おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

私の問題

中学校の地区役員の順番が回ってきた。

ほんとはあと二人ほど居るんだけれど、その人達を順に回せばうちは卒業で、
まあ、免れるわけです。

その二人は、まだ、下がいるから飛び越して・・・最後の中学生がいる我が家へ。


それで、

地区役員の引継ぎに行って、自分の担当班の家庭の事情っていうやつをいろいろ聞くことになる。


ここは、集金に行ってもくれない、とか。

ここは、25日以外は絶対ダメ、とか。


ついでに、

「ここの子は学校行ってないんだわ・・・・・
なんかサ。自律神経だかなんだか知らないけど
結構元気で、うちの周りで夕方はぶらぶら遊んでるのよね~」

ぎゅうと、胸が締め付けられる。

自殺したお父さんを持つ○○クンは、(その精米所で私はバイトした)いつも元気でウォークマンをつけて
自転車で、高校行ってるね・・・だとか。
大きくなったね…どうなることかと思った・・・とか。

なんか、吐き気がしそうだった。
なんでだろ。異常反応かな。


ひとりだけ、次男の同級生の三男を持つお母さんがいて
うちの事情も知っており、ご自分も長男次男でご苦労されて
よく話をする方が、

“ダンマリ団子郎”になってる私をみて、眉間にしわを寄せて苦笑いして見せた。
彼女も実は訳ありで、こんな話は大嫌いなんだ。

若いお母さんはしゃべり続け、ついに私も口を開いた。

「かわいそうにね。きっと理由があるんだろうね。本人が一番辛いんだと思うよ。」

「でもぉ、すっごく元気に遊んでるんですよぉ、普通の日は。」

「じゃ、なおさら、相当の理由があるんでしょうね。」


不登校が、
大変なことをしていると思うなら
その大変なことを経験している家族の心情を思えば

野次馬的な
うちは問題ない・・・みたいな
よそはどうしちゃってるの、みたいな
そういうの、未熟者なんだよ。

ま、必要なときがきたら、わかるさ。

死ぬまで分からないことを、幸せだと思うなら、そうであるように私も願ってあげよう。

「人は誰でも自分の望む幸せに向かって
自由に生きる権利を持つ」



いつかの人権セミナーで聞いた基本的人権の定義を思い出した。

そうだった。
いろんな意見があっていいんだから。
優劣じゃなくて、価値観の違いだ。

価値観は変わる。
経験によって、どんどん変わる。

いちいち敏感に反応する、この自分こそが
自分の課題なんだろうな。

  1. 2009/02/03(火) 23:31:50|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
<<時々、はればれ | ホーム | このごろの母>>

コメント

グッチさんへ

ほんとにねぇ・・。
この感情はなかなか忘れられない。
息子が本当の意味で、親なしでも笑って生きていける日々を重ねてくれたら、そのときには「不登校」は「武勇伝」になってくれるのでしょうかね。
  1. 2009/02/06(金) 23:30:39 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

u-たんさんへ

うちが不登校だったといつか知ったとき、きっと彼女もバツの悪い思いをするのでしょうか。
そこで興奮して発言できるなら、「あんなお母さんだから」とも言われるのでしょうか。
人生に不公平はない、という私の持論は、彼女も私の知らない“課題”を抱えて答えを探していると・・・・・。
  1. 2009/02/06(金) 23:27:22 |
  2. URL |
  3. u-たんさんへ #-
  4. [ 編集]

私も

胸がギュ~ってなりました。
未だに痛くなるものがあるんだな。

本当に、ぺいんとままさんは大人だなぁ。
価値観の違い、
確かにそうですよね。
そう思えることを自己満足的に良し!として
胸を張って生きていきましょうネ (v^ー°)
  1. 2009/02/06(金) 22:36:35 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

それにしても

心無い言葉だなあ。
私はそういう場に行かないようにずっと自分を守ってきたけど 
読んでいてギュ~っと胸が痛くなりました。

でも私もそうだったかも。
気が付かないうちに誰かをグサっと。

ありがたい経験です。
経験でしかワカラナイ私ですが、深い想像力を持ちたいと更に思いました。 
  1. 2009/02/05(木) 09:24:55 |
  2. URL |
  3. u-たん #8mQnrvzk
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

そうでした。
私もそうだった。
こうやって学んでよかったんですね。
きっと、孫の代には(笑)若者の理解者になれると思いたい。
  1. 2009/02/04(水) 20:11:59 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

もし、以前の自分に出会ったらぶん殴っているかも…と思うことがある。
未熟?世間知らず?
何かなんも考えとらんかった大馬鹿者だったなぁと、今なら分かる。
相手の身になって考えていると思いこんでいたから、なお性質が悪い。
ごめんなさい。とんだ高ビーな女でした。
こうして、世間を少し学んだ今は、少しはいい女になれているといいけれど。
  1. 2009/02/04(水) 12:34:57 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。