おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドラム発表会

ついにドラムの発表会の日がきた。
劇場の小ホールのでリハーサル・・・そして本番。

息子がボサノヴァのリズムを刻んでる間に
それまでの事が頭を駆け巡った。

初めてドラムの先生宅へ向かう日、不登校2ヶ月目。
友人の誘いを断って車に乗ってきた。
車中で・・・・無言。暗い顔。
「お母さん。警察から電話やらかかってない?」はあああ?警察から電話がある予定かい?
ズウウウウンと気持ちが落ちていく
「なんで?」
「いや。ないならいいけど。」
その日、
学校に行かず、赤い髪の、眉の無い、暗い表情の、見るからに「普通じゃない子」を若い先生は何の偏見もなく受け入れてくれた。それから中古ドラムを買うまでは、枕をたたきながら練習・・・宿題をクリアすると先生はほめてくれた。ドラムが届くと、床は傷だらけに、でも階下で母は、息子が練習しているのを聞いて、どれほど安心したことでしょう。
自室で何をしているのか、外の世界を遮断して「孤独」に落ちていくのをみるのはホント辛いものです。それも貴重な大人になるための時間ですが、当時は自暴自棄になっていたのです。
ドラムの練習は突然はじめ、突然終わり、ときに穏やか、ときに激しく、事件が起こる度に気持ちが伝わってきた。

ドラムと平行していろいろあったなあ。
警察にも・・・父と2人で迎えに行きました。補導されて。

発表会の夜、先生がメールをくれた。
「○○はきっともっとうまくなります。1から教えた○○が可愛いです。」
先生のお母さんのよるとビデオを何回も聴きかえしていたらしい。
未熟さはド素人の私でも分かるが、褒めることは人を動かしていく。
先生のバンドにはメジャーデビューの話があります。
そうしたら(東京に行かれたら)息子はどうするだろう。

あああいかんいかん・・・これがいけないんですよね。
先回りしない。
息子が考える事を私が先回りして口にしない事。

そして、また先生の「ほめすぎ」で調子に乗った息子はいっそうドラムに励んでおります。

ps.高校・・・どうするかまだ何もいいません。「忍」の字です。




  1. 2006/08/14(月) 21:26:08|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<明日への希望・・信じるものは痩せられる | ホーム | 夏休み・・・あと半分>>

コメント

ムスカリさんへ

「人は何かに打ち込んでいる姿が一番美しいと私は思うんですよね。それは、何でも、です。○○クン、それを見つけてよ。君ならきっと見つかる。」
カウンセラーに連れて行ったとき、心理療法士(女性)の方が言われた。
息子の姉の中学時代のPTA会長で、もと教員。我が中学校の学校評議員らしい。息子の不登校で、私が担任との朝の電話に恐怖感を抱き始め、辛くてどうしようもない時にスーパーであった。
「明日の朝は、電話なんかしないでうちの事務所に逃げておいで。」
救われたきがした。逃げてもいいの?
一日逃げて、次の日強くなって、先生に言えなかった事いえました。

その時、息子に励ましの言葉が「何かをきっと探しなさいね」と。
幸いにも「打ち込めるもの」見つけてくれた。たとえ一時の「逃げ」でもいいんです。
私も、人が逃げてくるような人になりたいものです。

  1. 2006/08/15(火) 21:46:31 |
  2. URL |
  3. ムスカリさんへ #-
  4. [ 編集]

おかえりなさい

里帰り、お帰りなさい。
ブログから道中の様子、伺い知りました。
両親の顔を見に帰る(見せに帰る)のは、私達の世代の一大イベントですよね。

たくさんの書き込みありがとうございます。
一度目のブログで、挫折したので、公開するのは勇気がいりました・・・が
会った事も無い皆さんが、共感し、また涙してくださると
自分独りで「母親」をどうやっていくか、自信なく、迷っていた頃を振り返り、今を感謝します。とっても嬉しいものですね。
「オカン」の方も読ませていただきました。
学校に対して私が持った感情を、まったくその通りに表現してくださって
すかーっ
とします。
で、私も参加させていただきます。
振り返り、たどることが、プラスかどうか分かりませんが・・・
また宜しくお願いします。

  1. 2006/08/15(火) 21:24:55 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

発表会、無事に済んでよかったですね!
ボサノヴァかぁ・・・ステキ、ドラムもいいですねぇ~♪

息子さんの演奏を聞きながらいろんなことが頭を駆け巡る様子が
まるで6月にあったウチの息子のギターの発表会と重なって、
そしてドラムの先生からのメールもなんだか暖かくて
なんだか泣けてきました。
ぺいんとままさんも、いろいろあったんですね。
親子でたくさんのことを乗り越えてきたんですね。
そんな息子さんが、好きなドラムで人前で演奏するまでになる過程を
ずっと見てきたぺいんとままさんは・・・
うん、すごくわかります・・・。

偶然にも、ウチの息子も中学時代に部活で運動してて
荒れて傷ついて親子で悩んで
好きな楽器の演奏することを見つけたなんて・・・・
こんなこともあるんですね。


  1. 2006/08/15(火) 11:27:38 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

打ち込めるモノ

息子さん、ドラムという打ち込めるモノがあって、目標になっているかも・・・
本人のみが知ることだけど・・
発表会、親もドキドキだったのでは?

子供が何かしたいことを持っているのは、いいですよね。
ウチはゲームしかないのかな・・それはそれでいいのかも・・

周りと比較ばかりするのは、おかしいのかもしれないですね。

ドラムの先生にも認められたようで、息子さんの自信になったでしょうね・・
見守ること・・難しいです。
でも、ネットでグチも吐きつつ、頑張りましょう~~
  1. 2006/08/15(火) 08:15:14 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/16-16657064
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。