おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

どうやら登校

サンパツ前にあんなに
「腹減った~。」と連発していた次男が
食卓にも着かず、車庫の車の中で自分と格闘していた時間・・

詳細を知りたい息子が、真面目な顔をして
母が父に話している内容を黙って聞いていたが

「腹が一杯になれば、気が治まるから、なんか食わせてやったらいいわ。」
といった。

そうだ、忘れていた。
こんな時、子供の好きなものを作って食べさせる。
それしか出来なかったけどそれが母の出来る基本だった事。

「ご飯できてるよ。」と呼びにいったら
くしゃくしゃのテイッシュペーパーに囲まれていた。
真っ赤な目で・・・・DSをしている。苦笑い

黙々と(ちびちびと)食べていた次男が、クスクスと笑い出し
「はああぁ・・・疲れた。」 (泣きつかれ?)

「この髪形、洗ったらすぐ乾くし・・・。」
 (おお、前向きか?)

「宿題、残ってるから、学校行きたくねえって思っちょったと。・・・ついでに髪の毛も理由になるかも・・とか。」 (自己分析まで?)

自分の部屋に戻り、宿題に取り掛かったようだった。

少しだけ安心してたが、次男の不安症がなくなったわけじゃないので
また、感情が戻ってくるだろうと覚悟して、休んだ。

朝3時半。そっとドアが開いた。
「お母さん。全部、終わったけん、オレ大丈夫やろか。」 
半べそかいている。
「心配を全部、言ってん。」

「英語のノートがどこにもない。」
「数学の丸付けは、するかしないのか、わからん。」
「それに全然寝てない。」


髪のことは言わないが、たぶん、それも大きい不安。

「今日は初日だし、すぐテスト勉強に入るから、たぶんノートは要らないよ。」
だいたい英語のノートなんて4,5ページも使ってない。
プリント、プリント、プリントなんだから。
「丸付けは・・・ま、休み時間でも、最悪、居残りでもやれるよ。はい、ここで寝なさい。」

次男は、素直に父と母の間に入ってきて
母は、すっかり目を覚まして台所にたった。

3時半まで、何をしてたのか。丸付けなんて、やっててしかられるもんでもない。
不安と格闘しながら、誰かに聞いてもらいたくて
安心が欲しくて・・。

そういうこと、この先次男には、当分続いていくだろう。
叱っても、急き立てても、しょうがない。
どうもうちの子達は、デリケートにできているらしい(母似?)

学校までは、車で送っていった。
ほんと、甘いねぇ。
誰も中学生がいないタイミングで車から降りた次男は
振り返りもせずに校門へ駆け足で向かった。

がんばれ!中学生!自分にも言い聞かせた。






  1. 2008/09/01(月) 16:48:00|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10
<<息子の睡眠時間 | ホーム | バリカンのトラウマ>>

コメント

れいんぼーままさんへ

え‶え‶え‶え‶~!!!v-12
そんなんありっすか?
評価付けないと困るんだろうと思って
むりくり(むき栗じゃないよ)登校させて
試験だけ受けさせたことか・・・・



いっか。

うちが1もらって、
1もらわずに済んだ子がいた、としよう。(爆e-353
  1. 2008/09/08(月) 12:32:16 |
  2. URL |
  3. れいんぼーままさんへ #-
  4. [ 編集]

uーたんさんへ

いらっしゃいませ~v-300
実はu-たんさんとはあちこちでお会いしてます。
あ?もちろんブログです。
子供が学校行かなくなったときは
まさに“晴天の霹靂”というやつで
シチテンバットウの日々でした。
学校の先生の位置を少し目上に置くことで、きっと子供にもそうして欲しいと思っていたような気がします。
子供が学校に強く拒否反応を示した時に
「そうじゃないよ。学校は絶対なんだよ。」と
実は心底思ってなかった自分・・・に気がついたんです。
気がついてしまったら、今度は息子の言うことが
いちいちもっともな気さえしてきました。
「先生の手下」だった自分が息子の敵でもあった。
一般的でいようとするほど無理をしないといけないなら
一般的でなくてもいいやと、開き直って
ようやく不登校の呪縛を自分で解いたような気がします。

  1. 2008/09/08(月) 12:25:00 |
  2. URL |
  3. uーたんさんへ #-
  4. [ 編集]

オール1

成績表オール1・・・評価がつくだけいいじゃないですか。うちの息子が中学の時なんて判定不能で「斜め線」でしたぞ。

  1. 2008/09/06(土) 15:30:56 |
  2. URL |
  3. れいんぼーまま #Dg/6wNbc
  4. [ 編集]

