、学校に送るわね。」
そういうと

「ごめん。」といって、コタツにもぐりこむ。
「アレから、眠れんかったっちゃ。急に3時くらいから痛くなって・・・。」

中学2年生。

役員の引継ぎに来たお母さんが、
うちの中学ってまるでkitatyo-senですよね・・・といった言葉が
頭をよぎった。

学校のせいではないというのに。



  1. 2009/04/08(水) 08:15:04|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<お兄ちゃんの制服 | ホーム | 決意のシミュレーション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。