おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

引越しと子供達

午後2時に到着予定の荷物が着く前に
先に両親がやって来た。

近所に住む友人からの差し入れがあり
私もお赤飯など炊いて、危機一発。
“同居”という一大イベントに気を張っていたかなあ・・・。

増築したのは10帖ほどの洋間。キッチン・WC付き。
リビングを中心に
私たちの部屋と両親の部屋と和室が隣接している。

義母は老人性の物忘れか、
気になる事は何度も聞き、答えは聞いていない。
それでも不安がいっぱいで、
「厄介者がきたから、大変なことよねぇ・・・。」
「私は我儘じゃき、怒るからねぇ。」
繰り返しそういっている。

「もうお義母さん、それは言わなくてもいいが~。」
「気に入らん事は言ってもらわんとわからんよ。」

そう言いながら、実は
感情をむき出して言い合った事が、無いわけではない私たちは
努力が演技に見えても仕方ないのかもしれない。

そんな義母が
息子のスウェットのすそが長いと言って
私に「アレはどうか」・・・と促す。
ついに

「○君。ズボンのすそを上げなさい。」・・・ときたもんだ。

息子は苦笑いをしながら、うなずき・・・・

次男は、なぜか一生懸命配膳やかたずけを手伝う。
お姉ちゃんとお兄ちゃんが運ぼうとすると、
きまって自分も手を貸そうとする。
・・・・楽しいかもしれないし、気も使ってる。

いつもは8時半には寝るらしい義父母が
10時にようやく床に就く頃
次男は私たちの部屋で、一人
いつものように空想の世界で独り言を言いながら
○○ごっこを演じている。
いつまでも、いつまでも私から離れないので

「今日は、ここで一緒に、3人で寝ようか。」というと嬉しそうにうなづいた。

「はあああ、疲れた、今日は。」

息子も、次男も、私も。

深夜、
長女がビール片手に現われた。
「あれ?なんでここに寝てると?(次男)」
「なんかお腹すいたよ。夕食、食べた気がせんちゃもん。」

同居初夜、風が強く、寒い夜。
部屋に入りきれなかった食器や衣類や家具たちが
車庫に放置されたまま眠る夜。

簡素&シンプル、
私たちの遊びの空間だった場所に
もうひとつの
生活観が合流した夜。

みんな、頭では判っている。
まだ、慣れないだけ、たぶん、それだけ。

一番の不安者は・・・おばあちゃんなんだろう。

  1. 2008/02/24(日) 00:07:24|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<同居一週間目 | ホーム | 最近のお客さん>>

コメント

有難うございます。
ついに始まりました・・・v-509v-510
そして4月には次男、中学生です。
心配していた息子の昼夜逆転生活と、義父母の想い・・でしたが
実は、この次男と義父母が
この先、ネックかもしれません。
くわしくはまた、ブログに書きます。
  1. 2008/03/09(日) 12:08:51 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

はじまったのですね

ご無沙汰していました。
始まったんですね、新しい生活が。
当分は、お互いに、相手に対していろんな事を思い巡らせながらの日々になるのでしょうが、それも、なかなか疲れるでしょうから、
早く、いい感じで、お互いを思いやりながら、本音で話せるようになるといいのでしょうね。

おばあちゃんの孫に対する思いは、ひとしおでしょうから、
お子さん達が音を上げないように、
ぺいんとままさんが、フォローしていくようになるのかな?

