おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

次男と絵画教室へ

先週の日曜日に、次男と一緒に

看板に引かれるように

「ぽんちゃん」たぬきち絵画教室へ行ってみた。

車一台通るような細い道をたどっていくと
体育館のようなアトリエがあり

四方がガラス張りの室内には、
絵の数々、画材や、オブジェや、胸像や、椅子が
さっきまで誰かが居たかのように


しん  とおいてある。


わくわくする空間。

次男の表情を見てみたら、興味津々。

最近見つけた「絵画教室」の看板は
マンガチックな狸がこっちこっちというように
背中をみせて道案内をしていて、いつも心にかかっていた。

いつか行こうよね~と話してはいたが
なかなか実現はしなかった、夏。

       実は、職場のビルの真向かいに画廊がある。
       8月に引っ越ししてきてから三ヶ月も経っていたが
       フラリとのぞいてみたら、絵画展が開かれていた。


       そこで、絵画教室の先生の絵を見つけた。
 

       若いその先生のお父様は、かつて
       次男が通っていた保育園で読み聞かせの会の後に
       子育ての経験を話してくださった事がある。

       うちのご近所で、小学校や中学校は子供達と同じだ。
       あのときの話の息子さんが
       こんな絵を描かれる方で(素敵な空の絵)
       アトリエを持つようになったのか・・・と。

初めてアトリエに行ってから、一週間後。

次男がすっかり行く気になって
今日は2人で申し込みに出かけた。

次男が、一人きりでも行けるようになる日まで(ホントはそれが目的)
母も、なつかしい学生気分で
これまたなつかしい画材を引っ張り出してきた。

絵画歴30年という女の方や
大筆で殴り書きしてるかのような美大生風の方や
大きな大きな顔をキャンバスいっぱいに描いている車いすのお爺さんの中に

次男と二人・・・まぎれ込んで

すっかり生活臭い親だぬきと子だぬきで
一心不乱に
“なんちゃって絵”を描いてきました。



静かな静かな贅沢な時間。

自分が解放されそうな時間。


時々お腹がギュルギュル鳴って恥ずかしかったポーン。たぬきち

【案内】絵画教室
      毎週土・日 9時~18時まで解放  
      好きな時間に好きなだけ、好きな物を好きなように。
      一般 5000円  学生(進学希望者)7000円
      うちは二人で一人前で。ハッピーブイ
      




  1. 2007/11/03(土) 23:45:24|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<まぁね | ホーム | 義務感で 教え 育てて 何になる  >>

コメント

あ、いいですねぇ、絵画教室!
次男君と一緒に絵画教室に行くなんて
ちょっと羨ましいです♪
絵を書いている空間って、私も好きなんです。
若い頃、デッサン用の食パンをかじりながら
私も絵を書いていた頃がありました。
その頃の、絵を書く音、絵の具のニオイ、静かな時間とか・・・
思い出しました。


『義務感で 教え 育てて 何になる』、
スッキリしました。
すごく共感してます。
学校って、変なところですよね。
教師の職場を維持するためにあるみたい。

  1. 2007/11/07(水) 20:46:29 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/137-56919d8d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。