おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

私の夏休み

夏休みの思い出は、じいちゃんがやってた『海の家』。
沖合いは太平洋で、漁船が行き来する入り江にあった。
直ぐそばを国道10号線が走っていて、自分ちの「トトロ海岸通」バス停から2つ目の「トトロ海水浴場」には水着のまま歩いた。
(ジムリが喜びそうな名前です)

小学校低学年ぐらいだろうか・・シャワー室の前に腰掛けて「1人10円」と書かれた箱の前に座り、色とりどりの水着の人の出入りをジーッとながめていた私がいた。当時はビキニなんて見るとドキドキしていた。

ある時はカキ氷をテーブルに運んだ。
家族連れやアベックやビーチサンダル・・砂のついた浮き袋やバスタオルの上に寝かされた赤ん坊。
そんなものをすり抜けながら、真っ赤な氷蜜をかけ、白砂糖をかけたじいちゃんのごっつい手から、カキ氷を受け取り、せっせと運ぶ。
クーラーもない、海風が通りぬける「せんりや」という海の家。

働かされた、という記憶でもない。
楽しくて仕方ない、という感覚も無い。
させてと頼んだのか、運んでと頼まれたのかももう今は確かめる事も出来ない。おこずかいなんてもちろんない。

ある朝は1人で泳いだ。誰もいない海・・・そのはず早朝だから。
飛び込み台も独占。黒いゴムチュウブの浮き輪もじいちゃんの物はタダ。太陽が高くなると人が溢れ出し、また、シャワーの番。

そうやって過ごした夏が何回だったかも覚えていない。
そこにいる私は、ニコニコ笑ってもいない。
べちゃくちゃしゃべりもしない。

3年生になって夏休みの心得を先生が話された。初めて10時まで外出禁止と聞いて驚いた。隣の席の子に
「今年から、初めてやね。」と耳打ちしたら
「なんいいよっと?お兄ちゃんの頃からずっとやが。」と言われた。
あまり、回りの決まりごと、知らなかった。
 夏休み前には「東映まんが祭り」の映画の割引券が配られる。
「ねえ。これ見に行かん?」と聞くとたいていは
「帰ってお母さんに聞いてみるね。」と返ってきた。
私にとってその返事は不思議な感じだった。親に許可もらうんだ・・

夏が終わって、海の家は軒並み閉店する。跡形も無くたたまれる。
それでも、ゆきちゃんを誘って泳ぎに行った。
8月31日をもって海が遊泳禁止なんて彼女も知らなかったに違いない。

秋の海はあったかい事、身をもって学んだ。
あったかくて、静かで、温泉気分。
そして、海から上がれなくなる。
秋の空気は冷たくて、砂浜のうえに置き去りのタオルには秋風が砂をかぶせていた。
寒くて寒くて、出たり入ったり・・・・

でもそんな時の私が女子高生みたいにキャアキャアと笑ってた記憶が無い。

私は何をしても自由で、誰にも干渉された事が無い子供だった。
「よくぐれなかったね。」
と誰かに言われたが、親には信用されているようなつながりがあった。
その頃は寂しさを感じた事がなく、大人になってから
「さみしかっただろうなあ」って自分に同情した。
だけどその時寂しくなけりゃ、きっとそれで良かったんだ。

出張の多い父が、なぜか好きだった。
私だけに選んで買ってくる本と、寝る時に話してくれる作り話の、主人公の名前がちょっと私の名前をもじっていたから、幸せを感じていた気がする。父のフトコロで寝た記憶。
母は障害をもつ兄に必死?だったから、私がどうして大きくなったか覚えていない、と言う。
写真も兄に比べるとはるかに少ない。赤ちゃんの頃は2,3枚。

トトロ海水浴場で過ごす夏休みは、静かな記憶になっている。
じいちゃんとの会話は全くおぼえていなく、大工仕事でならしたごっつい手と白いランニング。黙って、熱々のとうもろこしを差し出す腕。
あんな時間が私をゆっくりと育ててくれて、今では宝物です。

あの時間、空間を自分の子供達に体験させてあげる事ができるなら。

こまぎれの時間の中で、宿題・お風呂・やれゲームはあと何分、部屋かたずけて、プリントなおしなさい、夏休みはあと何日とか張り出して、追い立てているのは、誰の為だろう。

夏休みももう直ぐ終わり、川に行く約束は台風に流されていった。
私の好きな海は、この町にはなく、実家に帰ってもトトロ海水浴場は汚染で無くなり、整地され、サッカー場になった。
かつての私の2階部屋から遠く、あの入り江が見えるが、この夏はそれすらみていない。

このトンネルぬけたら、あの頃みたいに世間のルールを気にしない自分になって、夏休みがほしいなあ。

  1. 2006/08/25(金) 14:51:31|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<お泊り顔合わせ | ホーム | なんてったって高校?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/20-ffa47459
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。