おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

親睦を深めたい?

中学校は日曜参観で、
授業のあとはPTAミニバレーボール大会。

すべての役から退いている母は
“麦茶”の用意も“場所取り”“差し入れの管理”“おつまみやお弁当の世話”
“応援グッズ”・・・・全部、解放されている。平安だ。

授業の始まるギリギリに音楽室へ行き、
指3本縦に入りそうな大口をあけて
ハローハローと歌う次男の姿をみて笑ってしまった・・・

と、そうすると
またまたどこか心の隅から
中一の息子が台頭してくる。

今頃、クーラーのきいた部屋で寝ている姿を打ち消しながら
授業終了のチャイムとともに教室をでて
靴箱へ向かいながら
知っている顔に、会釈。

校門を出るまで、ずっとこうやって自分を監督しながら
緊張して歩く。

「あれぇ?〇〇さん、帰るの?試合は?」

「えへへへ。後期高齢者は勘弁してもらいましたぁ汗

「応援ならいいんじゃない?」

「ううん。心臓に悪いから・・・。苦笑い

「またまたぁ!にやり部活は何に入ったんですか?」

「美術部に・・。」

「どうして体育系にしなかったんですか?」

彼女は別の小学校からあがってくる父兄で
息子と同級生の子を持つ。
で、中三のときは一緒に役員もした。
私が苦しんでいるときに、想像した状況だけで
「先生を教育委員会に訴えたら?」とか、「校長に談判したら?」とか
いろんな提案をいつも投げかけようとする方で
野次馬的世間代表広報担当だった。
卒業謝恩会のときに、先生と話している中に割り込んできて
(お酒も入っていたけれど)
息子の話を同情心満面の顔でし始めた。

「不登校になった子供を持つ親の気持ちは、同じ経験をした人にしか絶対にわからない。」

勇気を出していったその言葉が彼女と話した最後だったはず。
彼女は、真顔になった。

どうして体育系にしなかったんですかひょえ

この「何にも深い意味はないんですけれど・・・」を装った無神経な質問は
当然私が、おもしろジョークで返してくれるという期待と
とうに昔の思い出になって、息子は立ち直ってるという根拠も無い信頼をこめた
イヤミ・・・だった。

しかも当人は気がついていない仕返し。

こういう事を掘り下げて考えてしまう母も疲れてしまうけれど
刺さってしまった感情を無視して受け流しても
次へ進んでいけないでかえってストレスになる。
気になって、後でフラッシュバックするから

確認して分類わけ?するのは早いに限る。困りベロ

懐の攻撃用の散弾銃に手を当てて心を落ち着けるわけだ。

①発目  「部活に、土日を潰すほどヒマひまじゃ無いわ・・・。」
②発目  「はあ、学校なんて授業だけで充分なんで・・・。」
③発トドメ  「決めたのは本人ですから、その質問は変ですね。」

携帯はしていたけれど引き金は、銃(リボルバー)SW 60引かず。
たいした弾でもなく、殺傷能力も低い。
引き金は引かないで重いシャッターを静かに降ろした。


靴箱からグラウンドへ、駐車場へ、体育館へと
ジャージ姿の父親や母親が
気ぜわしく行き来する中で、日傘を広げてゆっくりと歩いた。

ゆっくりと胸をはって
背筋を伸ばして テニスコートの脇を風に吹かれているうちに

“学校のこと”で走り回っていた遠い日の自分が
子供のためだと疑わないでいたけれど
とっても無駄な時間を過ごしていたのだ、とふと思った。








  1. 2008/05/27(火) 15:54:12|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<勉強、協力するね | ホーム | 友達が怖かった>>

コメント

やっぱり経験しないとわからない事ですね。
しかも同じ不登校の経験でも、また事情は違う。
痛みや心配は同じでも、手当てが違い個性が違う。
いろんな事をとおして
私もまた自分の尺度で絶対に人は測れないんだなぁっておもいます。
距離を置くこと・・・そうですね。
わたしもそう思います。
傷には触れない距離、ですね。
  1. 2008/06/02(月) 16:26:46 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

