おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ついに2世帯へ・・・新たなる挑戦

久しぶりにPCノートパソコンと向き合った。
この夏は、我が家もチャームポイントかもしれないなぁ・・って思う。
(おいおい、道明寺かい。ターニングポイントで。)

続く台風と、避難生活で主人の両親がついに“同居”を言ってきた。
車椅子の義母、家事いっさいをこなし義母から離れずに介護する義父。
この先不安になるのは当然だろう。
父は補聴器とペースメーカーも使用している・・・
二人とも障害認定者です。
義父は息子(孫)と一回り(60年)離れた午(うま)年の77歳。

話はじりじりと進み、
増築費や間取りに達したので、私も腹をくくりました、・・・はい。

子供たちの理解を促すのも、きっと私の役目だろう。
子供たちを理解するのも、私の役目だろう。

それで、腹をくくった勢いで息子が全日制の高校を
とっくの昔に辞めて、通信制に変えたことを話した。

息子の髪が赤や黄色に変わること、そして長いこと、昼間うちにいること・・
気が付いてもいいはずだけど、気が付かないでいた両親は
少し驚いていたが、
「高校の資格だけは持ってたほうがいいよ。」と義父の一言で事なきを得た。
息子は「はい。」と一言。
思ったよりもすんなり光にさらされた1年間の秘め事。

ついでのついでに
煙草もすってる。酒もタシナム事。困りベロ
そして、最近「私の新聞配達を譲る事」も。

美容室を開き、70歳まで営業を続けた義母は、昭和元年生まれ。
義父は地元町長の長男で産まれ、成長し、公務員を退職した。
親の反対を押し切って結婚したそうで、いろいろ苦労もあったようだ。
地元でこの名前は一軒しかなく、
いろいろな役員もになってる。
そんな地元を車で2時間以上も離れ、私たち以外に誰一人知り合いのいないこの土地へ
移ってこようと覚悟したのは、相当の心細さなんだろうなぁ。

はっきりいって、この先何が起こるか・・・ちょとわかんないですが

新たなる挑戦 絵文字名を入力してください
だらしない日々が、正される時がきた〰 しかも50歳で。

ブログ内容が・・・・きっと変わるな。





  1. 2007/08/05(日) 08:23:34|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11
<<残暑お見舞い申し上げます | ホーム | 長男のジンロク?>>

コメント

重なる・・・恐怖

更年期とか介護とか、避けられないものは仕方が無い。

息子は・・・彼女と・・・温泉旅行・・・・・・・

おばあちゃんになる可能性は・・・・

やめてくれぃv-421・・・

と言いながら 若いおばあちゃんも悪くないv-398・・・なんて考えている自分が怖い・・・
  1. 2007/08/23(木) 18:11:50 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

パンダままさんへ

両親の話が持ち上がり、
息子が新聞配達を引き継いでくれて
少し体が楽になるかな、と思ったら“腰痛”が始まりました。
奥歯が浮き始めたり、睡眠が浅くても眠気が起きなかったり。
病院で、『疲れすぎ』と診断されました。
おそらく更年期の症状かとも思います。
重なるモンですよね。
子育ての終わりと、親の世話。
誰もが直面する事ですよね。
  1. 2007/08/22(水) 20:54:10 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

haruさんへ

うちも、一人息子。
最初から分かっていたと言えば・・・そうですね。
最初からの同居がいいとか聞きますが、やはりそれは無理だったと思います。
未熟者でしたし、・・・とはいえ今、不安がないとはいえませんが、避けては通れない道です。
いつかは、自分もたどる道ですしね。
  1. 2007/08/22(水) 20:46:26 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

来る時が来た?!

二世帯同居
どんな事が待っているのでしょうか?
お義父様お義母様、お二人とも、お体の具合が悪いとなると、ぺいんとままさんのご苦労もそれなりに・・・・・
私も、以前、主人から義母《故人》との同居を言われたことがありました。
すでに痴呆がひどく、6年生の長男に「この泥棒!人殺し!」と叫び、
3年生の姫に「この植木鉢《姫がお友達からもらった鉢植えの花》を持って、家に帰る」と
言い放って、嫌な思いをさせてしまった義母でしたので、
同居は、そんな簡単なものじゃない。
だいたい、今のマンション暮らしでは、無理。
やはり実家を遠く離れてとなったら、
通院する病院の事も考えなくちゃいけない。
まだ、幼い長男や姫のことも考えた上で、口に出して!と話すと、
主人はあきらめました。
すでに病院に入院していましたが、
自分の傍におきたいという息子の思いが、
よく考えもせずに、そんな事を言わせたようです。
とにかく、
ぺいんとままさん、無理の無いようにファイト~ですv-354
  1. 2007/08/19(日) 18:39:10 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

