おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

何事も勉強

駐車場に停めてあるバイクを時々眺めては
ゴキゲンだった息子が
一転不機嫌アップロードファイルになり、私の周りでウロウロし始めた。

携帯片手に睨みながら、
「なんでオレをいちいち通すとや!オレは関係ねぇし。」

兄から譲り受けたバイクを売りたい友人Aがいて
その種のバイクを欲しがっている友人Bがいて
二人を紹介したのが(口を利いた)息子らしい。
互いに、電話番号もアドレスも知っており
交渉が自分たちで進む間は問題なかったらしいが
話が、こじれ始めた。
売りたい友人Aが、イハンキップを切られ
買いたい友人Bに“罰金代に充てる”為に一時金を渡せと言うらしい。

その辺りから、二人は息子を介して、やり取りをするらしく
つまり、信用されてるのは息子なわけである。
その一時金とやらを、受け渡すのに
息子が渡り鳥をすると言う話が、進んでいるのを知り
息子はキレた。

それで、2人に『NO』という返事をするのに
どういえばいいか、私に聞いてくる。
「だいたい、オレになんもメリットはねぇし。」
「なんも紹介せんければよかった。」
「オレが今から(夜9時で)いって預かって、Aんちに届けてもらうってBが言ったらしい。オレ、知らん、って返事したら、Bがイライラするって返して来たつよ。」

ブツブツと話す息子の話は
いい人生勉強の材料だな。
そう思いながら、聞いていた。
落ち着いて聞けるようになったのも
今まで、なにやらやらかしてくれた息子のお陰でもある。

人間、動けば摩擦は起きる。
良かれと思ってした事でも、どこまでが責任もてるかを
理屈じゃなくて、直感で、対応できるようになって
はじめて、信頼されるようになるのかもしれないなぁ。

返信メールを私に読んで聞かせる。
【2人で直接、交渉してくれん?わりいけん。】
「これで送っちゃろ。」汗

なんという言葉少なさ!アップロードファイル

母が息子に聞いた一連の流れを、質問しながら確認していると
お風呂から上がってきた姉が、黙って聞いていた。

B君はバイクの料金15万が妥当だと思ってると?
「うん。欲しい。絶対欲しいっていいよる。」
母には相場が分からないのだが、姉が助け舟。
「まぁ、そんなモンかもね。」
通信制の彼は、昼間ずっとバイトをしていたし、一時金が何に使われようと関係はない。とにかくそのバイクがいいのだ。
A君には、親に頼れない事情があるから
なんとか、お金を手に入れたいらしいし・・・。

「オレが余計な紹介したのがわりぃっちゃろか?」

わずらわしくなってしまった事に、関わってしまったのは
そういわざるを得ない。
「でも、こんな事、生きていれば何回でも起こる事じゃない。」
「そうそう。あんたは紹介した所までで、後は二人でやってもらえばいいとよ。お金の受け渡しまでして、もしバイクに不備があったり、事故ったり、名義(兄のものだったはずだし)や税金やいろいろあとでトラブルがあった時、ずっと関わってくるよ。」

「ああ!うぜええ!!」ta

「お母さんは、親は知ってるのか、やっぱり心配よ。そんな大金はたいて、自分のお金とはいえ・・・ねえ。」
「領収書でのやりとり、保険の事、親に相談して決めるのが、絶対にいいと思うわ。」
母の頭の中では、彼の両親共が学校の先生である事や、(どこかの校長)
彼が、普通校を退学して、通信制に編入した事情もある事だろうとかあれこれと気をもんでいた。
通信制でできた唯一の息子の友人だった。

「情報を教えてあげたあんたは、親切な動機でも、
教えられた相手の判断力・・とか、経験とか、お金がからんでる時は考えんといかんよね。だから、教えてあげたのなら、そこまで。責任取れないならもう動いちゃいかんよ。」

