おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬休みの幕開けは、嵐の前触れ

彼女と福岡に一緒に行くと言い出した時は
どうなることやらと思ったが
二人でアパート探しをして帰宅した次の朝
息子と話し合う時間があった。

「母さん、話があるっちゃけん・・・。」
と切り出してきたのは息子だったが
そろそろかなと母も気が付いていた。

父と母と息子とで久しぶりにひざを付きあわせた感じ。

結果、「一緒に暮らす」という計画に賛成できない・・つまり経済的な協力はできないということ。
自立するためには協力するが、
彼女とまとめて、というわけにはいかない、と父は話した。

親同士が会う前に
まず、父母の意向を彼女に話してみてはどうかと話すと
数日後に
「別々に福岡に行こう」ということになったらしい。

とりあえず、ひと段落。

それが2週間前のことだった。


今夜は、ちまたはクリスマスで
我が家は次男が熱をだし、
新型インフルエンザなら、明日からのせっかくの冬休み
私の出社も(最終日)・・・年末の家族食事会も・・・・

湯船につかりつつ思案していた。


「母さん・・・話、聞いて。」

ぎゃお。

脱衣場のドアごしに、息子が母を待っている・・・な、なに。

「彼女の母親が、彼氏に最近合わせたらしいっちゃけど、もう一緒に住むからっていうらしいっちゃ。
 彼女はそいつが嫌いで、同居したくねぇって泣きよったっちゃ。」

「ちょっと、まってん。お母さんは乳癌っていわんかったっけ?」

「そうよ。」

「再発して、脳に転移してるって言わんかった?」

「うん、そう聞いた。」

母は、頭の中のシナプスが、バチバチと火花を散らすかのごとく交信して
状況を組み立てる。

(悪いけど)末期の看病のため?

まさかね。

後にのこる年頃の娘と、他人の男・・・
聞けば1LDKの部屋で、半分の家賃は娘が払っているという。


いやぁ・・・理解しがたい。
なんか彼女が脚色してるんじゃないのか。

息子の感情も顔色も見ながら、話す。

「そりゃあ、ね。早く娘の独立を願うはずだわね。」

「もしかして、あんたと暮らすために彼女は、家庭の問題を持ち出してるんじゃないと?」

「そういうこと考えてないと思うけど、 うちに連れてくるのは絶対ダメだからね。
 彼女がそうしたいといっても、母さんが悪者になってもいいから、うちはダメ。
 一泊といえども、許さないからね。」
「それは。わかっちょるが。」(いやいや、分かってなかったと思う母)


ちなみに、そういうことしてる(彼女こみで養う)家庭もあることは知っているが・・・。



これから、会いに行くという。
彼女が、深夜の仕事を終えるという2時あたりにでかけるらしい。

「そもそも、なんで知り合ったと?」

「それが、今関係あっかぁ?」


息子は母の感情的な言葉には、鏡に映すかのごとくに

感情で反応する。

自分の部屋に入ったのを確認して父に、話した。
片耳だけなので、会話は聞き取りづらい父には
たいていは母が、こうやって仲介する。

「きっと、自分でもどうしていいのか分からんちゃろう。あんたに聞いてもらって、意見が聞きたいのやろうね。」

そうなんだろう。
息子にとって、唯一の第三者の意見。
しかも絶対に、自分の味方。

ただし、自分の望む答えを出してくれない大人。


母は、いいたい本当の気持ちを飲み込んで・・・

守るべきラインを確認しながら
譲れないラインを信じて

理解してくれるように、語る、には
どうしたらいいのだろう。

一難さって

また
一難。


スポンサーサイト
  1. 2009/12/25(金) 21:42:41|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

年末大蔵ざらえ・・・三年前の品、出します。

あるものは、あるべき場所に

あるものは処分して、

あるものはお譲りしたいと思い、書き出しました。

 

身から出たサビを入れる貝殻   
   しっかりしまって置いた失敗も、時が経つとパールカラーの粉末に変わります。
   サビの生産量に自信のある方・・
   貴方の失敗の一部を
   オリジナルのきらめきに変えてみません?

転ばぬ先の杖  
   息子の為に揃えたもの。雨用、晴れ用、雪用、いざという時用、と取り揃えました。
   未使用。
   (注)この杖は他人用として準備しても意味はありません。


明日の風の風見鶏
   「明日は明日の風が吹く」のですが、この優れものは、前日には方角が分かります。
    使い方自由。
    明日の覚悟には便利。

気持ちの整理箱
   ぴったりサイズがあれば、どうぞお気軽に持っていってください。
   数回使用しました。ユースドですから、私の気持ちがひっかかっていても、気にされない方にお願いします。

涙の蒸留酒
   泣きたいけれど泣けない方に・・・ただし悪酔いします。

私の頭の中の「消しゴム」
   完全予約制でお申し込み受け付中。
   ただし、ずいぶん汚れて小さくなってしまいましたので、ただ今注文中。
   (入荷次第、ご希望の方にもれなく一個、差し上げたい)
   要らない思い出を、私の頭の中までお持込みください。
   将来、消えてなくなる事をお約束します。

先入れ先出し用ファイル
   先に入ってきた悲しみは先に出しましょう。整理整頓の必需品。




続きを読む→
  1. 2009/12/15(火) 15:43:44|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

しまい忘れの12月

11月末から
筋力をつけようかと思い
週2回だけのジム通いを始めた。

隣町のスポーツジムで
もっぱらプールだけの利用しかしていなかったのだけど

今は、プールを横目に
足腰を強化している。

男性が「ぅう!!!」とか「ぁっつ!!」とか呻きつつ
重そうなバーベルを上げ下げしているそばで
12~15kg程度の上半身やら
下半身の曲げのばしばかり、
お気楽で申し訳ない。

ぼちぼち・・・という事です。
先はながいよ。

夕べは
トレーニング帰りに駐車場で
車のキイを探し始めた、相変わらずの場面で

「ポケットのたくさんあるバック」では
もう管理能力がないなぁ・・・と気がついてしまった。

いわゆる・・・どこにしまったか・・・・・しまい忘れ。

それから、忘れないようにと大事にどっかに入れ込んだ
『2時間ほど前の自分』を思い出して
・・ようやく帰路につく。


クリスマス模様に、彩られた住宅を過ぎる頃に

なんだかボンネットのうえに
乗っかってる・・・・ひえぇ!!

お財布


あんた、よく落ちなかったわねぇ

一人でケラケラ笑った・・・・けれど
またこれも、最後まできっちり見ない・・・・しまい忘れ。


うちに帰って
冷たいお水でものみましょーーと
冷蔵庫を開けましたら

あら、そうそう
お掃除してて、冷蔵庫内を拭きあげた
その布巾が
冷たい身体で閉じ込められていた。

けっ

しまい忘れ。


うわの空・・ってやつは、どうしようもない。
なにかのスイッチが入ってしまうと
身体がしていることを忘れていくんかな。



  1. 2009/12/15(火) 15:14:18|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。