おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

凝り性

息子と私の最大の共通点は
好きなことしかできないと言うことかもしれない。

それは、だれだってそうなんだろうけれど
好きなことに熱中する仕方がはんぱでなく、
とことん好きになる。
デメリットも損得もなく、喜んで、はまる。
しかも最速でつっぱしるようなところもある。

将来、さめていくということは想像もせず夢中になってしまう。
完全に“オタク”の部類。

ところが一度、色褪せだすと
まったく跡形さえ残さないように、完全撤退で手をひく。

いろんな道具や備品や衣類は
ゴミと化すのだ。
そんな自分のことわかるようになったのはいつからだろうか。

それでも、先を見越して
心を燃やさないようには、できない。
ヒトタビ気に入ってしまうと、追いかけたくなってしまう癖。

熱は冷めてしまうけれど
投資した分、なにかしら身についてることもあり
その道のプロにはなれないけれど
(自分で言うのも図々しいんだけど)
いわゆる器用貧乏というやつだな。
これは血統なんだろう。

“凝り性”

妹もそうだし、
兄もそうだ。

それは
しっかり子供に受け継がれている。

凝り性とこだわりが
人の個性なんだと、開き直ってみる。



  1. 2008/10/28(火) 14:14:50|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
<<季節が思い出させる事 | ホーム | しわよせ>>

コメント

のんきははさんへ

のんきははさんちも、保留中の品々が・・・。
先日は、「ちょっとここに花でも描いて。」と友人が合皮製のバッグを持ってきました。
描く気持ちと、材料と、時間があれば
(いや時間なんてものは、好きなら作れるものだ)
3~4時間あればかけるもの、を
1カ月かかって、手もつけず
「あちらが勝手に持ち込んだもの、締め切りの約束はしないで受ける。」
というこの優柔不断さが祟って、
結局、何気に催促され、
おわれるようにしてほこりをかぶったペイント(半分は固まってしまい捨てる)や
筆類(ほとんどは筆先が開いてるから、ダメ)を押入れから出しました。
そこには先住者の
布類・毛糸類・編み棒やら・・リボンやら
その奥にはいろんな形に切り取られ、あとは着色まちの
板きれ・フレーム・・・・
あああもう捨ててしまおう!!
  1. 2008/11/10(月) 11:04:19 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

ぱんだままさんへ

子供が一生懸命にはまっている時は
心から応援したいですね。
“感動”があるうちは追求していけるんでしょうから
もっともっとと突き進んでいけるんですね。
音楽には、そんな力があるし、
楽器とであったことは本当に良かったと思います。
ぱんだままさんちの長男君も
納得するまで感動を追いかけていくタイプのように思いました。
  1. 2008/11/10(月) 10:47:48 |
  2. URL |
  3. ぱんだままさんへ #-
  4. [ 編集]

あれもやりたい これもやりたい
興味のアンテナはつきないけれど、私の前に立ち向かう強敵・・・それは、家事。
下手なんですよ。掃除も食事も、時間ばかりかかってはかどらない事この上ない。

旦那のリストラ以降、趣味三昧だった日々から一転 フルタイム勤務で、家事すら満足にこなせない日々。
諸々の残骸に囲まれつつ、手をだせな状態で放置。
ほこりを被り(陶芸の粘土や道具、作りかけのパッチワーク)、錆びて(リースやアレンジのワイヤー)、ぼろぼろになっていくのを経過観察?!
読みかけの本の山。一日中読み続けられた若き日々が懐かしい。今は肩こりがほどほどにしろとストップをかける。
たまに時間が作れても、世帯主の「まだ、やっとるのか」という、不用意な発言が私の手から趣味を取り上げる。
「そんな時間があったら掃除すれば?」
「はい、すいませんね~v-403

そういう旦那は土日テレビの前にどっしり構えてお馬観戦v-67
「厳しい現場で働いているんだから たまにはいいじゃん。(お前は楽な事務のパートだろう)」
「俺は土日は仕事ないから。(お前は家事があるだろう)」
女って・・・悔しい。
子育ての楽しみと天秤にかけつつ、自分をなぐさめつつ、片付かない部屋に心を傷つけられつつ・・・。
パソコンやってると また嫌味いわれるから、起きてくる前に掃除始めてやろう。

  1. 2008/11/08(土) 09:03:34 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

我が家にも・・・

我が家の長男も姫も、同じ様なところがアリアリです。
ということは、私もそういうところがややあって・・・

特に長男は、自分にとって必要だと思うようなことがあると、
もうそれだけで頭の中が一杯になっちゃって、
夜も眠れない、うなされる・・なんてことはしょっちゅうです。

もう、凝り性って域は、とっくに超えて・・・

でも、それが冷めた時には、
周りが「あれは一体なんだったんだろう??」なんて思うほどの変わりようi-229
だけど、
それだけ一生懸命取り組んでいたことだから、
やっぱり、それなりのものは身に着いていて、
すごいんだなぁって感心する時もあるんです。
『きちんと(正しく)経験する』ってことは、大事なことですね。

白状すると、
今、長男が必死にやっている音楽が、
そうならないことを、秘かに祈っている私なのですv-421
  1. 2008/11/07(金) 09:48:25 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。