おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

次男のたどる息子の歩いた道

次男が中学に入学して2週間目を終えた。
毎朝、起きてきては再度時間割を確認して
低~いテンションで制服を着る。

「あああ、がああん…。あと何日で休みかぁ?」

新聞配達から戻って朝風呂に入り朝食中の息子が
次男を励ますつもりで
「お前ぇ~みんな乗り越えてきちょって・・・!!」
と檄を飛ばすと
母と次男との・・・・・間(ま)汗

「いや、お前、乗り越えてねえし・・。」と次男。

「ダハハハハjumee☆loud laugh1」と兄。

これはサラッと流しとこうか、と思いながら
家族の皆が次男の中学生活を見守ってる感じ。

食卓には順番に、だれかれが座り、出かけていく。
最後に残るのは母と、息子。
(そして、隣室の義父母)

「アイツ、大丈夫かな。・・・・やっぱ俺のせい?」
自分の足跡の影響を、次男が受けることをちょっと気にしてるらしい。

次男が小学一年生に上がった時、兄は六年生で、登校班も同じ。
兄がまだ皆と同じに登校していた頃から、次男に対しては一抹の不安があった。

それは兄も知っていて
学校では注意して見守ってくれてたと思っている。
次男にとってお兄ちゃんは
のびたとドラエモンDORAみたいな関係だった。

中学校では“よいこの暮らし”の変わりの生活ノートを日々記録させられているが
日記欄には何を書こうかと毎晩七転八倒して
のた打ち回っている。

母が息子のノートを持ち出してきて見せると
興味深々で中一時代のお兄ちゃんの日記を読んでいたが
「字、、、へったくそッ!!」
と、ニヤニヤ笑いながらつぶやいていた。
どれどれと覗き込み、書かれている家庭暴露に二度驚く。

今日、学校から帰るとゴキブリを5匹も見つけました。
お母さんは手で取れるからすごいなあと思いました。


ガーンガーン

引っ越す前の4階建て町営アパートはとても古くて(8年住んだ)
アカバネなんとかという小さいごきぶりの王国だった。
我が家ではいたるところにガムテープが置いてあり
「第一発見者はくっ付けて獲れ」というミッションが課されていた。
息子は今でもそうだが、蜘蛛・ゴキブリ・ムカデを捕獲できない。
それで、母をすこぶる尊敬しているわけです。

そんな文章を読み進めながら
息子が、一生懸命頑張っていた中学一年時代が蘇ってきた。
母も、心配なく過ごしていたので
ほとんど目も通してないし、
学校行かなくなってからは、見たくも無かった。

次男は、私たちの部屋でしばらく兄のノートを読みふけっていたが
「参考にならん。」と突然思い立ったように立った。
「兄貴は兄貴。オレは俺。そうだよね。それでいいっちゃから。」という母の言葉を背中にうけて

「あったぼーよ。」と出て行った。

ハンガーにつるしてある次男の制服は
母にとってまだまだ兄の着ていた制服で、テカリやしわさえ中学時代の息子の名残に見えて仕方ない。

息子もまた、それを着ていく弟の姿を複雑な気持ちで見ているのだろうか。

自分の受けた不登校のショックの大きさは
こんなにもか、と呆れたりもして・・・・・。





  1. 2008/04/21(月) 11:57:55|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<依存の形 | ホーム | 里帰り>>

コメント

息子は、生徒手帳もちり箱へ。
日記とか制服とか女性(お姉ちゃんと私)が思い出として残しておこうとするものには、全く興味が無いようです。
ちり箱から拾い出して保存するのは母。
自分で産み出した命の成長の証拠のように・・・
こうやって集めだした物って
息子のものじゃなく私のものなんでしょうかね。
「ええ!とっちょって??(取っておいたの?の意味)」
そういいながら、今は懐かしげに読みます。
「おれって超いい子じゃん。」
とっても幼くて一生懸命な文章は
大人をどう喜ばせたいかと模索しているようでもあり
今の息子の姿こそが実像だと言う事は
はっきり分かります。
  1. 2008/04/30(水) 21:38:57 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

制服に関わる思い出、というか思い入れは
母の中に意外と大きく幅を効かしているものですね。
異性だからなのか女の子でも同じだったのか分かりませんが
しっかり焼きついてしまってます。

うちも次男の同級生が
息子のしていた部活動を選び
ラケット片手に帰る姿をみると複雑な気持ちです。
あれほどの泣いた我が家の事件も、他人事なのかな。
そう。他人事なんですよね。
同じ痛みは経験者のみぞ知る、ですね。
  1. 2008/04/30(水) 21:30:28 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

のびたとドラえもんかぁ

息子くん、なかなかにいいおにいちゃんですねぇ。
ウチは二歳違いだったからか
不登校の兄は、登校している弟に対して
そんな目線ではなかったです。
自分のことで精一杯で、かな。
次男君は冷静みたい、すごいな。

息子くんの中学校時代のノート、
見てはいけないものを見ているような気がしませんか?
私は未だに、息子のノートも制服も
しまったまま手をつけられずにいます。
なんだろうなぁ、こういうの・・・。
  1. 2008/04/28(月) 19:08:07 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

息子の制服

息子が着た制服。以前はとても好きでした。
今、街中でみかけると… 
なぜか 親指を隠しちゃう。

次男の友人達で(息子の校内暴力のことを知っているのに)息子の高校に入学した子が複数いる。次男はどう思っているのか分からないけれど、その友人達とほとんど連絡をとっていないようだ。
中には親友とまで思っていた子もいたのに…
家族ぐるみで 仲がいいと思っていたのに…
こんなこだわりを捨てられない。気軽にメールもできない(私)。

もう二年以上たったんだから、楽になったほうがいい。どこかで分かっている。
でも、もう少し時間が必要です。まだ二年しか経っていないのだから。
  1. 2008/04/28(月) 12:50:59 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/160-ac1aabe7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。