おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

成人式でリセット

いつごろからだったか息子は

「成人式には行かない。」と言っていた。

中学時代の友人と高校時代には縁も切れ、

悪い評判やうわさから遠くはなれて暮らすようになって

落ち着き始めた頃だったろうか。



その年の成人式の様子がニュースで流れるたびに

「オレは行かんし。」と繰り返した。


今年ついに、成人式の日はドラムの仲間といつものように過ごし

帰宅後、

地元の仲間の成人式の様子を、録画していた母に教えられて、観た。


カメラの前でインタビューを受けた青年も

その後ろでⅤサインする袴姿の兄ちゃん達も

そのまた背景を彩る、盛り盛りヘアの、華やかなお嬢さんたちも

息子は名前を言い当てた。

「みんな(男)太ってる・・・。」

少年では無くなってる同級生は

線の細さも消え、すっかり大人の姿に見えたのかもしれない。


「でも、あいつらは変わってないな」・・・とつぶやいた。


息子にとっての成人式

「行かない」と決めたこと
「友人たちに会わない」ということ
「誰のことも過ぎ去った事」「まるで価値がない昔」にする事が

そういう意思をみんなに表明することが、これまでの自分をリセットする
儀式のようなモノだったのかもしれない。





いままでどんなアルバイトにも心動かさず

「接客はイヤ。」「音楽活動と時間が重なる。」

そういって、世間に出ることを恐れ、なかなか動かないでいた。


都会に出ようと言うバンド仲間の誘いにさえも息子は耳を貸さず

「新聞配達」で黙々と自尊心を保ち続けていただろう息子は

きっと誰よりも

このままでいけないなぁという焦り・・・感じていたのだと思う。


仕事の話が動きはじめてからあっという間に、

制服姿で出かける姿に、嬉しいような・・面食らった感じ。


「おかえりなさい」と迎えてあげられる日々が

また始まる。



初出勤の日。

次男は受験日。

息子たちのおおきなお弁当を、張り切って作った。

「完璧な一日」を願いながら。
ポチっと

スポンサーサイト
  1. 2011/02/02(水) 14:41:58|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。