おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅雨前線

紫陽花のアマガエル。
雨待ち顔である。

070609_1002~0002.jpgポチッと拡大どうぞ


待つ身は辛いねぇ。


朝の配達区域に、アパートが一棟だけある。
空き室の電気のメーターの上にツバメが巣を作っていた。
つがいで出たり入ったりしている。

やがて、こじんまりとした愛の巣で
一羽がそのうちに卵をかえし始めて、
もう一羽が向かいの電気のメーターの上で見守っていた。

数日後。
忘れていた頃に
ピピピピピピピピピピピピピという泣き声で
黄色い口のヒナが、帰宅してきた親の羽音に
口を顔より大きく開けて餌をねだる場面に遭遇。

「子育て・・・ご苦労さん」でちらっと眺めた。



あっという間に
子供は成長するもので

巣箱からすでに体がはみだして、親よりもでかくなった息子達が  ひょえ独断
巣でひしめいている。
かつて、親が子供を産み、守った場所。
子供が“おしくらまんじゅう”するには、狭すぎる。

とうとう親離れ子離れの時なんだなぁ。
(さあさあ・・・もう自分で餌、探してきな。)何だかいつ巣箱から消えるのか気になってしょうがない。

向かいの電気のメーターの上に
父だか母だかが停まっている。じっと私の視線に耐えていた・・・。

ある朝、
巣箱は空き部屋になり、ツバメ達の子育ての終わりを知った。

ついに羽ばたいたか・・・
どうやって?

きっと餌を与えなかったに違いない。
自分で獲りに行けると判断して、
親は寡黙に、去って行ったに違いないんだ。

偉いなぁ。
立派だなぁ。
誰が教えるわけでもないのに、ツバメの親は本能で立派に
子孫の保存を繰り返し、役目を果たしていく。

動物には、天敵から身を守るために
産まれてすぐ立ち上がる子供もいるが

歩くまでに一年もかかる私たちの子供は、きっと必要な物を親から与えられなければならないんだ。
ああでもない、こうでもないと
本当はあるはずの原則を試行錯誤しながら捜し
自分も子供も身を持て余している。

歩いて、話して、自分で口へ糧を運び
世界を広げ、折り合いをつけながら人間社会で生きる方法を学び
そして、生きる力をつけるまで・・・

20年・・・と決めたのは誰?
神様だろうか。いや人間だ。



空き部屋になっていた巣箱に
また卵を抱く親つばめがいた。(・・・し、借家?)


こうやって
暖かい国で務めを果たし、渡っていくツバメ達は
競争もなく
優劣もなく
不倫も、裏切りも、貧富も、戦争も、略奪も、ない命を
繰り返しながら

神様の法則にのっとって
命を伝えている。

私の世界では、雨。雨。雨。
そして私の世界では、幸せの意味を知りたがっています。

人類史上だれもやっていない、たった一人の“個”人間を育てるのは
そりゃあ、簡単じゃないだろうよ、きっと。
ないて、悩んで、普通。

たくさんの時間をもてあまして掘り下げてしまう雨の日は

早く寝るに限るかもしれない。

蛙は蛙。ツバメはツバメの悩みがあり、
人間には人間なりの生きる目的があるんだから・・。

明日は晴れるかな。

洗濯物は乾くかな。

日々は、そんなもの。




  1. 2007/06/13(水) 22:25:17|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<中1の担任 | ホーム | 息子の明日の予定>>

コメント

naoshinさんへ

大丈夫。
自信持ってください。
5年生の頃の無邪気だったあなたは、感情をストレートに表現してくれて
とても魅力的でした。
こんな女の子に成長して欲しいと、愚かにも願った母でした。
(ひとりひとり違う・・んですから)
これでいいのかって考える事は、一生続くんでしょうが、
大丈夫。
あなたには間違いなく、偉大な方がついてるじゃありませんか!!v-308
ps.シフォンケーキは抜歯後にはいいかも。
  1. 2007/06/14(木) 10:16:20 |
  2. URL |
  3. ぺいんとまま #-
  4. [ 編集]

人生の奥深さ

ママさん。いつもありがとうございます。

育った環境を離れて新たな場所へと旅立つこと
少しの期待と大きな不安を持って

自分の下す決定ひとつひとつに不安になって
どうして?と自問するばかり

最初の頃は、そればかりだったけど
最近は、自分の下した決定を果たす責任を
持つようになりました

不思議と色んなものが見えるようになり
ひとつひとつに前向きに立ち向かえるようになってきました

まだまだ色々とあるけれど
これで良かったのか?と聞かれて
「はい」と即答はできないけれど

自分の責任は果たすこと

忘れずに 前向きに
明日もがんばりたい
  1. 2007/06/13(水) 22:42:48 |
  2. URL |
  3. naoshin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/108-ad2b1001
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。