おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

押し詰まった年末

義母を施設に入所させるために、すぐには入所できないのを想定して、義父は申請を出した。
100人待ちという話だった。

事情を知っておられてか、
なんと順番をグググ~っとはやめてくださり
今月末か1月には、入所できると連絡が来た。
早めに、と希望していたらしい。

3月には義父もペースメーカーの交換で入院予定だ。
その数週間「だけ」を
施設でお願いしたいのが、父の本心だろう。

3年前の夏が、入院予定で同居したのだったが
電池の消費が少なく、7年消費のペースメーカーを10年もたした。

その間、義母に認知症が進行し、父の介護なしではいられなくなった。

義父は「まだ、入所は早すぎる。」と難色を示す。
「可哀想」でもあり「申し訳なく」もある。
「話し相手がいなくなるかもしれない」という寂しさ。充分にわかる。
入所すると進行する・・とか
歩かなくなって足が弱る・・・とか、いろいろと心配する。

義父は母に本当のことを話した、といった。

けんかする度に
「もう老人ホームにいってもらわにゃならん!!」という父に
「いいよ。行くよ。」と反論していた母が

「そんげなとこには行かん。」と言った。
母の身体の中では、密かに、自覚症状の無い腫瘍が進行している。

今日からは母はショートステイ3泊4日にはいり
その施設が、入所する予定の場所。
木曜日まで父は一人で過ごす。

夜中に起されることも、食事の世話も
おむつ交換も
「徘徊」のお付き合いの一日2回のドライブも
エンドレスな質問と壊れた感情会話からも
父は解放される。

父が一人になると

今度は私が父の心配をして気が休まらなくなる。
リビングのドア一枚を隔てて
たった一人で置いている、悪いことをしているような罪悪感。
母がいないと父は
「何もしない」でいると言う。
何もしなくなった父のお世話こそが
私に回ってくる介護なのかもしれない。

父が母と別々に暮らす事を決断する日まで
私たちは家族で
一緒に気持ちの整理を、つけていくんだろうな。


ふと、実家の母がもう10年以上も一人暮らしであることを思い出した。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/19(月) 13:39:28|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。