おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

依存の形

義母の覗きはエスカレートしつつあり
台所の音、冷蔵庫の開け閉め、水道水・・
ちょっとした音でも、待っていたように3センチほど開けて、息を殺して様子を伺っている。
息子の家庭、そこで息子の世話をする私がもっぱらの目標みたいだ。

夫は台所に立つ私と義母の視線をさえぎるように座ってPCに向かっていた。

「なん?」

「なんか用?」

と居たたまれなくなって聞いた息子(夫)の言葉に反応して
スーっと扉を開けて
「気がついちょったね?別に用事はありまっせぇえん~。」とおどけて見せた。
夫は
「用事がないなら覗きなんな!」ときつい口調でPCに向かって言った。
私はドキドキしながらコーヒーメーカーの具合が悪いと、夢中になっているふりをしていた。

“覗き”という言葉を使った事が引き金になったように
義母は「馬鹿が!」
「馬鹿・・・あほ!!あほ!」と叫んだ。
「大学まで誰が出したか!あほ!」
息子が言い返そうとしたとき思わず私は
「お父さん!」と制してしまった。

夫は「閉めて。」と母にいい、数秒後黙って扉を閉めた。
扉の向こうで義母は義父に何を話しているのか・・・
というよりも覗いている妻を制す事が出来ない父は
いったいどうしているんだろう。
その疑問は、最近ずっと頭から離れないでいた。

きっと明日は忘れているのだろう、とは思うものの
正常な私たちは忘れないから大変だ。
息子(夫)は今まで聴いた事も無い母親の汚い言葉と行動に「情けない」と凹むし
私は
あれほど可愛がって止まない一人息子でも
嫁の前で“覗き”を暴露され、プライドを傷つけられた怒りで豹変した事に驚く。


「ただの認知症ではない。」またそう思う。

次の日は家庭訪問で私は休みだったけれど
義母に会うのが怖かったので、いつも出かける時間に
いつものように外出した。
正常人なら引きずっていて当然の、強い感情のままのはずだし
私は一人で受け止められないと思った。
実は殆ど眠れてもいなかった。

午前中会った友人が古いビデオテープを整理してたら見つけたという
何気に話してくれた話で
『母親が我が子を病人にしたくて、病院めぐりをし
病名までつけて、その病気だと認定されるまで医師を捜す・・・という虐待』事件

子供の腕にはケロイド状の火傷跡があり
子供は母親にされたというが
医師は母親の言葉を信じ、子供を精神病だと診断した。
母親はその病名がつくまで執拗に医師を捜し求めた。

「目的はなん?」と憤慨モードで聞く私に
番組の目的は「依存」をとりあげていると教えてくれた。

自己愛からくる依存。
自分(母)に注意を向けさせたいという
母だけが子供の支配者であり、命綱であり、絶対的存在である事を
子供の記憶に埋め込もうとする依存。
なんて病んだ生き物なんだろう、なんて怖い存在なんだろう母親って。

お乳を捜し、口を左右に動かしながら母を求めたあの子供は
もうこの子供ではない、と
母親はいつ切り替えていくのだろう。
それともしないままで密かに老後までも“私の赤ちゃん”を懐かしむのか。



お昼に帰ると
義母が扉を大きく開けて姿をあらわし
何の言葉も無く仁王立ちで・・・・私を直視した。
「あら、お母さん。ご飯食べた~?今日は家庭訪問で、休みもらった。」
と明るく言うと
「なんか音がするから、誰がいるかと思って。」
と低い声で答えた。

やべ。
先生が見えたら出てくるか、覗くか、義父を派遣するか・・・やるな?
ふっと予感したけれど
もうどうでもいいや、とその考えは切り捨てた。

先生が帰られて
次男と息子と3人で残ったお菓子でお茶をしていたら
義母がわざわざ庭から身を乗り出して首を伸ばして部屋の中を伺っている。
外から室内は全く見えないが(実験済み)
室内からは丸見えで
手すりにつかまって上半身を乗り出して
凝視している姿は・・・ちょっと怖いものがある。
息子達は目の前で婆ちゃんの表情まで観察できる。
はっきりいうけどストーカー。

「お母さん、何か用?」
明るく、明るく、聞いてみた。
声はすれども姿は見えぬ・・・きょろきょしていたが、なんと
「あら、見えちょっとけ?」という義母の言葉に
「そうじゃい。向こうからはみゆっとじゃが(見えるんだから)。」と即答したのは
義父だった。
その姿は私たちには見えない。
先生の顔を見なかったとか、何の話をしたのかとか、車の音が聞こえんかったとか
どうしてすぐ帰ったのかとか、どこに住んでるのか、何分位いたのか、
何を聞かれたのか・・・・質問攻めに合いながら
認知症とは違う何かが義母の行動や感情を動かしてると思った。

義父は妻のおかしげな行動に疑問を持ちながらも
制すと逆上し
朝から晩まで繰り返し繰り返し同じ要求を言い通す妻に
全く服従してしまっていた。

愛情かもしれない。
しかし、義父もまた義母の世話を一から十まですることで
自分の生き甲斐や達成感をそこに見出している。

自分たちの衣食住の一切を夫に任せている母が
私の台所に立ち、食器を洗っている姿を見たとき

使おうとして開けた化粧ケースの
私の化粧品が綺麗に並べられているのを見たとき


母が精神的な病気を持ってるに違いないと確信した。



  1. 2008/04/30(水) 23:55:38|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<友達が怖かった | ホーム | 次男のたどる息子の歩いた道>>