母「親に・・・相談してみたら・・・ってちょっといってみたら?」
息子「・・・・・。」
姉「・・・あんた、幸せよ。母さんが話し聞いてくれるから・・。」

ああ、そうやねぇ。娘には、そういわれると辛いモンがある。アップロードファイル

二人の友人から
「わかった。」という返事をうけて
息子はなんだかすっきりとして、部屋に向かった。

この一連の話を、アップロードファイル黙って聞いていた次男が
口を開いた。、螯rヲW、J、Oつづく

      

  1. 2007/06/26(火) 09:53:04|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<嵐の前 | ホーム | バイクに乗って>>

コメント

パンダままさんへ

やっぱり、嫌な経験をしても
結果が思うようでなくても
子供たちには正しい事は正しいと判断して
『大声で叫ばなくてもいいから』貫ける努力はして。
親切な事、思いやる事、友のために犠牲を払うのは
本当はいいこと、立派な事なんですが
距離感や責任能力は限界がありますから
それが分からないから心配ですね。
受ける人の内面を見極めるのが必要・・・ホントそのとおりだと思います。
  1. 2007/07/05(木) 16:08:01 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

のんきははさんへ

携帯からなのでうまくできるかな?
息子たちのお人好しな性格は似ていますね。
でも今のうち、ハメられたり騙されたりの失敗もしながら
人間関係を学ぶのだろうと思います。
一番心地よい、友達はどんな距離がよいのか、
寂しんぼうな息子は自分で、体得していくのかも知れません。
  1. 2007/07/05(木) 12:42:52 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

友情って難しい

子供の友達を思う気持ちって、
度を越したり、逆に簡単に切ってしまったりといろいろ。
考えてみれば、大人もそうなのでしょうが、
特にこの年頃の子は、その度合いがわからない。。。

変なところに首を突っ込んで、後悔したり。
これは、うちの長男の事。
学校をサボった友達の行方を捜して、
小学校、中学校を巻き込んでの、大騒ぎになったことがありました。
長男は、小学校の先生達、中学校の先生達の前で、顔を真っ赤にしながら話をして、
その行方をくらました当の本人達は、けろっとしたもので、全く反省なし。
この時、長男は、ものすごーく勉強した様子。
友達関係の危ない面を・・・・・
人を助けようとする気持ちは、とっても立派だけれど、それを受ける人の内面を、見極めることも必要ですよね。
後、その方法についても。
そのやり方が、友達にとっても、自分にとっても、社会的にも、正しい方法なのか。
とかく、突っ走る年頃だし。

と言っても、長男の性分なのか、
友達をほっとく事が出来ないところは、相変わらずですi-229
  1. 2007/07/03(火) 08:11:28 |
  2. URL |
  3. パンダまま #ehuBx04E
  4. [ 編集]

おひとよし それとも・・・

世の中に出ると難しい判断をせまられる。
その練習かなと思いながら 息子の判断が理解に苦しむことも非常にッ多い。
先日も息子のバイクを盗んだ幼馴染が、ちょっとやばい系の先輩に難癖つけられたらしく すぐに行かないとまずいと泣きついてきた。 「おかぁ。車出したってくれん?」と聞いてきた。
はぁ?????そんなにピンチなら自分の親にだしてもらえばいいじゃん。息子を傷つけた奴を何で助けないかんの!!と怒りに燃えている母に 『冷たい』とかって・・・一番腹立てていいのはあんたでしょうっ。訳分かりましぇン。
怖がっているのか ただのお人よしなのか それとも 助けなきゃ行けないつながりが、まだあるのか・・・
「ほっとけんだろう」と言うけど 助けない母のほうが悪いみたいな口調でしゃべるのは やめて欲しい。

次男君の反応も気になるところ。
うちの次男は さめてますv-390
  1. 2007/06/29(金) 08:00:01 |
  2. URL |
  3. のんきはは #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/115-3a7f2625
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。