おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

四回目の秋

息子が不登校になったのが
運動会後のこんな季節だった。
今年は去年ほど、フラッシュバックしたような緊張感もなく
あのときの感情が思い出される数も
減った気がする。

今日は娘が
先日挨拶に来たヒロピと一緒に借りた部屋に引っ越す日で
夕べは家族でお鍋を囲んだ。

レッスンから帰る息子と父を待ち
次男も秋休みに入るというのでのんびりとしていた。

遅くなった夕食に、久しぶりに5人揃っての夕食は
このうちに引っ越してきてからの

息子中1からの6年間
次男小2からの6年間

そして
娘が成人してからの6年間を思い
胸がいっぱいになった。

今日、娘たちは入籍して
新しい生活に向かって
人生の中でのまた新たなスタートをきる。

ヒロピのご両親は
一人娘を嫁がせるというのに順番が後先だということが申し訳ないと
何度も口にされていたが
幸い・・というか母はそんな事はこだわらない。
本人たちが決めたとおりで何の依存もなく
同居の前に籍を入れる、という決定が
むしろスジを通してくれたんだろうな、と
感じた。

披露宴は来年に。
すべて自分たちでやってみるから、心配しないで・・・という。

あきれるほどに
娘は
母の知らない間に自立をしていた。

「こいつと結婚させて良かったと、必ず思ってもらえるようにします。」
そういう彼は仕事中の事故で右足骨折中。
息子は引越し手伝いを頼まれて
せっせとお役に立っている。

仕事を休んだ母と
いいというのに仕事を休んだ父には(かわいそうだが)
出番がない。


辛かった秋の思い出を
この記念日が
塗り替えてくれそうな気がした。


  1. 2008/10/10(金) 09:31:26|
  2. 娘のこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
<<一人時間は大事 | ホーム | 自分のバランス>>

コメント

フランさんへ

ありがとうございます。
お相手のご両親とのお食事がありましたが
あんなに緊張して食事するのって初めてでした。
だって、娘の姑・・・でしょ。
私と同じ年だということが唯一の救い。
変な冗談いってあとあと娘がどう思われるか・・・とか
頭の中はガリレオでした。(計算できない方程式)
イセエビの味、わっかりませぇんでした~(笑)
もう一度、ゆっくりいって食べた~いっ!!

息子は無報酬ではなく、姉のヘアーアイロンをゲット。
  1. 2008/10/12(日) 20:23:14 |
  2. URL |
  3. フランさんへ #-
  4. [ 編集]

U-たんさんへ

娘が反旗をひるがえしたころ、
私はまだわかってなかったんですね~
20歳でうちを出て行くときに
「あなたが心配だったから、追い掛け回したと。」といったら
お母さんが私を心配してるとは思わなかった・・と言いました。
ただ、怒るだけ。ただ、良いか悪いか教えるだけ。
お母さんは絶対。
思い通りにさせようとしてるだけ。

私ってそういう母だったので、
そういう母にそっくりな息子によって
ずいぶん学習させてもらいました~(;:;)ハァ・・・
でも、娘も母のこと、あのころより解かってくれました。
娘の反抗期は成人してからでしたね。
  1. 2008/10/12(日) 20:07:11 |
  2. URL |
  3. U-たんさんへ #-
  4. [ 編集]

ぱんだままさんへ

娘が成人して、彼と知り合ったのですが
半ば勘当のように、傷心でうちを出た娘は
我が家が一軒家へ引っ越すときはもういませんでした。
一年後、彼の説得で
娘はうちに帰りたいと言ってきました。
一番賛成したのが息子でした。『異存なし』。
ひどい夏風でやせ細ってしまった娘が我が家にもどってきたその秋に
息子は「もう学校へは行かない」と決めました。
あのころは、
つわものどもが夢の跡・・・とおい昔のようにも思えます。
  1. 2008/10/12(日) 19:57:04 |
  2. URL |
  3. ぱんだままさんへ #-
  4. [ 編集]

じんわりきます・・・

お嬢さん、ご結婚おめでとうございます。
なんか、じんわりと染み入る素敵なお話ですね~。
秋は、我が家にとっても、辛い思い出のある季節。そんな季節を塗り替えてくれる幸せな記念日が出来て、良かったですね。
息子さんも、お姉さんのお引越しに、しっかり活躍していて、頼もしいです!!
良いお話をありがとうございます。
  1. 2008/10/11(土) 23:21:52 |
  2. URL |
  3. フラン #mvIUoD6A
  4. [ 編集]

静かに胸に迫る幸せ

泣けました。
娘さんおめでとうございます。

>母の知らない間に自立をしていた。
そういう風に子供達が巣立っていかれたらいいなあ

コメントできなかったのは私だけじゃなかったのですね~
  1. 2008/10/10(金) 19:18:46 |
  2. URL |
  3. u-たん #8mQnrvzk
  4. [ 編集]

素敵だなぁ

何だか、とっても幸福感満載な記事に、心が温かくなりました。
お嬢さん、素敵な方と新しい人生を歩まれるんですね。
おめでとうございます。

この6年間って、きっと怒涛のような日々だったのでしょうが、
ふと感じる事が出来る幸せをかみしめることが出来る喜びは、人一倍のような気がします。

本当に、素敵な記事をありがとうございました。
そして、お嬢さん、どうぞお幸せにv-22
お婿さんは、足の怪我が早く治りますように・・・
  1. 2008/10/10(金) 11:15:51 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。