おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっぱり甘い

車の免許をとった先輩が
バイクを譲ってくれるという話も幾つかあったようだったが
そう簡単に子供達だけで成り立つ話でもないと
話の進展もなく、母も動かずにいた。
保険や名義変更や必要な事柄は、全部、母任せになる事は目に見えてる。
まぁそういう事は特に、母がやったって構わないが
バイクを母が、駆け回って捜して、調達して、与えるなんて事は
まずあり得ない。・・・・・はずだった。

バイクが欲しい。
バイクがあればなぁ。
誰かバイクいらないって言わないかなぁ。
そんな事ばかり言っている。

バイトして買おうとか、
いろいろ値段の相場を調べるとか
なぜそういう事、しないか・・“棚ボタ野郎”じゃん!!

「バイクがあれば日曜のスクーリング(30分)は、自分で行く。」とは言わない。
「バイクがあれば、バイトも通いやすい。」とも言わない。
そんな気はさらさらないんだ。
ただ友達が幾人か、自分で買った中古バイクで(ほとんどバイトしてる)うちに集まって来て、
きっとバイクの話題で盛り上がるんだろう。
許可のない免許取得は学校で禁止されてるらしく、おそらく
“全員限りなく怪しい”親公認・・・か。

堂々と乗れる怪しまれない立場の息子は、
自分も風をきって運転しながら、誰かのうちへ遊びに行く姿でもイメージして、
そんな思い付きの「るんるんバイク」が欲しいという発言。

そんな事まで分かっている母だった。

10年以上も前に故郷から、この地に引越してくる時に
我が家には買ったばかりの新車バイクがあった。
軽自動車1台とこのバイクで、当時4人家族には充分だった。
父がバイクで、いきなり左折の車に引っ掛けられてから
バイクは、知り合いのお世話になった方の、22歳の息子にただで譲った。
(我が家はついに車2台の時代に突入したのであった。

その時の青年に久しぶりに故郷で会ったら、3児のパパアップロードファイルになっていた。
我が息子の話になり、当時3~4歳が、もうバイクも乗れる16歳だと知ると
乗らないバイクがあって、それをくれると言うのだ・・・た、タダで。
傷と割れた箇所があるが、新車で20万したらしくほとんど乗らないのだそうだ。
それは息子が欲しがってた、スクーターでヘルメットも付きで、しつこいがタダ。パイレーツ
・・・・母の中で葛藤と自問・・・タダか。(爆)照れ

最低必要経費って奴があるだろう03
事故って大怪我でもしたら、後悔先に立たず・・だ。
だけど、この先「危ないからダメ」では通用しない時が来るに違いない。
息子はこうやって“待てば海路の日和あり”な経験で生きてきた。ベー
欲しい欲しいと連発している物は、まだまだたくさんある。
母が、また解決して良いのか。(いいのかぁ??カオナシ?)

「バイク代(正しくは諸費用代)自分で出す気ある?今年も精米所のバイトする予定あると?」
メールの返事は「精米所、絶対、行く。」

故郷から、自宅へ向かう車の中で
息子の喜ぶ顔が目に浮かぶ。
いただく件、ひとまず保留にしたとはいえ、頭の中でお金の工面をしている自分。

やっぱり、甘いなぁ。
バイト代から、どれくらいを支払わせるか・・・



  1. 2007/06/18(月) 10:22:50|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<次男の登校しぶり | ホーム | 中1の担任>>

コメント

グッチさんへ

長女はごきげんななめ・・・。
“欲しい物を獲得する為には努力が求められるべき”
「任意保険代は自分で出させるんでしょうね」v-359ときたもんです。
だって毎月の収入の見込みもないのに・・・。
で、母の弁。
「事故で人様に迷惑かけたら自賠責があるけど、
本人が一人相撲で、植物人間にでもなったら、その費用を負うのは私たち親なんだから
・・・その保険代を親が払ってもいいんじゃない。」
母も負けないけど、姉は強し。
「アア、そこまで覚悟してバイク乗せるんなら・・ね。」v-403
日本一の母親になってくださいi-191って思いますホント。
  1. 2007/06/20(水) 08:43:17 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

わかるー

ついに・・・バイク、
やっぱりバイク・・・これはもう通り道ですね。

ぺいんとままさんの涙ぐましい葛藤、
それは去年の秋の私と全く同じで
お気持ち痛いほどわかります・・・。
なんだかんだ言いながら
結局は助け舟を出してしまい・・・
それが息子への甘やかしになってるとわかっていながらも
ついつい喜ぶ顔を想像しちゃうんですよね。

あれから、もう8ヶ月くらいかなぁ。
息子がバイクででかけても
心配するのにも、もうだいぶ慣れてきました。
ガソリン代とかエンジオイルとか修理代とか
息子もようやく理解できるようになったかな・・・。
けどバイトもしてないので、やっぱり私がお金出してばかり。

ただ、バイクで学校にいけるようになってから
登校日数は増えました。
交通マナーとか、煽られる、とか
世間のことも見えてきたかな?
当然、速度違反と二人乗りですでに減点二つです。
バイクを乗るのにも、責任感がいるということを
少しは理解できていたらいいなぁと願うばかりで・・・。
  1. 2007/06/20(水) 00:14:07 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/110-8c93cb6b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。