おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日は満月なり

台風はそれていき

満月がみごとに空にかかっています。

携帯をウォーキングアプリに変えて

いざ

3kmの夜の旅に。



携帯電話でおしゃべりしていた友は、今はいなく

彼女の代わりを探すことも

きっと無いなぁ


家を出るときに

お義父さんがリビングにきて

一緒にTVを見ようと、腰掛けた


寂しいんだよね


冷たいシャキシャキの梨を剥いて

すこし気分のよさそうな夫と、父の前に置き


私は、そっと台所を離れ、外に出た。



♪なんでもないよーーーなことがぁ・・・・

しあわせだったぁとおもーうぅ♪

何でもない夜のぉこぉとぉ

二度とは戻れないぃぃ夜ぅう~


父と息子は、きっと何も話さないんだろうな

話さないけど

一緒に居たいんだろうな


なんでもないような静かな夜に

もっと何にもなかった昔のこと辿っていてもしかたない










スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 21:01:55|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

いつか、ふたたび笑えるように

夫が体調を崩してから

もう何ヶ月も立ったような気がするけれど

カレンダーをみると2週間


長い長い2週間だな


夫と並んで待っていた、病院の待合室に

義母の重篤の知らせが届いた

もうステージ4で余命宣告されていたけれど

まだもう少しの覚悟が出来てはいなかった気がする


義母の臨終のベットにたどり着いて

夫は声を上げて泣いていた

そして、発作が起きた


自分の痛みと

心の痛みと

不安で

押しつぶされそうな夫を思うとき

私も眠れないまま、夜が明けた

いつか

再び笑えるようにきっとなれる

希望は捨てないで

         
      お父さんの横顔

      次男(当時4歳)作:お父さん

  1. 2012/09/29(土) 05:27:14|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。