朝、起きれない。
起きようと固く決意して、寝たはずなのに起きれなくて
自分の問題だと判っているのに
「なんで声かけてくれなかったか。」と機嫌をそこねる。
これはみんな共通みたいですね。
あまりに同じすぎて不思議なくらいですね。
  1. 2008/05/29(木) 10:47:23 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです・・

私も最近、近所の人で、息子の噂を陰で流してたようなことが耳に入り・・・
付き合いがある人だけに、がっくりきました・・
会えば、ニコニコしてくるし・・・
世間の価値観は、いつまでも変わらないのね~ってつくづく、思いますが・・・
当たらず、触らず・・・やってくのがいいのね、って思います。
  1. 2008/05/29(木) 10:10:16 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

元気そうでよかった

元気そうだね。
全然変わってないね。

いろんな人から長男について言われた言葉。
変わってないよ 午後は。
夕方以降はもっと元気だよ。
朝は・・・・・・
変わってないよ。
「起きるよ」「大丈夫。すぐ起きるから」「学校へ行くよ」
二年前とあまり変わらない会話が続く。
そして「なんで起こしてくれんかった?」って。 さんざん起こしたし。

他人は、そんな朝の景色を知ることはない。
外にいる長男は元気。外へ行くまでの長男は・・・二年前と比べたらめちゃくちゃ元気になりました。
でも、元通りの"元気"になるには あとどのくらいかかるのか。
・・・というより もう元には戻らないだろう。
昔とは違う息子になったと思う。それを他人が知ることはない。

精一杯つっぱっている新しい息子のことも 愛している。
それは間違いない。
だけど 時々 以前の優しい気弱な長男に会いたくてたまらなくなる。
欲張りなんだろうな。過去を振り返ったって良いことはひとつもない。
それもちゃんと判っている。
  1. 2008/05/28(水) 22:19:26 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

以前、カウンセラーのかたに
考えて考えて、掘り下げて、裏も見て表も見て
結局同じところにたどり着くのに
また、次の日は一からたどり直すこの性格。
カウンセラーで、自分でも、もてあます事を相談したことがあります。
相談?じゃないな、愚痴ったのかな。
そしたら
「何度考えても同じ答えに行き着くなら、いいじゃないですか。」って
すごい前向きなお言葉でした。
どの角度からみても「よし」となればすこし安心して
分類わけしてファイリング~v-218
  1. 2008/05/28(水) 15:10:43 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

こういう方は、ある意味幸せですよね。
ところがこの方は、けっこう細かい方で金銭面も生活面も相当な几帳面。
自分の評価はとっても気にしてるんです。
くよくよもするし、涙も流す。
私が牙をむくなんて想定外だったから、ショックも大きかったと思う。
あのころは私も反省、ちょっとしてました。
きっと久しぶりに会って、軽口たたく昔に戻ったように錯覚したのでしょうか。
笑い話になる事、ならない事、したくない事があるって事ですよね。こっち側には。
不登校になった子を持つ親の気持ち、当然分からないという再確認でした。
  1. 2008/05/28(水) 05:46:22 |
  2. URL |
  3. のんのんさんへ #-
  4. [ 編集]

わたしも痛快でした!

社宅時代、わたしの近くにもそっくりな人がいましたよ。
今朝ブログに書いた
「のんのんさんは子供のことから逃げてる」と言ってたららしい人はその人です(爆)。
  1. 2008/05/28(水) 05:08:59 |
  2. URL |
  3. のんのん #.uGei.uM
  4. [ 編集]

確認して分類わけ

読んでて痛快でした!
そう、掘り下げる能力のあるぺいんとままさんや私たちには
確認して掘り下げる作業は必要ですね!
引き金引くのはもったいないかも(爆)
きっと相手の鈍さの厚みが勝つだろうから(爆爆)
  1. 2008/05/27(火) 20:56:01 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/163-fa4cb4ee
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。