コメント

いろんな事がこの年齢になってわかってきますが
幼時の体験が人生を大きく変えるって事ですよね。
自分でも自分の人生をいまやっと振り返りたどり、自分を新たに発見したりしてるのに
自分の子供たちも今、自分作りの最中で
こりゃあ責任全部は負えないなぁ・・って思いますね。
大きく傷ついた時、何処までフォローできるんだろう?
精神を病んでる人は、実はずいぶんいるんですよね。
誰の責任でもない・・・切ない事なんですよねホントは。
  1. 2008/05/04(日) 20:28:36 |
  2. URL |
  3. のんきははさん #-
  4. [ 編集]

30才のストーカー

実家の隣の息子さんは、小学校時代から有名な進学塾に通い、東京の いわゆる"良い大学"に合格した。家庭的には恵まれなくて、思春期に母親が病弱な兄を連れて 別の人のところへ行ってしまい 父親とおばあちゃんとの三人暮らしだった。
社会的に不適応だったようで、大学生活に挫折して戻ってきてからは 引きこもり状態で過ごしていた。
変貌したのはおばあちゃんが亡くなって 日中ひとりで家にいるようになってから。
実家の母を観察して、石をぶつけたり、水をかけたり、電話やあるいはじかに暴力的な言葉をかけられたり、しつこい無言電話が繰り返された。警察に相談に行ったら 先に彼の方から「隣人がおかしい」と届けられていて、話にならない。なまじ知識があっただけに気味が悪くて。だけど年寄り二人の生活では引っ越す力もなく できるだけ証拠となるものを集めるしかなかった。
ある日、苛立った父の挑発に逆上し、父を殴り、ドアをけり網戸を破り・・・警察沙汰になった。思い切り証拠を残していたし、電話内容を録音したテープや投げられた石を集めたバケツを見て、警察も近所もやっと信じてくれた。
その後母親の方に引き取られていったけれど、幼い頃を知っている母は切ないものも感じていた。
「おばあちゃんを慕っていたのかな・・・その代わりだったのかも」と、ゆがんだ愛情の発露だと解釈していた。
ストーカーと認定されるには 男女間の愛情が原因でなければならないらしいが、30歳の母の代わりを求める心が70歳に向けられたのかもしれない なんて切なく思ってしまった。
  1. 2008/05/04(日) 06:58:44 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。
こんな不気味なブログでも誰かに読んでいただいた事で少しほっとします。
もっと詳しくも書けず、どうかいても嫁姑のいさかいとも取れますし
ただmogaさんところのかつてのお隣さんと共通しているのは
「人が集まって幸せそうにしている構図」にすごい感心を示す事でしょうか。
被害妄想の種類で「自分の事を言っている」と疑っているようにも見えます。
覗くから、気配を隠そうとする。そうすると人が集まっているその場所が気になる。
じゃあ、いっそのこと仲間にどうぞ、と共に座ると
今度はすべて質問攻めと
(これは認知の症状なんでしょうけれど)
質問を何度も何度も繰返す。
ご飯食べてる人に「ご飯は食べたのか?」というような。
私の中では、病名は察しをつけていますが
義父が気ずいてないのかどうかが今は観察中です。
  1. 2008/05/03(土) 23:27:35 |
  2. URL |
  3. mogaさんへ #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。義父母様たちと同居生活が始まって、予想以上のもろもろに、「修行中」のぺいんとままさん、どうコメントしたらいいかしら・・・

お義母さんの様子、私が高校生のときの隣人を思い起こしました。お隣とは長い付き合いだったのですが、長女が結婚し子供が生まれて、離婚したのかな、隣に戻ってきていたのですが、ある時を境に、異常な関心を我が家に向けてきて。とにかく、誰かが帰ってくる時間になると掃除しているふりをして、家の前で待っていて、後からブツブツ言いながらついてくる。我が家の洗濯物は泥だんごを投げ付けられて汚れされる。隣家に面したすりガラスの窓にはいつも彼女の影が映っていて、我が家の一家団欒の会話に耳を澄ましている。無言電話は日に何度もあり、隣家に面した引き戸は常に雨戸を閉めた状態にしておいたのですが、その雨戸に、せっけんカスで丸めた髪の毛をいくつも投げつけられている。そんな状態。彼女の場合、異常な関心+原因は思い当たらないけれど、なんらかの恨みがあったようで、お義母さんのケースとは少し違うかもしれないけれど、あの、異常な関心の寄せ方、ぞっとします。結局、母がノイローゼ気味になり、私が転居を提案して、ひそかに引越しの準備をして、ある日、突然のように、ささ~~っと去りました。最後まで、引越しのトラックのそばまで来て、ぶつぶつ言われましたけど。
同居されて、一年になりますね。逃げ出すわけにいかない、ぺいんとままさん、これからどうなさるのか、とても気がかりです。いっそのこと、入院が必要な病名でもお義母さんについてしまえば・・・なんて、不謹慎に考えてしまいます。
  1. 2008/05/03(土) 12:50:13 |
  2. URL |
  3. moga #M5f.rndE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/161-c856aed9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。