おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中学校の風が吹く

この団地では、
地区清掃日に、家族から1名がでて側溝の掃除がある。

我家は大抵、父が出てくれるが
私も自宅を囲む道路の草を引く事にしている。

同じ地区に、中学の男子テニス部の父兄がいて
見つけられると、まぁ大きな声で
「元気や~?調子はどうね~?」から・・・始まる。
悪い人ではない。
で、深い人でもない、気がする。
今、息子達双子は三年生で、レギュラーとして頑張ってる様で、
真っ黒になって登校してるのを良く見かけていた。
父と同郷で、親しみを持ってくれているようだが、
母としては、息子が痛めつけられた「あの世界」の近況は出来れば聞きたくはないし、
こちらの近況をまた、「あの世界」の人たちに詮索されたくもない、
と思っていたはずだった。

清掃をして側溝を、たどっていく一団が坂を下って行っても
彼女は、「一番気になってる事」まで話を引っ張る様子だった。

「・・・で、兄ちゃんは?」

(やっぱり、きたか)
「うん。元気で勉強もしてるし、レポートも追われないでやってるみたいよ。」

「そうりゃあ、よかったわぁ。それで、昼間はなんもしよらんとやろ?」
(働いてるかどうか、って事か。)

「そう。普通の高校生として今は自由にさせてるよ。バイトしたいと思えばするやろうし、遊びたかったら遊べばいいし。」

「そうそう、それでいいわぁ。・・女ん子とか、来るやろ?ちなニヤリ兄ちゃん。」
(はいはい、今度はそこに来たか。)

「友達はいろいろ来てるようやね。PAV仕事に行ってる間は知らんけど。」

不思議と母は、面白がっていた。
私が変わったのか、ちっとも逃げ腰でなかった。
なんだか悪意を感じなかったからかもしれない。
単純に・・・質問攻めポカーン
むしろ、こんな風に集めた情報は、彼女にとってどう役に立つのかなぁ・・と、
ちょっと、きっと近況を話したいんだろうと思って、こう言ってみたんだけど。

「相変わらず、先生崇拝してると?お母さん達。」
bikkuriそらぁそうよぉ~じゃないとどうなる?あそこで!!」
「大変ね~はわー;
「あとちょっとじゃかいよ。」

彼女は、私の「先生拒否」をしっかり確認した模様であった。

この夏にあと少しの試合を終えると、三年生は部活が終わり
受験モードに入る。
燃え尽き症候群で、不登校になった子が居た。
私服で遊びまわる子供たちを、先生が放課後、散策するんだ。
中学校へは徒歩通学距離にある我家に
学校に行ってるはずの子供が居た。

先生が「○○、来てませんか?」と尋ねてきたし
「はい、誰か来てますよ。」とは応えるが
母は、息子の許可なく先生を部屋に絶対通さなかった。

2階ベランダから飛び降りようとした子がいたな。マジですか
「ちょっとちょっと・・おいおい。」息子は苦笑いで止めた。
どの子もいい高校生になってmadokawatarukazumaamanohashi
ちょっとカッコよくなって、今は楽しそうに我家に来る。


そんな事考えながら、ちょっとうわの空でいたら
「父兄は2つに別れちょっと!
先生にどんどん話しかけて、何でも協力を惜しまないグループと、
私らみたいに遠くで見てて、できるだけ離れてるグループと。
○○さんとか、しょっちゅう携帯で話してるみたいで・・・。」

相変わらずで、目に浮かんだ。
我が息子が、逞しく成長するのを楽しみにしている母たちの日常は
あの頃の私。
少年達は、毎年、毎年ところてんのように
入学しては卒業していく。

来年の事、また考えながら
突然の中学校の風に吹かれた私は
中学校に一から行く事・・・ほんとに憂鬱な気持ちになった。




  1. 2007/05/13(日) 13:46:53|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<揚げ茄子のそぼろあんかけ | ホーム | 息子の宝物>>

コメント

グッチさんへ

会う時には、立て続けにあうものですね。
次の日は、また、別の方にスーパーで会いました。
今度は、根掘り葉掘りv-356じゃなくて、微妙に“間”と微笑みと・・・・あとジーッと目線をはずさず・・・・(この分析も怖い?)
この方は、学校に行かなくなってほんの数日後に、「テニス部の皆に謝罪にくるべき」といってきた方。
「私なら、引きずってでも連れ出す。」とも言った。組織図でたとえるなら・・・教祖の支持者で司祭クラス?v-403
最も会いたくないのはこんな方で、近所の方は、案外ただの世間です。
  1. 2007/05/16(水) 07:50:06 |
  2. URL |
  3. グッチさんへ #-
  4. [ 編集]

うーん

地区清掃日かぁ。
世間はなかなかほといてくれないですね。
そうなると、やっぱり会いたくない人とも
顔を合わせてしまうんですよね。

けど、ぺいんとままさん、いいな。
相手からの質問を面白がるくらい、余裕で。
普通の高校に行かない子どもの日常って
普通の人には興味あるんでしょうね。
私も、息子のことを知る人からは必ず
「高校には行ってると?」
って聞かれるんだけど・・・
皆同じことだけ知りたいのね。

私も、今度質問してくる人に聞いてみようかな。
先生崇拝しているのか?って。
まだ次男が中学生だからなかなかおおっぴらに先生拒否しずらいけど、
受験を前にどの親も崇拝率が高まりそう(笑)
  1. 2007/05/14(月) 22:27:58 |
  2. URL |
  3. グッチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mamu52.blog56.fc2.com/tb.php/100-c8a5e72a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。