いずれ逃げては居られない問題ですよね。
うちも夫が一人っ子だから
いずれ直面するなぁ
今は近くに住んでいるのですが・・・
無理せずって難しいだろうけれど
きっと息子さん達にもいいことが沢山あると思う!
でもやっぱり嫁って大変だよねぇ
・・・
「嫁」って言い方がいやだ、なんて甘い事言っている私はまだまだダナっっ
  1. 2007/08/16(木) 13:33:57 |
  2. URL |
  3. haru #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ムスカリさんへ

産まれた時からうちにいた人・・というより時々会って、お小遣いをくれる人であった遠くて近い関係でしたから、
息子達にとって、親(私たち)と祖父母との関係からちょうどいい居場所を見つけていくんでしょうね。
前向きに前向きに・・・そして無理せず、といってるところから“頑張って”しまってます。
  1. 2007/08/16(木) 07:37:42 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

シンプルに生きるというテーマを打ち立ててから
そう時間もたってないのに
複雑化しそうです・・・が
♪右からやあてくるぅ~じわじわぁやあってくるぅ~
♩それをやっぱり左へうけながすぅぅぅ~

この精神で・・・・(><)
  1. 2007/08/16(木) 07:31:24 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

グッチさんへ

嗚呼!嫁なんですよねぇ~現実。
妻からはじめて・・・母業を学び・・・嫁を最後にやるんですよね。
妻と母とで築いたものが、どうでることやら・・
  1. 2007/08/13(月) 15:43:02 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

嫁、がんばれ~~

二世帯同居・・・
いよいよ・・・ですか。
嫁の立場としては、かなりの覚悟を必要としますよね。

年とって、心細そう・・というのは、主人の義母を見ても、いつも私は感じてて。
介護となったら・・・どうなるんだろう・・って思うので、身につまされます。

なんだか、義父は趣味だ、役員だ~酒だ~と勝手にやってて、年とっての不安とか感じてないみたいで、義母だけが今後の不安を言うので、性格の違いか、と思ったり。

息子さんにも影響出るのかもしれないですね。
年寄りは違う視点で孫のことを見るかも。
毎日一緒の家に居るのは、違う発見をしてくれるかも・・・

どちらにも気を遣うという、神経の疲れることにはならないように、ゆるりと頑張ってくださいね~。
  1. 2007/08/11(土) 08:31:44 |
  2. URL |
  3. ムスカリ #-
  4. [ 編集]

プレゼンター

確かに挑戦ですね。
でも、人生の終着駅をぺいんとままさんのところでと決心された ということはお義父様お義母様にとって ぺいんとままさんのところなら安らげるという確信があるのだと思います。(うちの両親は 動けなくなったら施設へ行くと断言しています。v-390

むかしむかし 幸せな子育て期。立った歩いたと 変化を幸せだと感じていたのに いつのまにやら 臆病になって。
変化から逃げているくせに後から後から追いかけられて 知らないうちに新しいことに首をつっこんでいる私。
息子の事件で警察にも行き 不登校で学校と交渉し、今度は塾の倒産で弁護士やら信販会社相手に内容証明送りつけ・・・被害者団体事務局?え~ッそこまでは勘弁してぇv-394
あ~人生学ぶことが多すぎる。

どんな形であれ、本来学ぶことは楽しいこと・・・のはず。変化することも楽しいはず。
楽しいんだから 平気さ。どんとこい!!と思い込ませて ポジティブにいきませう。

ぺいんとままさんなら 安らぎのプレゼンターにきっとなれます。
  1. 2007/08/10(金) 10:45:52 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

チャーミングポイント!

2世代同居・・・
いつかは、と覚悟しながら考えないようにするたぐいのものだけど
ついにぺいんとままさん、そのときがきたんですね。

受け入れる覚悟も心の準備も
他人にはわからないいろんなことがあったでしょうね。
お子さんたちにとっても、それは生活が変わるほどのことだろうし
これからしばらく忙しくなりそうですね。

息子くんのこと、スッと流してもらえてよかったですね。
一緒に住むとなると、小さなことでも気になるだろうから
先手を打って説明したのはよかったかもですね。
勉強になります・・・・。
  1. 2007/08/10(金) 00:02:25 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/121-0e3dfe11
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。