おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やつあたり

夕方、自宅へ向かう母に次男から電話が入った。
担任に電話をして欲しいというので
いきさつを大まかに聞いてから、担任の携帯に電話した。


いきさつとは・・・・

放課後、次男が友人と係りの仕事をしていると
男子先輩Ⅰ君がやってきて(3年)
友人に対してやりとりがあり、
「むかつく」「顔がキモイ」・・・なんていう一方的な暴言をはいた後
別の上級生U君を伴って再び戻ってきては
教室内を追っかけまわし
襟首を捕まえて、引きずった。・・・これは次男の説明。

次男には被害も攻撃もなかったらしいが
一部始終を見ていて
大変恐がっているので自宅まで送りました。・・・これは先生の追加の説明。

 「3年男子生徒は、職員室に呼んで、今指導しているところです。」 
 「次男は先生に話したことがばれたから、学校行くのが恐いって言ってますけど。」 
 「そこは指導しますから大丈夫です。」
 「ではよろしくお願いします。」
といいつつ、一抹の不安。

すっかりヘコんで、部屋にうつ伏せで横になっていた次男は
少し落ち着いたのかポチポチと、思い出しながら話し始めた。

友人が泣き止まないのでどうしようもなくて
先生に話すことになったいきさつ。
たくさんの先生が職員室にいて、2人の話を聞いていたこと。

3年の担任が保護者に電話した。
担任「明日にでも、こちらに・・。」
   校長「今すぐ来るように!」
担任「あ、今からきてください。」
   校長「大変な事件ですから!」
担任「・・大変な問題です。」

次男はその様子を
「センバ○○チョウよ!  びっくり。」と評した。
真剣で真面目顔で話すのだけど
母は、そう表現する次男がセンバ○○チョウを知ってることを、笑った。

報告してから職員室から出ると
呼び出された3年生と出くわした。
次男は顔を見られた。
それで「学校、行きたくねぇ・・・。」
ってことらしい。

「明日、学校に来なさいね。大丈夫だから。」と美術の先生からは言われ
担任は自宅まで車で送ってくれたのだ。
恐がっている・・と見た目でわかるほど、次男が目撃した場面は衝撃だったんだろう。


母は友達の
3年生の父兄に早速電話してI君とU君について尋ねてみた。
2・3日前に学年内で問題を起こしたらしく
「この次に被害を受けた子供の父兄は警察に電話してください。」
とまで学校に言われているそうな。

「それって、低学年に八つ当たりしたんだろうね。」

と友人は言う。

被害にあった次男の友人はとても体格が良くて
次男と並ぶとまるで
ジャイアンとノビタ。
先輩と彼のやり取りは、日頃兄貴にこなされてる次男には
ありえない態度だったらしい。
反抗的に見えなくもない。

「はい?」
「はあ・・・」
「いや、べつに・・・。」

次男が、息子に改めて話すのを聞いていたが
電話で先生が「大丈夫です。」といったと聞いた息子は
「なんが!先公が入ってきてうまくいく事、ねえし!!」
「普通、会わんように帰せよ、気がきかん!!」
我がことのように怒る、怒る。
先生は守りにならない・・・と次男に言ってるようなものだ。

「大丈夫よ。ここまで次男を心配してるんだから、先生は普通以上に気をつけてるはずだから。」
そういいながら、
「不登校だった兄をもつ次男を
教師たちは“不登校予備軍”としてチェックしてるのかもしれない。」と、ふと思う。

息子が嫌いだったと言う先生は、まだ数名いる。

無防備な次男が
先生にも生徒にも、脅されることなく

やつあたりやストレスのはけ口になることなく

中学生活を送って欲しいと願う事件だった。


  1. 2008/09/26(金) 11:43:24|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<[大変なことになる] | ホーム | 運動会をみる>>

コメント

のんきははさんへ

学校での出来事には
子供の話から推測するしかないですから
「私に任せてください。」という先生がいれば
両方の事情がわかるのだからそうするしかないですよね。
加害者側も被害者側も、親の立場は手も足も出ない。
今回は、当事者であっても目撃者のようでしたが
こんなことが、きっとまだまだ起きるのでしょうね。
  1. 2008/10/05(日) 08:46:10 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

辛いですねぇ。
母として手の出せない領域に子どもを送り出さないといけない毎日。

同級生から殴られた後にかかった先生からの電話が 『息子さんにも原因がある』との含みありの説明で、でも反論することもできない。こっちは見ていないんだから。
息子はそんな子ではない…と思う。
だけど、学校で"闘っている姿"は見ていない。息子の言ったことしか判断材料として持っていない弱さ。
それだけでは 「私はすべて承知しています」と言い切る教師に太刀打ちなんかできない。
それでも、毎日送り出す。
「どうか、今日一日 無事でありますように」と祈りながら。
  1. 2008/09/30(火) 12:32:14 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。