おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まさか、あんたが

次男の高校で
来年度の学園祭にバンド演奏をやろうという話が持ち上がり
ギターに目覚めた子達の、いつも時代もよくある話なんだけど

そこでなかなか見つからないのが「ドラム担当」

ほとんど音楽に興味がない(本人曰く、全然じゃないらしい)次男は
自宅にドラムがあるというそれだけで

絶対、そうだと思う、それだけで

(兄貴がやってるもんな・・・地元の近所さんは知ってるよな・・)

ドラムがある=練習ができる=可能性

どうやらひたすら説得されて

引き受けてきた。



見よう見真似でスティック持って
カッコつけることはできるだろうけど

それって無謀


でもねぇ

若者のエネルギーってそういうもんだった気もするね

ちょっと黙ってみとこうか、と。

彼らは4人でスタジオでやりたいと思いつき
なんと

兄貴のドラムの先生がオープンした新しいスタジオに
揃って出向いていった

オイオイ・・・予約は電話ですむんじゃないの、てか、熱いのね今。


兄貴いわく「お前、3年早いんじゃね?」マジ

次男は引っ張られムードで
どうやら約2名がやる気まんまん

「ナカタケ君が・・」と兄の意見より優先する


兄貴のスティックを借りて、バックにつめ

このテスト前の期間中にチャリで

春風をきって・・出かけていった。シラナイヨめっかったら。


きっと学園祭までに、目が覚めるにちがいない。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/24(金) 15:22:39|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

父の寂しさ

老人施設に入所した日、
父、義姉、夫と私、揃って車椅子の母と一緒に施設内を歩いた。

父は肺の調子も悪く、はぁはぁと息切れる。

一通りの事務手続きのあと、部屋にもどると、
殺風景なベッドに腰掛けてた母が
無表情でみんなを見た。

悲しみも
怒りも
不安も
悟りも

なにも見えない

しばらく父と二人きりにしようと
廊下で待っていたが
夫もまた無言
私も無言

出てきた父が
「今日は泊まらんで、帰るわ。」という母に
「今日は泊まって、また明日、来るが。」と答えた、という。

車に乗り込んで
施設を出ようとするときに
父が
窓に顔をむけて、涙を隠すように、拭いた。

「あっこにいる方が、幸せじゃき。」とポツン。



その後、ちょくちょく面会にいっていた父が
3週間を過ぎると
「俺のことがもう、わからんみたいで、『兄貴』じゃて何度も言うわ。」

寂しそうに話した。

息子の面会は名前を呼んで、手を振ったのに
「ご飯は食べた?」と心配して
「仕事の帰りか」と何度も尋ねるのに

一番みじかな大切な人が
最初に消されていくのだろうか

一番心配な人は
忘れないんだって

夫じゃなく、息子か

誰かが「男性は奥さんのことは、最後までわかるらしい」と言った。

女性は、旦那さんより息子・・・

それもまたわかるような気がした。




  1. 2012/02/14(火) 14:03:24|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

親切の陰にビジネス

「会いたいわ」←絵文字は当然
「お茶飲みに来ませんか」

「いろいろお話しましょ」

友達ではないけれど
ちょっと親しかった人

ひさしぶりに
懐かしい人から連絡があったりしたら

要注意


クラス役員をしたとか
一時期、密接に仕事をしたとか

特に日常には入ってきてはいない人から
急に連絡あったら

用心、用心。

そうでないと、きっとガッカリするの・・・もう何回目?

喜んで、乗っかっちゃったら
お池にはまってさあ大変!!

(なんでこんなに疑い深くなっちゃったかなぁ・・・)


だって
たいていは、「ビジネス」なんだもん。

健康食品や
健康器具
ダイエット食品や
美顔?関係
鍋?
宝石?

忘年会にも誘われて
新年会にも誘われて

もう気の毒だなって思って
どうしてそんなに「ワタシ」と会いたいのか
なんだろう
相談かな

いろいろ悩んで、やっぱり断る・・・罪悪感の積立貯金

そのうち
ホームパーティの目的を知ってしまい

ホッとした私のお人好しっぷり。




  1. 2012/02/07(火) 21:38:30|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

友の死

一日が終わり
床に就こうとするときに
メールをする友がいた。

「もう寝た?今日も大した事なく終わったわ。」
「今日は、いろいろあってね。」

「明日は忙しい予定よ。」
「昨日は大変だったわ。」

なんということはない内容だけど
子供の出産、育児を共に過ごした友人は

学齢期のむつかしい時期には私が引っ越して
遠距離になってしまったけれど
ちょうど
携帯電話の普及とともに

文通・・・ならぬメル友として
28年間を過ごした。

介護も同じ時期
ダイエットへの取り組みも同じ
なくてはならない友で
なくなること等、想像すらしなかった。

このままずっと一緒に年を重ねていく、つもりでいた。


年末、脈が100を超えるから、と
血圧や、甲状腺(手術歴あり)など心配していたが

お正月あけたら
必ず病院へ行くといいながら

2日の朝、心筋梗塞で家族と一緒に
救急車を待つ自宅で
息を引き取ったと  聞いた

53歳の彼女は
その日、午後から私とまた
楽しい時間を過ごす予定だった。

続きを読む→
  1. 2012/02/07(火) 08:19:40|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

寒い日々

東北の雪は、本当にお気の毒だ

宮崎も相当寒いが、雪がないだけまだ助かる
なんたって
ライフラインがつながっているし
通常の活動ができるから


義母が入所して
特に急激に寒くなった

義父もほとんど庭に出てこないな

ストーブの上で焼いた安納芋を

コンコン

「お義父さん、焼きたてよ~♪」と持っていった

ひとりコタツで書き物をしている
顔色は
ずいぶん良くなった気がした

  1. 2012/02/03(金) 14:28:19|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。