応援してますよ~v-218
  1. 2008/03/06(木) 12:02:04 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

想像で読む・・・それ、いい。そうしてくださいv-426
私としても“脚色”もいれつつ面白おかしく書いてストレス発散。
悲惨な同居生活を紹介しようと思うなら、テンプレートから
暗いやつに変えますよ、ほんと。
日々、事件やアクシデントで血圧が上下しますけど
笑い話にするしかない・・・か。
  1. 2008/02/27(水) 13:34:47 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

立場が違えば、そんな解釈の違いが生まれるのは当然なんでしょうね。
良かれと思ってしていることも、誤解されたりするかもしれない。
友人が兄嫁の話をしていたこと思い出しました。
お兄さんが生死の境をさまよってるときに、家族で祈る気持ちでいる待合室に
他人(嫁)が、同じ想いでいると思うと有難かった、と言いました。
なかのいい兄妹であればあるほど、情は深く、嫉妬もあるんだなあって
あの頃はぼんやりと思いました。
今は「嫁」ですがやがて『姑』になる身。
娘は小姑に・・・歴史は繰り返し、親の歩く道は、いつかいく道ですね。
のんきははさんのように感謝がうまれたら、それがベストだと思います。
  1. 2008/02/27(水) 13:25:29 |
  2. URL |
  3. のんきははさんへ #-
  4. [ 編集]

私の母が、同じような老化症状で妹が世話をしています。
自分の母も、きっとこんな風なんだろうと思うと
なぜか嫁→←姑というベクトルではなく
なんとなく弱者と見てしまってるんですね。
それも“傲慢”かもしれませんが・・・
こんな葛藤も今だけかもしれません。
余裕・・(>m<;)いやいやナイナイ・・これから暴露されますよ、きっと。
  1. 2008/02/27(水) 11:59:49 |
  2. URL |
  3. のんのんさんへ #-
  4. [ 編集]

同居経験がないので、想像しながら読みました。
家族の中の緊張感、リアルに伝わってきました。
のんのんさんと同じく私も、
ぺいんとままさんの大人視線はすごいな、と思いました。
気遣いも何もかも大変だと思いますが
どうぞお体を大切になさってくださいね。
  1. 2008/02/25(月) 22:15:33 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

禍福は・・・

私も、兄が結婚して同居が始まったときの事を思い出しました。
兄嫁となったのは 私の幼馴染・・・と言ってもあまり仲の良いほうではありませんでしたが・・・。ごたごたした時期もかつてはあったけど、そんなことすべて忘れた顔して、幼馴染だから仲良くしようねと友好的なムードで始めた生活でした。
やはり違う生活リズムの人と暮らすのは、慣れるまでかなり気もつかいました。
小姑だから嫌われないようにと皆に言われましたが、彼女の方がきっと百倍も大変なんだろうし、もし喧嘩でもしたら 兄が一番辛いだろうから、何とか上手くいくように最大限の努力をしたつもりでした。
結局、思う存分残業もし、お稽古事にも通う私の生活が、嫁である立場の彼女の生活との差を際立たせることになり(なまじ同級生だったのもいけなかった)不満が爆発し、子どももできていたので兄は夫婦で家を離れる決心をしました。
兄は何も言いませんでしたが、きっと長男の立場と父であり夫である身を天秤にかけて、答えのでない計算を何度も繰り返していたのでしょう。苦渋が顔に表れていました。

その兄の姿を見ていたので、自分が結婚した時、毎日訪れてきては好き勝手なことを言って来る義父に困惑しても、旦那の困った顔をみるのが嫌さに我慢していました。
子どもの学校の講演会で聞いた話がきっかけで、この義父がいなかったら 大好きな子ども達とも出会えなかった事実に気付きました。初めて義父が生まれてきてくれたことに感謝できました。
10年以上かかりました。
目に障害をもっていた義父とのかかわりで 長男のやさしさが培われたとも思います。急な病気であっけなく亡くなってしまいましたが 今 心からありがとうといえるのがうれしいです。
  1. 2008/02/24(日) 13:41:51 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

いろいろ大変なのでしょうが。。。
一番不安なのはおばあちゃんなのだろう、とちゃんと思える
ぺいんとままさんの心の余裕がすごいなと思いました。
  1. 2008/02/24(日) 05:35:18 |
  2. URL |
  3. のんのん #.uGei.uM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/149-694fc44c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。