おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

荒れた中学校

息子の通った中学校のうわさを聞いた。
高校の説明会の日に、学校にパトカーがきたらしい。

問題を起こしている子は(子達)は
息子の世代の2つ下・・・中三だ。

「校長先生が変わったから」という説。
「締め付けがきついらしい」という説。
 ○○小からの子供は、悪い・・・という定説。

先生を教室に閉じ込めた・・とか
若い先生を殴ったとか・・・。


息子が中学に行かなかった頃、卒業まじかに
突然に正門に掲げられた「文武両道」の大看板は
今でも、母の神経を逆撫でする。

荒れた中学校の原因は、家庭の問題といえばそうかもしれない。

でも当人たちにとってそんなことはどうでも良く
ただただ、何かの信号を、怒りを
発し続けているのかも知れない。

なんだかやりきれない・・・
そんな中学校で、親も、子も、先生たちも
同じ時間を共有し、くたくたになるに違いない。





小学校から、アンケートがきた。

「子供は、自分から挨拶ができるようになった」
「子供は、帰宅後友人と仲良く遊んでいる」
「子供は、学校へ・・・」

いくつかの質問に『はい』と『いいえ』で答えることになっていた。

はい、と答えたら問題ない児童。指導がうまくなされた子。親が監督できている生徒。または、問題に気がついてない親。

・・ってことかな。

『いいえ』かもしれないけど、自己申告『はい』に○をつけながら

「責任は全部、親にある」・・・・・・『はい』っていう答えを突きつけられてるみたい。

このアンケートの結果から導き出される答えは今だけの数字。

将来の役には立たない。
見せ掛けの安心に親はごまかされちゃいけない。
親たちはいつか、知れされるんだ。
数字やパーセントでは現れない子供の中の心の声は
絶対、静かに消えていくことはない。

  1. 2007/10/22(月) 15:30:08|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<友を選ぶ | ホーム | 不登校記念日>>

コメント

パンダままさんへ

TVでたけしさんが「学校白書」・・・やってましたね。
先生達も大変なんですよね。
なんでもかんでも訴えていく親が居ることも(モンスターペアレンツ?でしたか)大変な圧力でしょう。
アンケートや生活指導の方針は、各学校の方針か、それとも校長に委ねられているのか、はたまたスーパーティーチャーなるお墨付きのリーダーシップによるものかは、父兄には分からなくなってる。
結果評判が良いときには「○先生の力で・・。」と噂が流れて
批判があるときには「国の政策」だの、「教育委員会の方針」だの、他の小学校とのバランスと言う。
はっきり言って、うちの天下りの○長と同じ。
公務員的な守りと、外部扱いですよね。
立派は志と、子供達を大好きな先生が居ても
お給料のためには流されるしかない・・・。
アンケートの回答・・・ほんと、くだらない。
  1. 2007/10/29(月) 07:53:55 |
  2. URL |
  3. パンダままさんへ #-
  4. [ 編集]

こういうアンケート、
学校は何のために行うのでしょう。
うちの子供たちの通った学校にも、このようなアンケートがありました。
これを通して、家庭で子供の事を見つめなおしましょうって事?
本当は×って思いながら、○をつける親がいることも承知の上で、
クラスごとや学年ごとに、
その○の数に一喜一憂している先生がいるのでしょうか?
だとしたら、その意味は、ますます????

私も????と思いながら、○をつけていたのを思い出しました。
  1. 2007/10/28(日) 12:29:38 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

私自身も、その道の資格あるものとしての高位に“先生”を置いていたのは確かです。
模範で、敬意に値するからこそ子供は従うのでは・・・?と。
学校も教育界も家族生活も危機的な今は
先生達もどうしようもない組織に動かされて居るんでしょう。
体質が変わるなんて期待も出来ず、最近では「不登校」こそ正常な反応かも、っておもいます。
私も、少数派・・・なんですかね。
  1. 2007/10/26(金) 08:17:00 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

数字とかで子どもを把握しようという考えが
すでに子どもが見えなくなっている証拠ですね。
学校の体質が変わらない限り、
子どもたちも変わらないし、平行線のままのような気がします。
しかも、教師は自分たちの非を認めないし。

子どもには、ちゃんと言い分があると思うのに
それを正面から受け止める”心”がないと
いつまでたっても同じことの繰り返しだと
私も思います。
家庭に問題のある生徒も、中にはいるんだろうけれど
子どもは全部違うんだし、同じ対応でうまく解決するのは無理。
そういうこと、難しいことじゃないと思うんだけど・・・

アンケートの用紙を見たぺいんとままさんの気持ち、
じんわりとわかるような気がします。
  1. 2007/10/22(月) 22:27:03 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/132-d9992c31
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。