おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

絵本好き

孫ができたからと言うでもなく
また
古本屋で絵本の立ち読みにはまっている。

もとから絵本好きで、お気に入りの本はずっと大切に持ってるし

子育てとともに
お気に入りの本は私の思い出の一冊になっている。

最近見つけた本は
高校生になった次男にむりやり(笑)読んで聞かせた。

「たいせつなきみ」

木の小人の村では、ひとりひとりが
金ぴかのお星様シールと
だめじるしシールの箱をもっていて

町中どこででも、お互いにくっつけて暮らしてる。

才能のある小人、歌がうまい小人、綺麗な小人は
みんなが金ぴかシールをたくさん貼ってくれて
主人公のパンチネロは失敗が多くてダメシールばっかり。
ダメシールがお似合いさと馬鹿にされる。

だんだんダメシールばっかりの仲間と過ごすようになっていく主人公。

あるとき、お星様シールもダメシールも貼ってない子に出会い
どうして何も無いのか聞いてみると
ある人に会いに行くように教えられる。

自分のほうから会いに行くことを悩んだ末に
丘のうえに住むその人に会いに行った。

そこからがすごく感動的。

(自分で読みたい方、次のページクリックしないでね)


続きを読む→
スポンサーサイト
  1. 2011/11/02(水) 11:24:09|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。