おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今は黙る時

毎週月曜日はドラムレッスンの日。
ファッションをONにした息子と車で30分の貴重な時間です。
いつもはゴムで結んだ前髪も、アイロンなどあてて、気合入ってます。
(最近のF4のヴァネス・ウーだな、と密かに母は。)
レッスンが終わると、本屋でひと時の憩い中の母のもとに「終了」メールが入る。
帰り道は、今日の宿題のリズムを刻んでいる。
小さい頃から“貧乏ゆすり”止めなかったから案外役に立ってる・・。

今日は、ドラムの先生に「10代のバンドのコンテストがあるから、目標もってやってみろって言われた」と言う。
「そしたら福岡まで行けるみたいやし。」

高揚している話に「へえ。楽しみやね。」といいつつ、「通信は自主学習だよね。」と今の話には関係ないことが頭をよぎる。
息子「ティーンズコンテストって聞いた事あった?」
母「いやないよ。」なぜだか水を差したい心境になる。
息子「髪、染めようかな。薬局寄って・・。」
母「もう少し待ちなさい。通信の面接終わってからでも遅く無いやろ。」
息子「なんやそれ。そんなんカンケーねえから通信にしたっちゃろ。どうでんいいし面接なんか・・・。」
母「
沈黙が続く事・・・しばし。
どうでんいいって、どういう事?世間に今の自分で受け入れてもらえるとたかくくってんの?校則無しだって人格は見るんだよ。はあ、あきれた。こんなんじゃ合格したって、先が思いやられる。
これ全部、沈黙の中でしゃべった。口から出したら、噴出すだろう。
すべてが水の泡になる。痛みを生じさせる言葉は怒りを引き起こす。
そう、この子の人生だ。私が知った事か・・・!





私と息子はテンションのあがるタイミングが同時になることが多い。
方向が同じ時はいいが、違う時は感情がぶつかる。
多分、小さい頃は
ずっと母が勝ちをとってきた。
息子は、優しさか恐れかで母の圧勝を認めざるを得なかった。
母は甘えてきたんだなあ、その優しさに。
そこんとこで、
もう、大人のいいなりにはならない。」と宣言した言葉と、不登校を決めた夜の事が浮かんできた。
先生だけじゃあないのよね。あんたのいう「大人」って。

息子は「ブリーチ」を買い、常識的な?程度に脱色して、母は少しナーバスになっている自分に反省をした。
口に出さなかった言葉は、誰も傷つけない。
不登校のお陰で母は大人になれたのかもしれない。
  1. 2006/08/28(月) 22:29:23|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
<<青春だけど清純か? | ホーム | お泊り顔合わせ>>

コメント

パンダままさんへ

やっぱりそうなんですかね。
男の子は母親に似る・・っていうか、父と母と姉の3人暮らしだった頃は、今からすると夢のような私中心の日々でしたね。
「私が振り返るといつも家族が笑ってくれた」藤井フミヤのTrue loveです。ハハハe-263
息子が産まれてから、私はもう一人の私のギャングに支配された感じですね。成長と同時に、脱皮を繰り返すたびに・・・。
しかも、親だし、私。  
責任がある。愛情もある。
まして、息子の感情の変化は手に取るように分かる。
これは、修行でしょう。父や、姉は、私ほどには悩まないんですよね、だって修行ステージが高いから・・・私から訓練されてきた。
ドラムに打ち込んでるんだか、逃げてるんだか分かりませんが、「オレにはこれしかない」って言う物はそれしかないんでしょうから、応援します。
  1. 2006/09/01(金) 09:14:45 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

