おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

父、救急病院へ

日曜日、友人たちの誘いでボウリング ボウリング に言った。

1ゲームしただけで抜けた父は、駐車場の車で待ち
3ゲーム終わって戻ってきた母と次男と食事でもしようと言うことになっていた。

後部座席でダンゴ虫のようにうずくまり
呼吸も絶え絶えにハアハア 汗汗 「生唾が出る・・・胃が痛い・・・もう帰ろうや。」という父の様子に、
腹が空きすぎたのかなぁとかあれこれ考えながら家路を苦笑急いだ。

実は、女子バレーのTV観戦をリアルタイムで楽しみにしていた父は
ボウリングにはあまり乗り気でなく
母も体調が悪かったけれど

連日の"勉強三昧”のオツカレサマの意味もあって
ここは父と母とで次男の行きたかったボウリングに参加したところだった。
行きたくない態度で、しぶしぶ動く父に
ちょっと強く発破をかけてしまい  うーん 
まったくう~もう・・・・とか思いながら無理に誘う出した感もあった。

自宅で軽い夕食をとり、痛みも治まり、食欲もあり
「やっぱり、腹が減りすぎちょったかも。」
と本人も言うので、月曜日も通常通りの、出社だった。

ところが、その夜。
次男が「お母さん。お父さんがうずくまっちょるよ!!腹が痛ぇって!!絵文字名を入力してください





23時30分。
この市に移ってきてから救急病院の世話になったこと無くて 
ましてや救急車を呼んだりすれば
"メデューサ”を起こす事になる。(命名;息子 目 )
着いてくるだろうし、何を言い出すやらわからん。

で、車で夜の道を母の運転で走り、医師会病院で検査を受けたのが12時30分。
夫は相変わらず車椅子で前かがみ。
声を殺して唸っているその様子はまるで陣痛のようだ。

毎年のことだけれど、父の仕事は
この時期仕事がなくなると"自宅待機"の連絡待ちとなる。
まさに、火曜日からそうだった。
うちの中のこと、そして仕事のこと、そんな疲れが出たのかもしれない。

検査でわかったことは、血液検査、注射2-1異常なし。
肝機能、異常なし。心電図、異常なし(数分間)。
白血球、正常値。尿にも特に異常なし。
触診してみても、抑える、抑えないにかかわらず同じ痛みという。

みぞおちあたり。本人は"胃” だと断言する。

朝2時半ころまで安静にして、痛みがずいぶん治まってきたので
薬も注射もなしにて、帰宅。

その日の午前中、食事抜きのまま胃カメラを飲む検査に出かけた。
胃の出口辺りに軽い炎症ありで、ガスターと書かれた胃薬を2週間分いただく。
「先生、このくらいの炎症でも、あんなにうずくまって話も出来ないくらいに痛むんでしょうか?」
(母は胃潰瘍経験があり、とても信じられなかったので。)

その医師は夫の痛がっている姿を見ていないので不振そうにしていたが
「私は心臓じゃないかと、実は心配していたんです。」というと、(胃カメラ希望としか思ってなかったのかな)

24時間の(携帯)心電図機をつけるという運びになった。

機械装着中は、あの痛みは無くて複雑だわ・・・・・。

データ解読まで1週間待ちということらしい。
精神的なものなのかなぁ。
  1. 2008/06/26(木) 14:18:28|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<50の憂鬱 | ホーム | めいっぱいグチ>>

コメント

「怒ったあと」

そうです、それでしょう。
いきたくないボウリングに参加させようとして
ちょっときつく言いました、私。
私もいっぱいいっぱいになってたもんだから・・・。
行かないとは言わなかったんですが
「子供より、TVが優先か?!」と思いまして、ね・・アハハ。
温厚な人ですが、最近年のせいか
カーッv-359となることが多いですね。
その最上級の怒りを、押し殺して、出かけた・・・みたいな。
ただし、1ゲームしたのは本人の意思ですけど。

あれが引き金かもって、実は思ってます。

(ああああ~、こっちにも気を使うんじゃあ、やってらんねぇ~)
って言う自分がいます。
つくづくジコチューというか、情けなくもあり、です。


  1. 2008/06/30(月) 16:31:38 |
  2. URL |
  3. kiyoyoさんへ #-
  4. [ 編集]

ご主人様 その後 いかがですか?
この前 テレビで心筋梗塞の症状の中に
みぞおちの痛みがありました。
やはり24時間心電図を付けないと解らないようで
要因はストレスや怒った後、というのが多いようです。
ストレスをなくすことは難しいでしょうが、
今度 同じ症状が出たら すぐに病院に行かれることを
おすすめします。
  1. 2008/06/28(土) 15:32:26 |
  2. URL |
  3. kiyoyo #-
  4. [ 編集]

う~ん。十二指腸潰瘍か・・・・
私は、松山千春氏の狭心症を疑ったんですが
心筋梗塞症、とか。
義父がペースメーカー付けてるので、遺伝的に(?)
心臓血管が細いのかも、とか。
でもいずれにしても引き金はストレスでしょうね。
毎日、自宅にいるようになった夫は
外食好きの義母に連れ出され、または質問攻めを想定してか
リビングの模様替えを
たった一人で決行しておりました。
「やりすぎと違う?」と娘は心配顔です。
  1. 2008/06/27(金) 14:42:56 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

大変でしたね、
一応それだけですんでよかった・・・。
精神的なもの、あるかもですよね。
自覚はなくても、身体は反応している、みたいなものかな。
何事もないよう、お祈りしてます。

私は若い頃、十二指腸潰瘍やりましたが・・・
そのときはあまりの激痛で救急車に乗りました(はずかしかったっす)
同じ姿勢で寝ていられず、ベッドから落ちてもがき苦しんでました。
痛みの感じ方はきっと人それぞれかもしれませんね~、
私は子ども産んでからかなり痛みには強くなったと思います。

  1. 2008/06/26(木) 21:31:23 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/170-ba351189
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。