おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まぁね

参観日は絵文字名を入力してください道徳の授業でした。

    仲良し3人組の会話。

    A子「(B子に向かって)足、太いね。」

    B子「○○○○○○○」

    C子「・・・・・。えぇ

    あなたがB子さんだったら、どう感じますか?



 ・あんたが細いっちゃが怒り

 
 ・うるさい、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ


 ・関係ないわやるせなし

 
 ・自分も太いくせに!

 
 ・それが何!?



    そう言う意見は早々と出揃った。


先生「他には~?」




  ・ガーンそうやとよ(と言うけど顔は引きつってると思う)


  ・うん。苦笑別にいいやん。


  ・気にしてると言う



なんか、そういう攻撃型では無い、受け入れ型の女の子がぽちぽちと出てきた。

女の子は、切実な問題なんでしょう。




先生「他にはありませんかぁ?」


最前列に座っていた次男が、手を挙げた。め



  (なんて言うのかな?)


  (ちょっと期待したのはbikkuri、私だけぇ?)


先生「はい!次男くん!



次男「まあね・・っていいます。」にこ   ←親ばかちゃん






さて、

先生のお話は続きます。



B子さんがこう言ったらどうでしょう。

「うん。(受け入れる) 足が太くって(認める)

 可愛いでしょ。(ユーモア)」



う~ん、すごい。こりゃあ大人だわ。関西人のノリかな。


でも、これは習得して損はないでしょ。



「お母さん。また・・・太ってるでしょ?」





きた







うん。ちなニヤリ



太ってすまいる






可愛いやろ~





言われたことを、悪意で解釈しない。
動機を疑わない。
失敗や言い間違いを許す気持ち。

こんな大切なことを、本当は、いつ、人は学ぶのだろう。

親は、いつ、教えてるのかな。

こんな大切なこと、知っていても

人間関係を築いていくのは

ままならない。


       まぁね。




           
  1. 2007/11/13(火) 22:49:52|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<母親に成り立ての頃 | ホーム | 次男と絵画教室へ>>

コメント

次男のいいところ

中学校へ行って
見失わないように、次男のいいところ
今まだ手中にあるうちに(笑)
こころに刻んでいなくては・・・

3人の子供の年齢が離れすぎた事、これまでは、良かった。(教育費の面では)
これからは、大変っぽい。v-8
3番目は肩の力・・抜いたり、入れたりで・・・。
ハートマーク間違いやすいですよね。なんとかなんないかなぁ・・・
  1. 2007/11/16(金) 01:04:17 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

絵文字を

間違えましたv-356
本当は、こっち→ v-238 です
  1. 2007/11/14(水) 21:25:33 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

おお~

なるほど~
そりゃ関西人のノリのよさと
悪意をユーモアに置き換える力、
これは身に着けていたほうが絶対にいいですね!
こういう授業は、意味がありますねー。
こんな授業なら、参観してみたいです。

次男くんも、ナイスe-265
サラッと受け流す技術、この先の人生で通用しますね。
こういうこと、ふだんの生活で習得するのかな。
だったら、親もそのノリとユーモアが必要だなぁと思いました。
  1. 2007/11/14(水) 21:22:58 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/139-990781c5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。