おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Mちゃんの手紙

秋あたりから

週の始まりはイヤイヤ登校しているかのようだった次男。

「はあ、また一週間・・かぁ・・・」    悲しい

行ってきますも小声で玄関を出ていた。

金曜日は

「今日行けば、休みや・・・」

土日は、ダラダラ。


日曜の遅くまで明日の準備もしないの繰り返し。



ある日曜日に、自由参加のウォークラリーに友達と出かけた。

帰宅後は、サッサ着替えて、昼食もそこそこにまたお遊び。


で、

母は汚れたジャージのポッケから、可愛らしい字の“おてまみ”をみっけ。レター

「え・・っ、早えよ。」というのが最初の気持ち。

これが始まりで、お兄ちゃんだってどんどん離れて行っちゃったんだ。

まあ見なかったことにして元の場所へ戻すことにする。
名前はMちゃんか。(笑)

男の子って無防備だ、
いや、母の目が『天網恢恢素にして洩らさず』か・・・はわー;


二人目は、母も余裕なのかそのうち

『ありがたいことやないのうわぁ・・・ とか、思い始めるわけ。

母「次男は、女の子の話なんかせん?」
息子「するよ。最近。」
母「話すっちゃね。何ていってる?」
息子「可愛い?っってきいたら、『みんなは可愛いっていう』って言うから『をいをい!みんな、かよ!!』

(爆)


それから季節は、次男の苦手な寒い寒い冬となるが

次男は元気いっぱいに

「いってきま~す。」と玄関をでる。


家族以外の誰かに、ちょっと関心を持ってもらえたということ。

自分を少し評価してもらえてるということは、あの年頃の子供には
とっても大切なことなんだろうな。

シャツが後ろ前でも気にしない。
(寝るとき着替えるからいいらしい。)

寝癖だらけの髪を「これが個性よ。」と言う。
(個性というよりモヒカン・・・だよ。)

制シャツに絵の具や墨がつこうが
ポケットが破れようが気にしない次男は
そのうち、オシャレな男に変わって行くのだろうか。

癒し系の次男のいいところ
どうかそのままで成長して欲しいな、とふと思った。




  1. 2008/12/25(木) 15:43:42|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<年取りの晩 | ホーム | トナカイ朝帰り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。