はじめまして♪♪

のんのんさんのところではありがとうございます。
『教育者の目線では・・嫌だなあ』
って、長男が学校に行かなくなって思ったことです。
母は母。学校の都合や理論に巻き込まれない母でいたい。
先生の手下みたいになるものかって。
それまでそうだったので(汗)
まず子供の気持ちが大切って当たり前の事に気が付きました。
次男君、素直に心の中を話して、それを優しく包むぺいんとままさん。
そして良くわかっている長男君。
本当に素敵です。
言葉が足りなくて気持ちをうまく書けませんが、
私もこんな風に日々向き合いたいと思います。
  1. 2008/09/05(金) 05:45:56 |
  2. URL |
  3. u-たん #8mQnrvzk
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

お久しぶりですね~ありがとうございます。
姫ちゃんがついに進学の時期ですか。
うちは後二年後ですが、亀さん走法ですから
「高校資格」を持つにはホントは通信がベストだと思います。
ただ、こつこつ独学できるかって言う点ですね。
親掛かりで高校に行くような結果になってしまうんじゃないかと・・・
まあ、今は考えないで置こうとおもってます。
目の前のことがいろいろありすぎて(笑)

パンダままさんのブログ、前向きで、優しくて元気もらえます。
成績表オール1番!!うちでも笑っちゃいましたよ・・・息子のには。
むしろ、つけた先生が母のことを気にしてるかもね~って
逆に気の毒になりました。

  1. 2008/09/04(木) 15:22:25 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです

すっかりご無沙汰しちゃいました
パンダままです

何だか、読んでいてほのぼのしちゃいましたv-22
何だか、涙も出ました。嬉しくて・・・
次男君の頑張り、素晴らしい。


ぺいんとままさんと次男君の関係
しっかり絆ができているンだなって、嬉しくもなったりv-9

子供が不安で仕方が無い時、
母親が抱きしめることって、大事ですよ。
たとえ、本当に抱きしめる事はしなくても、
そんな思いで子供を見守る事、なんにも悪い事じゃありません。
誰にも恥じる事じゃありません。
何より、子供の自立を邪魔するものでも何でもありません。

他の方へのコメントをちょっと読ませていただきました。
私も、昨日、長男を迎えに行きました。
今日も、迎えの予約が入ってますv-356
でもそれは、
長男が明日に向けて踏ん張るためには、必要だからなんです。
私は、そう思って迎えに行ったりしてます。
(ガソリン代は痛いけど・・・)
私に、
「マザコン息子と子離れできない母親」って言い放った、中学の以前の教頭だったら、何を言われるかと思いますが、そんな奴、べーって感じですv-7

下の子は、どの高校を受験するのか決めました。
お兄ちゃんと同じ通信制です。
子供が自分で決めました。
無理をお願いして、
高校の先生に、2時間半も二人だけで話す時間を取っていただいて、そうして決めました。

子供は、みんな頑張ってるのですよね。
自分なりに・・・・v-354

  1. 2008/09/04(木) 09:59:36 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

グッチさんへ

9月2日・・・朝。
次男が母に見せたプリントには
夏休み明けの、女校長の訓戒で
「学校に送ってくる。」「忘れ物を届けてくる」
「冷たいからといってお湯で顔を洗わせる」
そんなことをして子供の自立を云々、と書かれてありました。

だから内緒で、こそこそ送ります。
いいんです、うちの子だから。v-8
自立の時期は、ひとりひとり違う、と
子供のいないひとにわかるはずはないです。
  1. 2008/09/03(水) 10:29:24 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

高校を選ぶ、という日が必ず来るんでしょうが
高校行かないと言い出すかも・・・
じゃあ、お兄ちゃんの高校(通信)でも、と流してしまいそうな予感もある。
息子と次男、似てるようで・・・違う。
違うようで、似てる。
5歳の年の差は時代も校風も違っていて戸惑うことがおおいです。
  1. 2008/09/03(水) 10:10:15 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

わかる。

次男君の素直さ、純粋さ、
それを受け止めるぺいんとままさんの寛容さ、
すごくすごくわかります。
学校まで送る、だなんて
ウチだって数え切れないくらいしてました、
息子にも次男にも。
そのくらいで少し機嫌がよくなったり
少し元気がでるんだったら、なんでもする!
ですよね♪

それにしても、息子くん頼もしいいーー♪
なんだかんだいっても、
息子くんの経験が活きますね!
  1. 2008/09/02(火) 22:44:20 |
  2. URL |
  3. グッチ #DtDn.hGw
  4. [ 編集]

虎馬

次男君の葛藤に 思わず泣きそうになりました。
トラウマって、弟の心にもしっかり残りますね。
うちは受験の時。私立高校は兄の学校しか奴には考えられなくて、絶対行きたくないけれど そこしかないという状態。公立高校だけという冒険をするほどの度胸もない。
合格したらどうしよう。だけど、手を抜いて兄弟そろって馬鹿にされたくない。
だけど 絶対入学はしたくないと、悩みに悩んでいましたっけ。
兄のことを詳しく知っているはずの友人が何人も入学したため、わだかまりを感じているらしく この夏休みも一度も遊ばなかったなぁ。

とにかくよく頑張りました。弟君もぺいんとままさんもね。
  1. 2008/09/02(火) 17:59:36 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。