わかる!その気持ち。

ペインとままさんの気持ち、よーくわかる、分かります。
親には、子供を取り巻いている状況が、見えるだけに、気がかりが沢山。
喉元まで、でかかった言葉を、飲み込むこと、数え切れず。
うちも、ペインとままさんや、グッチさんのところと同様で、
長男と私の考え方や、気が付くことが、よく似ているので、逆に反発しあっちゃうことがあって。
後になって、冷静に考えると、「根本的には、同じことじゃない!」って、ぶつかったことを反省して・・。
打ち込むものを持っている息子さんは、すばらしいですよね。
何もなかったら・・・今よりもっと、息子さんもペインとままさんも、辛かったかもしれないし。
タイトルのように、「今は黙る時」
そうなのでしょうね!!
  1. 2006/09/01(金) 07:58:20 |
  2. URL |
  3. パンダまま #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

おおおおっ
それはすごい偶然ですね。

あの頃のォォ わぁたしにーも・どおって~(体重も)
はぁなーたぁにィv-217v-217ああいいたい

おそまつでした。いつか肉声でお聞かせいたしましょう
イエイ


  1. 2006/08/30(水) 18:10:12 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

しつこくスミマセン

そうなんだ~、
ぺいんとままさんの青春の地に住んでいるんだわしは(笑)
私自身は東京出身で、4年半前に転勤で来るまで全国をうろついてましたが
九州はいいなぁ~福岡は本当にいいって家族でえらく気に入ったし
息子たちももう転校したくないっちゅーんで、
もうしばらくはここにいます♪
大きな声じゃ言えないけど(どんなんよ・爆)、
ぺいんとままさんの心残りの公園は・・・・き・ん・じょ(笑)
いつの日か・・・イェイv-218
  1. 2006/08/30(水) 12:06:26 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

いつの頃からか、息子が怒りを顔に出すと「怖い」って感じる瞬間があります。そんな感情は我ながら情けないですが・・・体力・体格が親を越え、同時に大人の男になっている事実。
「母さん。晩飯、なん?ちょえ~う・ま・そう~。」と言うときの顔は幼いままで、多分、そんな顔に動かされてるんですよ、私。

グッチさんの投稿やコメントから、福岡かなあって思っていました。私も2年間、「美術系」で勉強に行っていました。
ちょうど天地下が出来た年です。同級生じゃないです。e-309間違いないっつv-218
グラフィックデザインの勉強でしたが、卒業しても、薦められた印刷会社を一度も行かず断りました。
ここ宮崎に一度戻り、これで「普通の人生」のコースが終わってしまうのかっていう不安、別の事やりたくて東京に行きました。21歳でしたが、もういい歳だ(遅い)ってすごく焦ってました。
大好きな父が亡くなってから、(私40歳)また絵を描こうと筆を持ちました。そして、不登校からまた中断、トホホです。
父が私にしてくれた事は「私の勝手な決定に投資してくれた事」でした。何の期待の言葉もなかったけど、父なりに私に夢を見たかもしれません。無駄にしないように活かそうかな・・・と。
福岡は青春の地なんです。心残りは大濠公園には一度も行かなかった事。18・19・20歳の思い出が博多にあります。

  1. 2006/08/30(水) 09:44:33 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

ハナミズキさんへ

「子供のいいなりになって!」
「言いたい事いわせて・・いいの?」
もう一人の今までの自分との戦いです。

以前、TVのニュースで父親が、ニートの息子の奴隷みたいな生活してて、「ビデオ録画とか買い物行って来い」だとかに服従してて
暴力もあって、思い余って息子を殺しちゃった事件がありましたが、
子供は放任しても恨み、支配しすぎても恨み、親は自分の持ってる愛情をうまく伝える事がむずかしいですね。
私も「あなたのことが大切」「あなたの幸せがうれしい」なんて言われた事も無く「黙って抱きしめてくれた」事なんて物心ついては、無い。
ダメな物はダメって譲れない事は譲らない。
プラスになることは言葉にする(そうですね)
元気になれる言葉を今日はいろいろ考えてみます。




  1. 2006/08/30(水) 09:09:19 |
  2. URL |
  3. ハナミズキさんへ #-
  4. [ 編集]

私も

も~、ぺいんとままさんのググッと黙るその気持ち、
人事じゃありません~!

