おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分の時間

ここはほんとに小さな世界。

東向きの窓に向かって

空が見える幸せ。



TS3B0048.jpg


星も見えるし

嵐の日には、風と葉っぱの猛攻撃にもあ遭う。

ミッキーは

28年間も私のそばにいる貯金ポッポ。

長女が嫁いでから、この部屋の次男が姉の部屋に移り

ここは、私の逃れ場になって

そして

私の空想部屋になった。


婆ちゃんの言動が、耳に入ってこないし

息子たちも

リビングから一番遠いこの部屋に居る母には

遠慮がちにノックしてくる。

この四畳半が

私を助けてくれている。



本を読んだり

絵を描いたり

ワイン・・・・飲んだり。








スポンサーサイト
  1. 2009/09/13(日) 18:59:22|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

奉仕作業の記

朝7時集合で、中学校の奉仕作業に行ってきた。

どうせベロベロになるだろうお化粧を適当にして、
日焼け止めもそこそこに・・絵文字名を入力してください ←ちがうか
目深い帽子と長袖シャツ姿。

うちの中学校のグラウンドは、四方を森林で囲まれている。
(山ではない)
小さい池があちこちにある地形で、山村地ではない。
説明が貧弱ですが。はわー;

北側の階段からグラウンドにあがっていくと
大きな空に、すこしづつ緑があわられて
ざわざわと、ゆさゆさと東西南の木々が揺れる

TS3B0044_convert_20090906154451.jpg


実は、この運動場は嫌いではない。

担当先生の挨拶。
PTA役員の挨拶。
教頭先生の挨拶。

景色もいいし、そよ風が吹くから、まぁ挨拶するほうも絶好調。頑張るぞ。おーっ。

名簿に記入して、
運動会に備えての大掛かりな草刈の始まり、始まり。


父兄だけでなく
地区の高齢者や、世話役まで総出で
農家からは軽トラック、電動草刈機まで借り入れる

私はもっぱら、グラウンドに生えた雑草を抜き
刈りだされた草をかき集め、いい汗をかいたが、万歩計を忘れたのが残念。

若い男の先生の、子供たちに対する大声にta
いささか閉口して、ため息が出た。

熊手持参で働いていたお母さんが
「やかましいねぇ・・そんなに怒鳴ってる暇があれば手を動かせって思うわ。」

御意。(ぎょい)><

予定通りの2時間後、作業が終わり、集合がかかると
集められた2年生は、まだ終わらない1年生の援助へ。

母たちはお天道様の下でしばしご歓談。

再び集められた2年生を先ほどの先生が、なんだか名指しで怒り心頭らしい。

担当先生の挨拶とお礼・・・
教頭先生の挨拶とお礼・・・

もう父兄は暑くて立ってられんわい。、螯rヲW、J、O

日陰で座り込んで、ひそかにおしゃべりは弾む。
「先生が怒りまくって、うるせかったよねぇ・・。」
「何をカッカカッカキーッ!!きてたっちゃろ。」

いやいや、子供が動かないから・・・
テレテレ、へらへら。
「なんで俺たちが、せんならんと?」ってかんじかな?

去年までの小学生(中一)は初めての経験だし
こりゃあ事前に、じゅうぶん心構えってモンをしみこませてなけりゃあ
きつい作業だわなぁ・・・って。

デモさ、若い先生は何度もこう言うの。
「いつもの清掃と同じように、君たちなら出来たはずだ。」
「立派な態度を、父兄に見せてあげられたはずだ。」
「先生はがっかりした。」
「誰の学校なんだ!?」・・・(そうなんだけど、そりゃあないよな?ちがう?)

2,3回、言ったかな。そうとう悔しかったんだね。

で、お母さんたちはね。
「子供は聞いちょらせんがぁ。いつまっでん同じこつゆうてんよ~。」
「マジで!」

みんな早く帰りたいんで、子供たちにがっかりもしていない。
まだかな、まだかな。
こんな甘い家庭でぬくぬくと育てられた結果が
こんなお坊ちゃんお嬢ちゃんになっちゃった・・・・とか
学校は思ってるんだろう・・・・って
私が思って。べ

先生の指導、管理、・・・そういうものを
ジーーーっと物言わず見てる
挨拶場面のない
完全武装の日焼け対策をした   あの方がアップロードファイル

(神様・・・じゃないよ)

父兄と歓談するでもなく
笑みを交わすでもなく

まるで、採点でもしているように立ち尽くしていた。

若い先生は
ひとしきりしゃべった後で、共に聞いていた父兄を見渡し
私とちょっと目が合ったが

学年主任の先生に
「私のいいたいことは、これだけです。」と言って
生徒の緊張をしばったまま
下がった。

振り向くと、女校長は居なかった。アップロードファイル

帰りの車の中で
「お疲れ様」というと次男が

あの先生はよぉ~
お気に入りの言葉が出てくるとよぉ・・・
使いてぇっちゃ
何回も言うからよ
ははん、その言葉気に入ったぁ?・・って分かるっちゃん

笑笑

母は、この運動会の後も
修学旅行のあとも
文化祭の後も・・・
次男が何事もなく中学三年生の教室へ通ってくれれば
それだけで
よく頑張ってる・・・と褒めてあげたい。

次男のキャパシティは小さくて、
パニック症状を起こすことが一番気がかりなこと。

でも、こんな心の声は、次男の抜け道で
(不届き者だと叱るのが、しつけ的に正しいのかも知れないが)
ほんとに母を安心させてくれるんだなぁ。
可愛くていとおしくなる。


で、母は
帰ってシャワーを浴びたら、熱がでて
水分とって、がっつり寝込みました。

中学校には
魔物がいるよ。

ザワザワ・・・シャラシャラ・・・木が揺れて気持ちよかったんですけど。




  1. 2009/09/06(日) 14:48:07|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。