ハナミズキさんじゃないけど、
もし言葉にしてクチからでちゃうと地雷踏むぞと思って
何とかやり過ごせるようになりましたが、
私もぺいんとままさんと同じく沸点というかタイミングが似ているので
ここまで我慢できるようになって自分でも大人になったなぁと思います (^^;ゞ

息子くん、染めた髪は常識的な範囲だったんですね。
やっぱ彼の中にも大人の部分があるんでしょうね。
ティーンズコンテストかぁ・・・
ウチの息子は知らないみたいだけどバンド組んでないと参加できんのかなぁ?

けどドラムがんばってるんですね~!
前々から気にはなってましたが・・・・
もしかして私の住む福岡に近いところにいらっしゃるんですよね?
そしたら・・・何かのきっかけでお会いすることができるのかいな・・?
・・・なんて、ちょっと浮かれてしまいました。
もしマジで福岡に来られることがあったら・・・・
連絡ください♪♪
  1. 2006/08/29(火) 20:37:10 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

気持ちわかります!

ウチは娘だけど、やっぱり、ジコチュウです ^^;)
母の沈黙。。。ウチは、しょっちゅう沈黙してます。
これはこれで、あんまり良くないのだけど、
何か言ったら、地雷踏みそうで、何にも言えなくなってしまうんですよね。
たまに、無視されてると思われてしまう。。

でも、やっぱり、言うよりは言わないほうがよいということがわかってるから、
言ってもプラスにならないことは、言うまいと思ってます。
できれば、プラスの言葉は、もっとかけたいと思ってるんだけど、
自分が元気でないと、プラスの言葉も出てこなくて。。

息子さん、ドラムに対して、がんばってて、とてもいい感じですね♪
1つ自信を持って、打ち込めることができれば、
勢いで他のこともできちゃうってことあるから
ドラムをどんどん応援してあげてよいのじゃないかなぁと思います。
やっぱり、元気が一番!ですね。
  1. 2006/08/29(火) 20:13:38 |
  2. URL |
  3. ハナミズキ #-
  4. [ 編集]

ムスカリさんへ

いつもコメントありがとうございます。
常識、正論を語らせたら、子供は親の○年間にかないませんよね。
娘に言わせると、私は圧倒的に自信満々で育てたらしいんですよ。
娘は根性があって成人するまで「自慢の娘」をやってくれて、就職すると毎晩なぞの蕁麻疹。そして、夜遊び。
反抗して、独立して、(経済感覚OK・家事OK)今、戻ってきた娘の本音が聞ける母になったんです。
娘は今はもう蕁麻疹がでません。
息子のほうは、ホントにジコチュウという形で「言いたい事」表現してます。
でもジコチュウって言うと猛烈に怒るんです。
私は『自爆のスイッチ』だからだ(笑)と思います。それを言われたら反す言葉がない。
男の子はナイーブで威張りん坊ですね。




  1. 2006/08/29(火) 15:44:02 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

うん、うん・・

頷きながら、読みました~。
そうです、そうです・・
黙る時なのですよね・・

私も、ずっと、息子との言い合いというか、ぶつかり合いをした時に
息子に勝ってたんだと思います。
常識、正論で息子をねじ伏せていたんだと思います。
まだ小さいから、自分の子供だから責任あるから、躾なければ・・
という、重みもあったけど、とにかく、世間から良いと思われる子供にしたい、と、ずっと思っていたと思います。
ぺいんとままさんのお話を読んで、すごく自覚できました。
ありがとうございます~。

やっぱり、子供に任せる時が来たのですよね。
それが思春期なのだろうか、と思います。

ドラムか、通信制か・・
比べると大人と子供の価値観が違うということですよね。

息子の考えが、ジコチュウで、甘い!!
といつも思うんですけど・・
息子も、いろいろ、大変なのかなぁ・・って最近はちょっと思います。
突き放す、諦める・・という言葉も似てる状況なのだけど・・

ガンバレ~!って、息子を応援したいと思ってます。
  1. 2006/08/29(火) 09:08:22 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/22-637135c9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。